スーパーライトショアジギングに適したロッド選びの基礎基本を解説【ロッドの種類・長さ】

スーパーライトショアジギング ロッド

さてさて、今回はスーパーライトショアジギングに適したロッド選びについて。

お手軽に魚が釣れて私もかなり好きな釣りなんだけど、タックル選びについての質問が意外と多いのでこの機会に選び方の基本や注目ポイントを紹介。

スーパーライトショアジギング用のロッドの発売されているが、他のロッドでも流用できるので無理に新しくロッドを買う必要はない。

選び方の基本を覚え、実釣の時の役に立ててもらえたら嬉しく思う。

スーパーライトショアジギング用ロッドの選び方・注目ポイント

スーパーライトショアジギング ロッドの選び方

まずは、どんな点に注目してスーパーライトショアジギング用ロッドは選んだらいいのか?

私が普段気にしている点を順番に紹介していこう。

ロッドの長さ

スーパーライトショアジギング ロッドの長さ

ロッドの長さはかなり重要で、短いロッドと長いロッドではメタルジグの操作感が大きく変わってくる。

また、ヒットした魚とのファイトの優位性などにも影響するので慎重に選びたい。

私がスーパーライトショアジギングをやってきてのロッドの長さの決め方としては、

  • 港湾~比較的障害物や根掛かりが少ないサーフ:8フィート6インチ前後
  • 障害物が有ったり、根ズレの可能性が高い場所:9フィート~9フィート6インチ位まで

 

こんな感じでロッドの長さを選んでおくと、大きな失敗は無くスーパーライトショアジギングが楽しめると感じている。

短いロッドのメリット

スーパーライトショアジギングで短いロッドを使うメリットしては、大雑把に紹介するとこんな点がある。

  1. ロッドが短く、ジグの操作感が分かりやすい
  2. ロッドが軽く、操作が楽に出来て疲れにくい
  3. 魚の引きがダイレクトに楽しめる

 

基本的に短いロッドは操作性や重量の面で優れていると覚えておこう。

長いロッドのメリット

一方で長さのあるロッドを使う事により

  1. 飛距離が出しやすい
  2. ジグまでのラインの角度が作りやすく、縦方向にジグを持ち上げるのが楽
  3. 障害物や駆け上がりを避けてやり取りしやすい
  4. 細かな動作でもジグにアクションをしっかり与えやすい

 

このようなメリットがある。人によって長さの好みは多少異なってくるものの、長めのロッドの方が障害物が多い釣り場などで活躍しやすい。

これらのバランスを考えると、大体8フィート6インチ~9フィート6インチくらいのロッドが使い易いだろう。

グリップの長さ

スーパーライトショアジギング グリップの長さ

ロッドのグリップの長さは意外と重要で、短すぎるとロッドを固定出来ないのでジグのジャークがやりにくい事がある(個人差アリ)。

私の場合は

  1. グリップエンドを胸に当てる
  2. グリップを脇に挟む

 

いずれかの方法でロッドを固定し、チョコチョコと最低限のアクションでロッドを操作するのが好み。

なので短いグリップのロッドだとロッド操作の自由度は上がるんだけど、安定したジャークがやりにくいと感じる。

スーパーライトショアジギングに使うロッドを選ぶ時は、ロッドのグリップの長さも一度チェックして買った方が良い。



ロッドの反発力・調子

スーパーライトショアジギング ロッド 反発力

ロッドの反発力(硬さやシャキッと感)はかなり重要で、硬すぎても柔らかすぎても扱いにくい。

スーパーライトショアジギングでは15g~20g前後のジグを良く使うので、これに合った反発力のロッドを選ぶこと。

高反発のロッド

反発力が高く、パリッとしているロッドはジグを短い距離でキビキビと動かすのが得意だ。

一方でロッドに硬さが出やすいので、ジグを操作する時にジグの重さを穂先で感じ取りにくい事があり、ジグの動きをイメージしにくい場合がある。

また、微妙な潮の流れやジグの着底把握なども微妙にぼやけやすい。

低反発のロッド

一方でしなやかに曲がり込むロッドだが、基本的にはジグを操作する時にロッドがしっかり曲がるので、ジグの操作感が分かりやすくなる。

しかし、潮が重たい時や風が吹いている時にジグをキビキビと操作するのが難しくなったり、軽い力で遠投はできるがフルキャストする時にロッドが曲がりすぎて飛距離が落ちやすい。

ロッド自体が良く曲がる分、小さな魚でも引きを楽しめる要素はあるね!

SLSに適した調子

ロッドの調子・曲がり方についてはメタルジグの操作性を重視するなら先調子寄りのロッドがベストかな。

胴から大きく曲がるロッドの場合、細かくロッドを操作しても竿の曲がりが大きくなりやすくてジグまで繊細なアクションが伝わりにくいからだね。

スーパーライトショアジギングに使うロッドの種類

スーパーライトショアジギングに使うロッドだが、専用ロッドを購入するのも良いし、手持ちに他のロッドがあるならそれが応用できる場合もある。

私が色んな種類のロッドを使い比べて見て感じたことを紹介しておこう。

スーパーライトショアジギング専用ロッド

スーパーライトショアジギングロッド

スーパーライトショアジギング用のロッドは非常に少ないが、ゼスタのランウェイSLSは専用ロッドとしてラインナップされている。

実際に手に取って振ってみた印象としては、

  • 非常に軽量
  • バット~ベリーは細くて反発力が強い
  • 穂先は程よくしなやかで先調子

 

といった感じのロッドに仕上がっている。

スーパーライトショアジギングだけに使うロッドが欲しいのであれば、確かに専用ロッドはジグの操作性や感度・反発力などが1番バランスよく備わっている。

私も購入しようかかなり迷ったが、スーパーライトショアジギングは時期的に夏~秋限定でやることが多いのでなんとか踏みとどまった(笑)

ゼスタ ランウェイSLSのメーカー紹介ページへ

エギングロッド

エギングロッド スーパーライトショアジギング

私が考えるに、スーパーライトショアジギング専用ロッドに最も近くて使い勝手が良いと感じるのがエギングロッドだ。

非常に軽量で長さもちょうど良く、15g前後のメタルジグを操作するのも快適に出来る。

SLS専用ロッドとの違いとしては、

  • 若干胴調子寄りのものが多い(ソリッドティップ搭載のもの等は別)
  • 専用ロッドよりも反発力が若干低く、ムチのようにしなるものが多い

 

このような違いがあると感じている。

ジグの操作性は専用ロッドには劣るが、それでも普通に使えて汎用性が高いという位置づけ。

既にエギングロッドを持っているのであれば、まずはそれを使ってスーパーライトショアジギングに挑戦してみるのがおすすめかな!

なお、エギングロッドを使う時はM~MHパワーのものを使うと良いだろう。私自身8.6フィートのMパワーのロッドを主力にSLSを楽しんでいる。

シーバスロッド

シーバスロッド スーパーライトショアジギング

シーバスロッドはエギングロッドほどではないが、スーパーライトショアジギングに対応できるスペック・特性を持っている。

シーバスロッドの特徴や専用竿との違いとしては

  • ロッドのブランクスが厚く、頑丈
  • 重量は若干重ため
  • バットがかなり強い
  • 穂先~ベリーの繊細さが劣る

 

ざっとまとめるとこんな感じになり、「全体的には強度やパワーの面では優れているが、その分重量や繊細さで劣るものが多い」と感じている。

基本的に小型の魚とお手軽に遊ぶことが多いスーパーライトショアジギングにおいて、シーバスロッドは使えないことは無いがロッドが少し硬いかな。

ネイティブトラウトロッド

トラウトロッド スーパーライトショアジギング

トラウトロッドと言っても管理釣り場用のエリアトラウトロッドではなく、スーパーライトショアジギングに流用するなら本流や湖用のネイティブロッドになる。

湖や本流のトラウトは7フィート以上~9フィートクラスまで使用されるが、ルアーウェイトがスーパーライトショアジギングに被る部分も多いので十分応用できる。

全体的な傾向としては「胴調子で曲がり込むロッドが多く、穂先~ベリーにかけての反発力が少し弱めになる」というのが専用ロッドとの違いになるか。

あえて本流用のトラウトロッドを購入してスーパーライトショアジギングをやる必要はないが、流用は十分できるね!

ライトゲームロッド(アジング・メバリングロッド)

アジングロッド スーパーライトショアジギング

アジングやメバリングに使用するライトゲームロッドもメタルジグの重量を選べば、スーパーライトショアジギングに応用できる。

ただし、港湾部のアジングで使う6フィート位までのショートロッドではロッドが短すぎる。出来れば6フィート後半~7フィート以上である程度反発力が強いロッドが望ましい。

  • 使用するメタルジグの重要は10g程度まで(ロッドの反発力・パワーによる)
  • 非常に軽量で繊細、メタルジグの操作感は分かりやすい
  • グリップが短いので脇に挟めない
  • 大型の魚がヒットするとパワーが足りない

 

ライトゲームロッドをSLSに使用した場合はこのような特徴がある。

アジングロッドとメバリングロッドをスーパーライトショアジギングに流用するのであれば、どちらかと言えば反発力が有ってシャキッとしているアジングロッドの方が使い易いかな。

ただし開けた港の中など、障害物が少なく足場が良い場所でチョコチョコッと小型の魚を狙う時などにシチュエーションが限定されやすい。

 

ざっとまぁこんな感じで、SLSに使うロッドの選び方の基本はOKかなと。専用のロッドは確かに使い易いと思うが、専用ロッドを購入しなければ釣りができないわけではない。

手持ちのロッドで使えるものがありそうなら、まずはそれを使ってみてから新しくタックルを揃えるか検討すれば十分だからね。

おすすめ関連記事!

▼まずはここから!スーパーライトショアジギング入門・基礎知識まとめ

スーパーライトショアジギング ロッド

【実釣主義】スーパーライトショアジギング入門 タックル選び・基礎知識まとめ

2019年11月9日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です