静岡市 浜川河口の釣り場・ポイントを徹底解説!【静岡サーフのヒラメスポット】

浜川河口 釣り ポイント

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回はヒラメ釣りなどに人気がある静岡サーフの釣り場解説をやっていきましょう。

今日紹介するのは静岡市駿河区の浜川河口周辺の釣り場。

浜川河口はサーフのヒラメ・マゴチ釣りを中心に定番となっているメジャースポットですね。
魚探掛けを行って水深・地形などをチェックしてあるので、釣り場の様子とともに紹介していきます。

釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は主に取材当時のものになります。

※浜川河口を含めた静岡サーフの釣り場解説については【静岡サーフの釣り場を徹底解説】にポイント解説があります。
よろしければ参考にどうぞ。

春 ショアジギング 流れ ヒラメ・青物・シーバスなどの好ポイント 静岡サーフの釣り場を徹底解説!

浜川河口周辺で釣れる魚・おすすめターゲット

浜川河口 釣れる魚

ままずは浜川河口周辺で狙うことが出来る、代表的な魚を紹介していきましょう。

  • 上物:シーバス・ブリ・カンパチ・サワラ・ソウダガツオ・アジなど
  • 底物:キス・ヒラメ・マゴチ・ニベ・オオニベなど

時期によって底物を狙ったり、青物を狙ったりすることが出来ます。

河川の規模は小さいですが、アユやボラの幼魚が遡上するので、それを追って肉食魚も接岸してくるポイントです。
その他・カタクチイワシやイシモチの幼魚・豆アジ・コノシロなどもベイトフィッシュとして有望です。

ヒラメ・マゴチ

浜川河口周辺で一番人気があるのがヒラメ・マゴチ釣りですね。

安倍川河口~三保半島までの静岡サーフ一帯で狙うことが出来ますが、河川絡みのポイントは特に人気があります。
地形的には典型的なやや急深な静岡サーフといった感じで、20g前後のジグヘッドリグや30g前後メタルジグなどで狙うのが基本になります。

初心者の方は秋~年末位にかけてが釣りやすいかな。

シーバス

浜川自体は水量はそれほど多くは無いですが、河口周辺ではシーバスを狙うことが出来ます。

ただしベイトがある程度まとまって接岸していたり、濁りや多少波気立っていないと、狙って釣るのは意外と難しい傾向があります。
波が穏やかな時はヒラメやマゴチを狙い、荒れている時はシーバスを狙ってみるのもおすすめ。

青物狙いのショアジギング

青物ゲームの定番は三保半島ですが、浜川河口周辺でも回遊魚を狙うことが出来ます。

水深がやや浅くなるので、サバやシイラなどのある程度水深が深い場所を好む青物は狙いにくいです。
メインはブリやカンパチの幼魚・サワラ・ソウダガツオなど、浅い場所にも回遊しやすい魚種になります。

基本的には夏~秋に掛けての数釣り・中型狙いにおすすめなポイント。
冬~春先もタイミングが合えば、良型のサワラなどが釣れることがあります。

夏はスーパーライトショアジギングで、秋はライトショアジギングでお手軽に狙うのが楽しいですね。

浜川河口の釣り場風景

浜川河口 釣り場

浜川は規模自体はそこまで大きくない河川ですが、アユやエビなどが多く生息しています。

浜川 ポイント

大雨が降ると河口部の形は若干変化します。
水量は少なめですが、魚を引き付けるパワーは意外と有ります。

浜川河口 ポイント風景

河口のやや東側から大浜海岸・安倍川河口方面の眺め。
海岸線は直線的ですが、若干ワンド状になっています。

浜川河口 釣り場

河口付近から西側の大浜・安倍川河口方面の眺め。
テトラとオープンエリアが交互に広がっていますが、テトラの割合がやや多くなっています。

浜川河口西側~大浜海岸東側にかけてが大きなワンド状になっているのが分かります。

浜川河口 釣り場風景

河口付近から東側の眺め。
テトラとオープンエリアが広がっていますが、休日になるとかなり多くの釣り人がやってくるポイントです。

浜川河口 釣り場

急深な地形になっているので多少荒れていても沖合では波が立ちにくいですが、岸近く一気に波立ちます。
ラフなコンディション下での釣行になると、巻きあがった石でラインが擦れやすいので要注意。

釣り場の水深・地形など

浜川河口 ポイント 水深

今回は河口付近を中心に、3か所で魚探掛けを行いました。
以前は所どころに根があったりして、油断すると根掛かりが意外と発生したものですが、近年は土砂の堆積で根掛かりは少なくなりました。

西側

河口から西側、大浜方面に進んだ場所から魚探掛けを行ってみました。

岸から40m付近の地点で水深は約5.0m~5.2m前後を計測。
底質は沖合の方は砂泥底で、岸近くの駆け上がり付近から手前側は小石の割合が多くなります。

河口付近

河口の払い出し付近の岸から40mほどの地点で水深は約4.1m~4.6mほどを計測しました。
河口から土砂が流れ出している為、沖合も若干水深が浅くなっている様子。

岸近くは多めに土砂が堆積しているので、周囲と比較するとやや波気立ちやすい印象です。

底質は沖合は細かめ、岸近くには小石の割合が多いです。

東側

浜川河口と大谷川河口の中間地点付近から魚探掛けを行ってみました。

岸から40mほどの地点で水深は約5.5m~5.8mほどでした。
やはり河口の払い出し周辺が若干浅くなっているようです。

底質は沖合は砂泥底で、岸近くはコロコロっとした小石が多く混じります。

駐車場

浜川河口 釣り場 駐車場

浜川河口周辺の駐車場ですが、河口の西側に整備された駐車場があり、浜川河口東側~大谷川河口の海岸沿いの道路にも駐車できるスペースがあります。

浜川河口 駐車場

こちらは浜川河口西側にある駐車場。
トラックや営業車が駐車していることも多く、釣り人以外の方も沢山利用しています。

浜川河口 駐車場

河口東側、海岸沿いの駐車スペースです。
大谷川河口方面まで続いています。

注意:駐車スペース工事中

浜川河口 駐車場 工事

河口東側の駐車スペースですが、工事中の為令和3年5月10日~令和4年2月28日まで進入禁止になっているので駐車することが出来ません。
西側の駐車スペースに車が増えることが予想できますが、シーズン中は混雑することが予想されます。

無理な駐車などが原因になって駐車場・釣り場が閉鎖される可能性があるので、マナーは順守してください。

おすすめ関連記事!

▼ヒラメやマゴチ狙いなどに人気の静岡サーフについて知りたい方は【静岡サーフのポイントを徹底解説!】を参考にどうぞ。
釣り場の様子や水深・狙える魚などをどこよりも詳しく解説します。

春 ショアジギング 流れ ヒラメ・青物・シーバスなどの好ポイント 静岡サーフの釣り場を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です