12月の冬の静岡サーフヒラメ釣行 夕マズメの短時間勝負

ヒラメ 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、先日はサーフへヒラメを狙って釣行してきました。

ここのところはもともと微妙な状況続きだったサーフですが、ベイトの気配がより一層薄くなってきていて嫌な雰囲気ですね。
本来なら秋~冬のヒラメ釣りハイシーズンのはずですが、釣れないという話ばかりです。

某メジャー河川の河口周辺を中心に多少は釣れてはいるようですが、ものすごい人の数らしいですね。
釣れるエリアが限られているので、少しの情報で大混雑するんでしょうね。

そんな感じの全体としてはあまりよろしくない状況続きのサーフですが、今回は夕マズメの一発勝負で行ってきました。

夕マズメのフラットゲーム

潮の通りは悪くない

夕マズメのヒラメ・マゴチ釣りは朝マズメと違って時合いが一瞬になることが多く、結構難しいです。
基本的には朝の方が圧倒的に簡単に釣れ、場合によっては日中の方が良いこともありますね。

実際に朝が簡単にヒラメを釣りやすいことは皆さん気付いているようで、朝マズメはたいして釣れていなくても人が結構並んでいます。
しかし、夕マズメは釣況が悪い時はガラガラになるので、人が多い場所で釣りをやりたくない私にとっては好条件。

難易度は高くなりますが、人がいないポイントで釣りをする方が気持ちいいですし、時間に頼れないことで運ではなく実力による釣果の差も出やすいですからね。

今回もサーフに人はほとんどおらず、好きな場所に移動しながら投げられます。

とりあえず先発はエコギアバルト4インチ+フラットジャンキージグヘッドSS21gの組み合わせで。

正面にルアーをキャストして潮の状態をチェックしますが、若干右から左に向かって潮が流れている感触ですね。
本当はもう少し強く底潮が効いていほしいですが、悪くはなさそうです。
テトラとサーフをランガンスタイルで歩き回っていきますが、日の入りがかなり早くなったので無駄打ちはできません。

地形変化を見つけることを優先しつつ釣っていきましたが、釣り開始数分でフグの攻撃を受けてワームがボロボロ・・・。
この感じだとワームのロストが増えそうなので、ルアーチェンジします。

選んだのはお気に入りのモンスターショット95。
40gの重量がありつつ、ジグよりも滞空時間がしっかり稼げるのがこのルアーの良さでもあります。

かなり高比重なシンペンなので、急深サーフの沖合でもボトム付近をしっかり通しやすく、操作感度も良好ですね★

潮がぶつかるピンスポット狙い

しばらくサーフとテトラを交互に釣っていくと、微妙に潮の流れが速くなっているスポットを発見。
ルアーが決まった場所に入ると、「スルスル~」っと流される感触があります。

こういうピンスポットはヒラメやマゴチ狙いではかなり有望ですが、大半の方は見落としていますね。
急深サーフのヒラメ釣りは微妙な地形変化や潮の変化を見つけるのが結構難しいので、流れ込みや河口周辺などの分かりやすい場所ばかりに目が行ったり、ひたすら沖に向かってルアーを投げ続けている方が多いです。

しかし、ちょっとした変化を見つけられるようになれば、このような運に頼った釣りをする必要もなくなりますし、30分や1時間といった短時間で狙って釣果を出せるようになります。
何よりも狙いすまして魚をキャッチできるので、釣り上げた時の満足感も大きくなりますね。

このピンスポットに対して横方向に流れる潮の角度を計算し、立ち位置を調整してルアーをキャスト・・・・。
変化がある場所はそれほど沖ではないので、軽く投げるだけですね。。

ラインをコントロールしながらルアーを丁寧に流し込み、良さそうな場所に入ったらスローにジャーク。
2回ほどゆったりとルアーを海中で操作し、そのままフォール。

そしてフォール中、着底寸前のところでゴツンと抑え込むようなアタリ。

合わせを入れるとまずまずな重量感でゴニョゴニョした引き。
これはヒラメの感触ですね★

それほど波は無く、取り込みは割とイージーな状況なので強引なやり取りはせず、余裕をもってキャッチ。

ヒラメ 釣果

まずまずな型のヒラメでした。
良さそうなスポットを見つけ、狙いすました1投でしっかりキャッチできたので良かったです。

メッキの気配あり

既にかなり暗くなってきていますが、あと数投だけやってみることにしました。

ルアーはそのままモンスターショットを使いましたが、フォール中にコツコツとアタリが。
本命のフラットや青物ではない小さめな感触でしたが、巻き合わせを入れるとブルブルと弱めな引き。

あがってきたのは20cm台中盤ほどのメッキでした。
取り込み時にフックが外れてしまいましたが、ライトゲームタックルで釣れば楽しそうな大きさでしたね★

数投したところで完全に暗くなり、寒くなってきたのでこれにて撤収しました。

見た限りではかなり小さいベイトフィッシュは波打ち際を中心に若干いるようですが、イワシなどの有望な小型回遊魚の気配は全くありませんでしたね。
サワラなどの青物が釣れるような感じもせず、かなり厳しい状況には違いないですな。

使用タックル

  • ロッド:ジャンプライズ オールウェイク 105 パワーフィネス
  • リール:シマノ 21ツインパワーXD 4000XG
  • ライン:メジャークラフト 弾丸ブレイドX X8 1号+DUEL ハードコアパワーリーダーCN6号
  • ルアー:エコギア バルト4インチ(zizaiアシスト仕様)、DUEL ハードコア モンスターショット95など

おすすめ関連記事

全て管理人の実釣経験・実績に基づいたコンテンツになっています。

静岡サーフのヒラメ釣り解説

ヒラメ 開拓 条件 静岡サーフのヒラメ・マゴチ釣り 攻略のための基礎講座!

ヒラメ釣り初心者講座

ヒラメ 開拓 条件 ヒラメが釣れない・初心者のための基礎講座【月間100枚以上釣った実績あり】

月間100枚以上のヒラメ・マゴチを釣り上げた経験をもとに、基礎知識を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です