三保 飛行場前の釣り場・ポイントを徹底解説!

三保 飛行場前 釣り場 ポイント

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は三保半島の釣り場を紹介していきましょう。

今日紹介するのは、三保の釣り場でも最も人気のあるポイントといっても過言ではない、三保飛行場前で釣れる魚や釣り場の特徴などを解説します。

オリジナル画像盛りだくさんで紹介していくので、釣行時の参考にしてもらえたら嬉しく思います。
ポイントの特徴とともに、魚群探知機を掛けて水深や地形のチェックなどもしてあります。

釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は主に取材当時のものになります。

▼釣り場周辺のマップ

▼三保半島全体の釣り場について知りたい方は青物の聖地 三保の釣り場・ポイントを徹底解説!【水深・地形も調査済】を参考にどうぞ。
三保半島のポイントや狙える魚などをどこよりも詳しく紹介します。

三保 飛行場前で釣れる魚・おすすめターゲット

飛行場前 釣れる魚

飛行場前周辺で釣れる代表的で人気のあるターゲットを簡単に紹介していきましょう。

  • 回遊魚:ブリ・カンパチ・ソウダガツオ・シイラ・サワラ・サバ・アジ・サヨリ・タチウオ・アオリイカなど
  • 上物:マダイ・クロダイ・スズキなど
  • 底物:カワハギ・ハタ・ヒラメ・マゴチなど

飛行場前周辺は三保半島の中でも突き出た場所に位置していて、潮通しの良さが特徴的。
特に青物・回遊魚狙いでは非常に人気の高いポイントですね。

青物(ショアジギング・遠投カゴ釣りなど)

飛行場前は青物・回遊魚狙いにおいて超人気の釣り場。
季節に応じて様々な魚種を狙うことができます。

ショアジギングや遠投カゴ釣り・サーフトローリングなどで狙う方が多いですね。

飛行場前はかなり急な駆け上がりがあり、沖合は非常に深く掘れています。
浅場でも釣れやすいブリやカンパチだけでなく、サバやシイラ・タチウオなどのある程度水深が深い場所を回遊する魚も比較的狙いやすいです。

夏~秋は小型・中型の魚を手軽に狙うことができ、冬~春にかけては中型以上尾青物が回遊してきます。

マダイ・クロダイなど

飛行場前は乗っ込みマダイやクロダイを狙う方も比較的多いです。
主に春~初夏を中心に、タイミングが合えば沖から良型の魚が差してきます。

主にカゴ釣りで狙われることが多いが、ベイトの接岸次第ではルアー釣りでも釣果が出ることがある。

サヨリ・アジなどの回遊魚

大型の魚狙いだけでなく、サヨリやアジなどの小型~中型の回遊魚も飛行場前では狙うことが可能。

サヨリは主に秋~春先にかけて接岸する可能性が高いですが、年によって釣れ方にはかなりムラがあります。
釣れる時はかなり至近距離で釣ることができ、スーパーボール仕掛けで水面直下を探るのがおすすめ。

アジは産卵絡みの初夏前後に大型が接岸することがあり、40cm以上の良型も狙えます。
主にカゴ釣りで狙うことが多いですが、30g前後のメタルジグを使ったライトショアジギングで釣果が出ることもあります。

以前は毎年のように産卵絡みの大型のアジが狙えたんですが、近年はあまり釣れなくなりました。

アオリイカ

急深な地形の飛行場前は、サーフエギングでも非常に人気があるポイント。
春・秋共に狙うことができますが、清水港内の釣り場と比較すると良型が狙いやすい傾向あり。

ただし風が吹いたりすると非常に釣りにくいので、弱風時や追い風のタイミングで釣行したいですね。

最近は遠浅化が進んでおり、駆け上がりの向こう側までエギを届けられるかが非常に重要になります。

また、冬場の海水温次第ではヤリイカやコウイカの釣果が出ることもあります。

カワハギ

離岸堤~飛行場前周辺は砂利浜になっており、駆け上がりと根が点在しています。
秋になるとカワハギが接岸するので、投げ釣りで狙ってみるのも面白いポイント。

ただし年によって魚影にはかなり差があり、近年当たり年と外れ年の差はかなり大きくなってきている印象。
根掛かりのリスクや針へのダメージがある釣りなので、予備の仕掛けは多めに持って釣行するようにしましょう。

釣り場の風景

飛行場前は全てオープンエリアになっており、特に回遊魚の釣果情報が入ると釣り人が一列に並ぶ人気スポット。

三保 飛行場 釣り場

飛行場駐車場正面付近。
この辺りは比較的潮の流れが穏やかで、餌釣りの方が比較的多めです。

飛行場前 釣り場

清水港・離岸堤側の釣り場風景。
清水港を含めて大きな湾状の地形になっているので、多少外洋が荒れても波は立ちにくい傾向があります。

ランガンしてアオリイカやカワハギを狙ってみるのも面白いですね。

飛行場前 先端

飛行場前の大きな岬の先端付近。
この辺りは潮の流れが比較的早くなるので、仕掛けを流す必要がある餌釣りの方よりも、ルアーマンに人気のエリア。

更に外側に行くと灯台下へと続いていきますが、外側に入ると一気に遠浅の地形になります。
最近は海岸浸食を抑えるためにかなりの量の砂を搬入しており、それによって三保半島全体で岸近くの水深がどんどん浅くなってきている気がします。

特に回遊魚を狙う時は、駆け上がりの位置を正確に把握し、駆け上がりよりも向こう側に仕掛けをしっかり入れることを意識して釣りをした方が良いですね。

飛行場前の水深・地形

飛行場前 水深・地形

飛行場前の沖には、かなり急斜面の駆け上がりが形成されています。
その周辺は岩やイソギンチャクのような生物が比較的多く、海底を丁寧に探りすぎると根掛かりやすいので気を付けけましょう。

岬先端付近

飛行場前 先端

特に青物狙いのルアーマンに人気の岬の先端付近。
だいたい岸から40m+α程度の地点で、水深は約11m~12m。

ちょうど駆け上がりの斜面の上に位置している距離ですが、以前と比較するとかなり水深が浅くなっている印象を受けました。

遠投カゴやメタルジグを80m・90mと遠投すれば、かなり深い場所まで仕掛けを投入でき、水深20m以上のスポットまで届けることが可能です。
ただし今後更に遠浅化が進んでいくと、釣果に影響が出るかもしれないです。

飛行場駐車場前付近

飛行場前 駐車場前 釣り場

次に飛行場の駐車場の正面付近の地形を調査してみました。
結果としては非常に遠浅化が進んでおり、岸から40mほどの地点で水深は約6m前後しかありませんでした。

岬方面で搬入した砂が流れて堆積している可能性が高く、短期間にかなり水深が浅くなっている模様。

ただしカゴやジグを遠投すれば、まだ深場まで仕掛けを入れることはできるので青物などを狙うことも十分可能ですね。

離岸堤との間付近

飛行場前 離岸堤 中間

離岸堤と飛行場前の中間点付近になると、砂の堆積が少ないためか、急深な地形になっていました。

40mほどの地点で水深は11m~12mほどあり、急激な駆け上がりも確認できました。

仕掛けを遠投するのが苦手な方や深場を探りたい時は、こちら方面を中心に狙うのが良いかもしれないです。

駐車スペース

飛行場前の駐車スペースは2か所あります。

三保 飛行場駐車場

三保 飛行場前 駐車場

1つめは三保飛行場横に広く整備されている駐車場。
駐車場前を中心に、岬先端方面・離岸堤方面の両方に歩いて行ける場所に位置しています。

三保灯台駐車場

もう1つは三保灯台に整備されている駐車場。

三保 灯台下駐車場

飛行場前の岬の角周辺~灯台下方面で釣りをするのであれば、こちらの駐車場から歩いていくのも良いですね。

どちらの駐車スペースもそれなりのキャパはありますが、青物シーズンの朝・夕方は駐車場が満車になることもあるので要注意!

▼マップから三保のポイントをチェックできます

おすすめ関連記事!

今回は三保飛行場のポイント解説をしてきました。
三保半島全域のポイントや釣れる魚などをガッツリまとめて知りたい時は、青物の聖地 三保の釣り場・ポイントを徹底解説!【水深・地形も調査済】を参考にどうぞ。

三保 釣り場 ポイント青物の聖地 三保の釣り場・ポイントを徹底解説!【水深・地形も調査済】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です