ジップベイツ ザブラ フェイキードッグCBを徹底インプレ!

フェイキードッグCB インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はジップベイツのフェイキードックシリーズの1つ、フェイキードッグCBの使用感や使い方を詳しくインプレしていきます。

フェイキードッグCBはノーマル・DSシリーズよりもサイズが小さく、やや強めのライトゲーム~食い渋りのチヌやシーバス狙いに使いやすいサイズ感。

小粒ながらも、フェイキードッグシリーズのしっかりとした水押しとアクションのつけやすさは健在。

しっかり動く小型のペンシルベイトを探している方におすすめですよ!

忖度なしにインプレしていくので、ルアー選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 年間釣行数300以上(現在はほぼ365日釣行しています)
  • 渓流~船釣りまで、ルアー・フライ・餌と、各種の釣りができます
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • 釣具店、メーカーにて私のタックルインプレッションや釣り方の掲載・利用あり

こんな感じで、毎日のように釣行を重ねて生活している釣り好き。

タックルインプレに関しては実費を払って購入し、全て実際に魚を釣りあげるまでにこだわり、実績に基づいたものになっています。

フェイキードッグCBのスペック・ラインナップ

  • 全長:50mm
  • 重量:5g
  • フック:#8×2
  • 浮き姿勢:尻下がり

フェイキードッグCBは50mmで5gと、絶妙な小ささ。

アジやメバルなどを狙う一般的なライトゲーム用プラグよりも少しボリューミーなんですが、このサイズがちょうど使いやすい場面が結構あるんですよね。

フェイキードッグCB カラー

出典:ジップベイツ フェイキードッグCB商品紹介ページ

カラーラインナップは上記の通り。

シルバー・クリア系を中心に豊富なラインナップになっています。

フェイキードッグCBを「サクッと」インプレ!

フェイキードッグCB チヌ

フェイキードッグCBの使用感を詳しく解説する前に、私なりのインプレを簡単にまとめておきます。

  • 飛距離:小粒ながら優秀!
  • アクション・動きの質:水面を滑るようなしっかりとしたスライド・ドッグウォーク
  • 使い方:連続ドッグウォークがメイン。その他、強め・速めのアクション+ポーズなど
  • 適したシチュエーション:食い渋りやマイクロベイト偏食パターンなどにおすすめ!
  • ターゲット:クロダイ・キビレ・やや大きめのセイゴ~フッコ・中型以上のメッキなど

ざっくりとインプレするとこんな感じ。

やや強めのライトゲームや弱めのシーバス狙い等にちょうど使いやすいサイズ感ですね。

小粒ですがアクションの質は非常に良く、キッチリ動く設計になってますよ!

飛距離

フェイキードッグCBは50mmで5gの重量となっており、シーバスやチヌ用トップウォータープラグとしては小さめ。

フェイキードッグ 大きさ

しかし、浮力を確保するためにずんぐりとしたボディ形状になっていて、キャストしてみると想像以上によく飛びます。

重心バランス的には後方寄りで、水に入るとこんな感じに浮きます。

フェイキードッグCB 浮き姿勢

ノーマルのフェイキードッグやフェイキードッグDSと比較すると、若干水平気味の浮き姿勢でしょうか。

ボディ後方が重たくなっていることで飛行姿勢が安定し、実際に私がキャストすると30m台後半~40mほどが平均(PE0.6号のチニングタックル使用)。

サイズを考えれば遠投性能は非常に優秀で、遠浅フィールドのウェーディングゲームなどにもしっかり対応できますよ!

まるなか

小さめだけどしっかり振り切れて遠投性は優秀だよ!

フェイキードッグCBのアクションの質・使い方

ダイビングやイレギュラーアクションはやや控えめ

フェイキードッグCBの動きの特徴ですが、ノーマルのフェイキードッグやフェイキードッグCW(クレイジーウォーカー)と比較すると、水面を滑るようにアクションさせやすい印象です。

ですので、水面直下にダイビングさせたり、イレギュラーなアクションで誘うより、水面を左右に滑らせることを前提に誘いのパターンを工夫するのに向いています。

ダイビングやイレギュラーアクションを意識するのであれば、ティムコのレッドペッパーシリーズなどと使い分けると良いと思いますね。

レッドペッパー

レッドペッパーシリーズはイレギュラーな小魚逃走アクションが持ち味の超定番のペンシル(インプレッションはこちら)。

予測不可能にダイブしたり、トリッキーなアクションで捕食スイッチを入れるのが得意!

一定ピッチのドッグウォーク

フェイキードッグCBの使い方ですが、1つめは一定のテンポでロッドを操作し、連続的なスライドドッグウォークで広範囲を探る方法。

主にランガンしながら魚を見つけたい時など、ピンスポットを狙うのではなく、広範囲を流して魚を引っ張りたい時におすすめ。

フェイキードッグCBのような小型のペンシルベイトになると、大きいペンシルベイトよりもアクションが小さくなったり、直進的になりやすかったりします。

しかし、このフェイキードッグCBはコンパクトでもアクションの質はしっかり確保されていますね!

ロッドアクションに対してワイドに・レスポンス良くスライドドッグウォークして、水をしっかり押してアピール。

また、ルアーが動いた時に手前に寄りにくくなっているので、着水~回収までの誘える回数も多いです。

スローなテンポ~高速ドッグウォークまでキッチリ対応し、バランスを崩しにくい安定感の高さも魅力的です。

少し強めにロッドを弾くと、ドッグウォークアクションに緩急が出て、軽快なスプラッシュを発生させることも可能。

フェイキードッグCB キビレ

一回り大きいペンシルベイトを見切ってくる状況だったので、フェイキードッグCBにダウンサイズして一発!

必要なアピール力・魚を引き付けるパワーを確保しつつ、食わせ能力が高いのはフェイキードッグCBの良さですね。

高速ドッグウォーク&ポーズ

2つめは常にロッドを動かし続けるのではなく、アクションとポーズを組み合わせる使い方。

魚が出そうなスポットがある程度絞れている時や、ボイルしているのに見切られる・食い切らないような状況下におすすめです。

私の場合はロッドアクションを2~5回ほど連続で与えて速めにドッグウォークさせ、ピタッと動きを止めて動きに変化を出すのが基本パターン。

ポーズの長さは状況にもよりますが、一瞬~3カウントくらいまでがベースかな。
あまり長くポーズさせたり、ポーズを頻繁に居れすぎても見切られる原因になるので、魚の反応を見て調整するのが重要ですよ!

上手くパターンにハマると、ポーズを入れた瞬間や、ポーズからの動き出しでバイトしてくることも結構多いですね。

青物 フェイキードッグCB 釣果

キビナゴに着くカンパチの幼魚を高速ドッグウォーク&ポーズでキャッチ。

ジグを投げると反応するものの見切ってくる状況、こういう時はプラグが強いですね★

ドリフト

3つめはドリフト。

マイクロベイトを食うシーバスやチヌ・良型メバル狙い等に効果を発揮することがあります。

少し風が吹いている時や、潮が流れている時、波気立っている時の方が使いやすいですね。

魚の居場所がある程度絞れている時におすすめで、風や潮の流れを計算し、流れを使って魚の前にルアーを自然に流し込みます。

誘いのパターンとしては、

  1. ルアーを動かさない。もしくはデッドスローに棒引きでドリフト
  2. 時々ロッドアクションを1~2回ほど最小限に入れ、水面に波紋を出す
  3. 再びドリフト

こんな感じで、基本的にはルアーを動かさず、魚の前に流し込んでいきます。

状況次第ではルアーはほとんど動かさなくても勝手に魚がルアーを見つけてバイトしてきますが、食わない時は小さめのアクションを最小限入れてアピールし、食わせを狙います。

初心者の方には釣れる気がしなかったり、難しいかもしれませんが、ドリフトを覚えると非常に強い武器になりますね!

特にボラの幼魚やバチ・稚アユなどを偏食するパターンで型にハマると強いです。

まるなか

小粒のペンシルベイトなんだけど、しっかり動いてダイナミックに誘えるのが良いね!

適したシチュエーションなど

フェイキードッグCBが適したシチュエーションですが、チヌやシーバス用のトッププラグとしては小さめに分類されます。

一方でアジやメバルなどを狙うライトゲーム用プラグとしては少しボリューミーな位置づけで、結構絶妙なサイズ感です。

私としては

  • チヌ:30cm前後の少し小型のチヌが多い場面やフッキングが悪い時など
  • シーバス:30cm前後~50cm前後のセイゴ・フッコクラスを狙う時。マイクロベイトを偏食している時
  • 青物:20cm台~30cmそこそこのブリやカンパチの幼魚狙い
  • メッキ:20cm台中盤以上のメッキを狙う時。防波堤やサーフ・中規模以上の河川など、遠投したい時
  • メバル:磯や外洋に面した防波堤などで良型メバルを狙う時

このような時に使い勝手が良いです。

メタルジグを食ってこない小型青物を狙う時にも、パターンにハマると結構強いですよ!

まとめ!

キビレ フェイキードッグCB

今回はジップベイツのザブラフェイキードッグCBのインプレをしました。

  • 50mm・5gのプラグで絶妙なサイズ感
  • 小粒ながら非常によく飛ぶ!
  • しっかりとした水押しでスライドドッグウォークアクションを見せる
  • シーバスやチヌ・小型青物・メッキ・メバルなどにおすすめ!

要点をまとめるとこんな感じで、「小さいけど小さすぎない、良く動くペンシルベイト」を探している方におすすめですよ!

おすすめ関連記事

ザブラ フェイキードッグシリーズの種類・使い分け解説

フェイキードッグ 違い 使い分け 【実釣比較】ザブラ フェイキードッグの種類と選び方の基本を解説!

フェイキードッグシリーズのそれぞれの特徴や選び方を実釣比較で解説。

チニング用おすすめトップウォータプラグ紹介

チニング 釣果 【実釣比較】チヌのトップウォーターゲームの基本・おすすめルアーを徹底解説!

ルアー選びの基本やアイテムごとの特徴に合わせ、公平な視点でおすすめを紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。