静岡サーフ釣行 青物入れ食い・良型シーバス回遊!

静岡サーフ 青物

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は静岡サーフへヒラメを狙ってデイゲーム釣行してきました。

 

結論から言ってしまうとヒラメが釣れる潮の状態ではなかったので、少し狙いを変えて青物・シーバスを遊びました。

運よく大量のカタクチイワシの接岸に当たり、この時期にしては良型の青物が良く釣れました。

 

早速今回の釣行を振り返っていきましょう!

潮がスカスカの静岡サーフ。狙いを変えて・・・・

ここのところタイミングが合うとイワシの回遊に当たることがあり、青物やシーバスが釣れたり。

ただし日によってはベイトがいても魚がそれについていなかったりと、不安定な感じですが。

 

今回は一応ヒラメをメインターゲットにしつつ、少し水深が深い場所へエントリーました。

ヒラメ狙いはすぐに諦めた

ポイントに到着し、まずは潮の状態チェックから・・・・。

21gのフラットジャンキージグヘッドSS+パワーシャッド5インチの組み合わせで。

 

1投目ですぐに嫌な予感がしたんですが、底潮は全く動いておらず、スカスカ。

この感じだと夕マズメのワンチャンスに賭けるくらいしかないが、そこまで粘るのは嫌だし。

 

どうしようか迷いつつ釣りを続けていると、岸際にイワシっぽい波紋が出ているのを発見( ̄ー ̄)

潮はスカスカなものの風が結構強く吹いているので、これが良い方向に働いてくれればいいのだが。

突然青物・シーバスのボイル発生

イワシの群れの様子をチェックしつつ釣りを続けていると、突然イワシの動きがあわただしくなってきた。

 

すると急に青物のボイルが始まり、少し沖でスプラッシュ発生。

見た感じイナダっぽい気配がするが、手前で何か茶色い魚もボイルしている。

 

とりあえず30gのドラッグメタルキャストを入れてみたが、ジグを結構見切ってくる。

最近このパターンが時々発生しているので、すぐに見切ってシンペンを投入。

選んだのはDUELのヘビーショット105。

このシンペンはアクションがおとなしめで、少し早めに巻いてもアクションが破綻しにくい。

 

表層から順に探るがヒットせず、レンジを少し入れてトゥイッチ&フォールで誘ってくるとガツンとヒット。

普段ブリ系の青物は狙わないことが多いんですが、ヒラメの期待が薄い状況なのでぜいたくは言えない。

 

テトラの上でヒットさせたのでドラグはほとんどロックし、一気に寄せてぶち抜くスタイルだ。

キャッチしたのは40cm中盤ほどのイナダ。

日によってはこれがワカナゴだったり、もう少し小さめのイナダだったりとサイズがかなり不安定だが、今日の型は少し大きめか?

 

今日は見た感じ小さいワカナゴも混じっていそうだが、こういう時はシンペンなどのプラグをうまく使えば多少サイズは選びやすい。

ジグの方が手っ取り早いが、小型が先にヒットしてしまうことも多いし、意外と見切られることもあるしね。

 

そのまましばらくフィーバータイムが続いたが、今日釣れるのは全部1kg程度はあり、大きいのは2kgあるかないかといったサイズ。

イナダ 釣果 静岡サーフ

大きめなのは55cmくらいまでだったが、このサイズをぶち抜き続けると結構腕が疲れて良い筋トレになるね★

シーバス狙いに変更!

しばらくイナダを釣り、もう充分満足したので狙いを変えてみる。

シーバスとワカナゴ・イナダが少し混じり気味なので狙いにくいが、シーバスの方が岸近くにいるようだ。

 

ルアーをスローな誘いに特化するため、ポジドライブのフラットフラッターヘビーモデルにチェンジ。

このシンペンは重量こそ重ためだが、非常にレスポンスが良くてデッドスローな誘いが得意。

 

シーバスの反応が出ている沖側にキャストし、テンションフォールをうまく使いつつ巻き巻き・・・。

すると、すぐにガツンとバイトが出たが狙いよりも小さいっぽい。

 

テトラからサーフに降りてキャッチしようかと思ったが、波自体はあまりないのでタモを使ってキャッチ。

シーバス 静岡サーフ

サイズ的には60前半くらいか?

狙っているのは80~90クラスだったので、ちょっと物足りない感じ。

 

とりあえずすぐにリリースし、まだいるであろう良型狙いを続ける。

90クラスのシーバスがヒット

その後もフラットフラッターを使って丁寧な釣りを続けていくと、しばらくしてガツンと言う気持ちいいバイトが。

合わせを入れるとかなり重量感がある感じで、ゆっくり寄せてくると良型シーバスの姿。

 

見た感じ80後半~90くらいありそうで、狙っていた型である。

さすがにPE1号で確実なランディングは難しそうなので、ラインテンションに気を付けつつテトラを降りてサーフへ。

 

しかし、そのままうまくタイミングを合わせてズリ上げようとした矢先、口切れでバラシ・・・・。

せっかく良型だったのになぁ。

 

気を取り直して再び釣りを再開するが、シーバスのバイトは何度か出たものの、プレッシャーが掛かったためかフッキングに持ち込めない。

イナダ フラットフラッター

やっとフッキングしたと思ったら違う引きで、やっぱりイナダ・・・・・。

ベイトをたらふく食べているらしく、どの個体も良く肥えていた。

 

しかし、見た目に騙されて持って帰るとこいつらは全然脂がないので要注意(笑)

静岡のブリ系は最低でも8kg~9kgくらいはないと、パサパサしていて刺身以外ではまともに食えない。

 

しばらくするとイワシの群れが散り、シーバスの反応も全く無くなってしまったので撤収することに。

使用タックル

  • ロッド:ジークラフト セブンセンスTR モンスターサーフ MSS-1052-TR
  • リール:シマノ 18ステラ 4000XG
  • ライン:よつあみ エックスブレイド ジグマンウルトラX8 1号+サンライン ブラックストリーム6号
  • ルアー:DUEL ハードコア ヘビーショット105、ポジドライブ フラットフラッターヘビーモデル

おすすめ関連記事

▼静岡サーフのヒラメ釣りガイド

ヒラメ 開拓 条件

静岡サーフのヒラメ・マゴチ釣り 攻略のための基礎講座!

2019年6月10日

▼【月間100枚以上の実績】ヒラメが釣れない・初心者のための基礎講座

ヒラメ 開拓 条件

ヒラメが釣れない・初心者のための基礎講座【月間100枚以上釣った実績あり】

2020年4月29日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です