DUO ドラッグメタルキャストスリムTGの使い方・実釣インプレ!

DUO ドラッグメタルキャストスリムTG インプレ

さてさて、今回はDUOから発売されているショアジギング用のメタルジグのインプレッションを。

DUOのドラッグメタルキャストスリムTGの使い方や使用感について、私なりの考えを紹介。

タングステン製のメタルジグは他社からも発売されているが、このドラッグメタルキャストスリムTGは私の中では結構お気に入り。

軽い引き抵抗と程よいジャークへのレスポンスが特徴で、青物はもちろんヒラメやマゴチ、ハタなどまで狙える。

また、他のドラッグメタルシリーズとの使い分け方等も紹介していくので、良かったら参考にしてみてね。

▼ドラッグメタルキャストシリーズのアイテム毎の特徴・使い分け紹介の記事

ドラッグメタルキャスト

DUO ドラッグメタルキャストシリーズの特徴・シンプルな使い分け!

2019年9月24日



DUO ドラッグメタルキャストスリムTGの使用感を「サクッと」インプレ

ドラッグメタルキャスト スリムTG インプレ

まずはドラッグメタルキャストスリムTGの使用感を簡単にまとめておこう。

  • 飛距離:高比重タングステン素材なので文句なし!
  • 沈下速度:フリーフォールは早いが、テンションフォールを使うと程よくブレーキがかかる
  • フォール姿勢:早めのヒラヒラ系フォール
  • アクション:比較的ナチュラルな細かい波動で泳ぐ。ジャーク時のダート幅は程よくある
  • 付属のフック:ショートアシストフックが使い難い場面アリ。リアフックは使い方によって付けた方が良い

 

ザックリと紹介するとこんな感じかな。各項目について、少し詳しく紹介していこう。

ドラッグメタルキャストスリムTGの飛距離

私がメインに使用しているのは30gと40gのドラッグメタルキャストスリムTGだが、飛距離はどれくらい飛ぶのか?

安定して100m超の飛距離

30gのドラッグメタルキャストスリムTGを1号のPEラインでキャストした場合、無風時で大体110m前後の飛距離が出ている(ラインのマーキングで測定)。

弱い追い風が吹くと楽に115m~120m程のロングキャストが決まるが、向かい風が吹いた時は平べったいボディなので若干風を受けやすいか。

しかし向かい風や横風の時でも90m程は飛ばせるので、飛距離に関しては問題なし。ノーマルの「ドラッグメタルキャストTG」の方がより小粒なので、風が吹いた時の使い勝手はそちらの方が上に感じる。

沈下速度

次に、沈下速度について使用感を紹介していく。

フォールスピードは速め

ドラッグメタルキャストスリムTGはタングステン素材なので、鉛製のメタルジグと比べるとフォール速度の差は明らかな違いがある。

しかし、偏平したボディ形状なので極端にフォールが速いわけではなく、そこそこ活性が高い青物なら普通にフォールでバイトが出る印象だ。

ノーマルのドラッグメタルキャストTGはかなり高速フォールだが、それと比較するとナチュラルで使い易いと感じる。

テンションフォールをうまく使う

ドラッグメタルキャ スリムTG マゴチ

ドラッグメタルキャストスリムTGを使う上で、フォール時のテンションを上手く調整できるとバイトの数が増える印象アリ。

かなり潮が速い時や、キャスト後のファーストフォールはフリー気味に素早く落とすのも良いが、誘いの後のフォールはテンションフォールでうまくブレーキをかけてみる。

そうした方が若干活性が落ちた青物や底物に対してジグを追尾させやすく、テンションフォールにバイトが出やすい事が何度もあったね。

スローに落としたい時は若干リールを巻き気味に落としてみたり、ちょっと工夫してみると面白い使い方が出来る。

フォール姿勢

センターバランス寄りのドラッグメタルキャストスリムTGだが、フォールアクションも結構良い感じなんだよね。

切れのあるスライドは健在

ドラッグメタルシリーズの特徴として、ジャーク後の切れのあるスライドアクションだと感じている。

このスリムTGもこのアクションは結構良い感じで、ジャーク後のフォールに入る時はラインを「スッ」と送ってあげてジグにスライドアクションをさせると良い。

その後はそのままフリー気味にしたり、またはテンションを掛けてフォール速度をコントロールしたりすれば良いが、一瞬テンションを抜くのが結構重要かなと。

フォール時はヒラヒラと・水平気味の姿勢でちょっと早めに落ちて行くんだけど暴れすぎる感じはなく、リアフックを装着してもテーリングなどはほとんど起きていない。

アクション

ドラッグメタルキャスト スリムTG 青物

ドラッグメタルキャストスリムのアクションについて、特徴をみていこう。

巻きはおとなしめのアクション

このジグはただ巻きでも使うことはできるが、結構おとなしめでナチュラルなアクションをする印象がある。

デッドスローで巻くと、かなり小刻みなロールをする感じの微波動系のアクション。

少し速度を上げていくとテールをしっかり振ってくれるが、比重の高さもあってそこまでパワーのある水押しではない。

その分引き抵抗は非常に軽く、潮が速い時や深場を攻める時でも楽に使えるのが非常にありがたい。

ジャークへの対応

メタルジグはジャークして使い事ももちろんあるが、ドラッグメタルキャストスリムTGの良い所は程よいダート幅が残っている事。

タングステン製のジグはアイテムによってはジャークしてもあまり動かず、すぐにストンと落ちてしまうものもある。

このジグの場合は程よい滑走幅が確保されていて、巻き上げだけではなくジャークで食わせることもちゃんとできる。

私の場合はあまり大きなジャークは使わず、リーリングと手首を使った最低限の1/2ピッチとワンピッチジャークがメイン。

穂先を20~30cm位動かすほどの小さいジャークでもしっかり動くし、魚の反応もしっかり出てくれるので良い感じだ。

もちろん大き目のジャークでも引き抵抗は軽く・程よくダートしてくれるので、色んな使い方に対応できる。

ジャークで寄せて巻きで食わせたり、その逆を試してみたり・・・・。巻きとジャークを上手くコンビネーションさせて探っていくと良いね!



フックセッティング

ドラッグメタルキャストスリムTGにはアシストフックが標準装備されており、パッケージから出してそのまま使えるようになっている。

ショートタイプのアシストフックが・・・・

ドラッグメタルキャスト スリムTG アシストフック

私が使用しているのは30gと40gなんだけど、問題は30gのフック。

純正の状態では、ほとんどアシストラインの長さが無い状態のダブルフックが付いているんだよね。

このフック、使ってみると分かるんだけど2つのフックが干渉しあってしまい、フックの自由度が殆どない。釣れる時はこれでも釣れるんだろうけど、何か嫌なのでシングルフックのアシストフックを自作し、交換して使っている。

40gの方は若干長さがあり、自由度もそれなりにあるのでそのまま使っても問題ないかと。

フック自体の質は結構高く、錆びにも強いので無理にダブルフックにしなくても良いんじゃないかと思うね(その代わりリアフック装着で)。

リアフックの有無

ドラッグメタルキャストスリムTG リアフック

ドラッグメタルキャストスリムTGだが、標準の状態ではリアフックが付いてない。

メタルジグの全長や誘い方を考慮してのセレクトだと思うが、巻きで食わせる時はリアフックを装着した方が絶対に良い。

ジャーク後のフォールで食わせるだけならフロントフックだけでも良いが、巻きで乗ってきたときは結構な確率でリアフックにフッキングしている。

根掛かりが少ない場所で使ったり、それほど激しくジャークしないならトリプルフックでも良いが、私の場合は根掛かり回避性・バラし難さ・テーリング防止を兼ねて超ショートタイプのダブルのアシストを使うことが多いかな!

リアフックを装着する時は、フロントフックと干渉して抱き合わないように注意する必要はあるけどね。

※フックを自作する時は#3のフックを使っている(ヴァンフックJIGEN JH-10)。

▼効果抜群!使い易いショートタイプのリア用アリストフックの作り方を解説。

アシストフックの作り方を徹底解説! リアフック編

2017年7月26日

ドラッグメタルキャストシリーズの使い分け(スリムTGを選ぶ場面)

最後に、他のドラッグメタルキャストシリーズとの使い分けについて、少し紹介しておく。

強風時や潮が速い時

風が強い時や、潮が速い時は間違いなくタングステン素材のジグは使い易い。

個人的に先発は鉛製のノーマルのドラッグメタルキャストから入ることが多いが、特に潮が速い時は潮抜けが良いスリムTGが非常に使い易い。

ジャーク時の滑走やスライドアクションはある程度確保したい時

ドラッグメタルキャストスリムTGには、似たアイテムとして超コンパクトシルエットのドラッグメタルキャストTGがある。

ドラッグメタルキャスト TG スリムTG 使い分け

どちらもタングステン製で高比重なことに変わりはないんだけど、ジャーク時のアクションやフォールに入る時のスライドアクションは「ボディに程よい長さのあるスリムTG」の方が使い易いと感じている。

潮がカッ飛んでいる時は、よりフォールが速いドラッグメタルキャストTGに変えることがあるが、誘いのバリエーションや食わせの間の作りやすさはスリムTGに軍配が上がる。

 

ざっとまぁこんな感じで、ドラッグメタルキャストスリムTGのインプレッションはおしまい。

タングステン製のメタルジグの中では結構使い易く、1個でも持っておくと強風時や潮が速い時の対応力が増すはず。青物から底物まで使えるんで、良かったら試してみてね。

それでは、今回はこの辺で。また明日会いましょう!

おすすめ関連記事

▼ドラッグメタルキャストシリーズのアイテム毎の特徴・使い分け紹介の記事

ドラッグメタルキャスト

DUO ドラッグメタルキャストシリーズの特徴・シンプルな使い分け!

2019年9月24日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です