タックルハウス ローリングベイト48リップレスワインドダートモデルを徹底インプレ!

ローリングベイトリップレス48 インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はタックルハウスの超定番ルアー、ローリングベイトシリーズの1つ、ローリングベイト48リップレスの使用感や使い方を詳しくインプレしていきます。

ローリングベイトは、シーバス狙い等で人気があるナチュラルな波動が特徴的なルアー。

今回インプレするリップレスは少し違った味付けになっていて、いわゆるライトワインド・マイクロワインド釣法に対応したアイテム。

ワームを使ったライトワインドとはまた違った良さがあり、パターンにハマるとかなり強い破壊力を持っていますね!

忖度なしにインプレしていくので、ルアー選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 年間釣行数300以上(現在はほぼ365日釣行しています)
  • 渓流~船釣りまで、ルアー・フライ・餌と、各種の釣りができます
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • 釣具店、メーカーにて私のタックルインプレッションや釣り方の掲載・利用あり

こんな感じで、毎日のように釣行を重ねて生活している釣り好き。

タックルインプレに関しては実費を払って購入し、全て実際に魚を釣りあげるまでにこだわり、実績に基づいたものになっています。

ローリングベイト48リップレスダートモデルのスペック・ラインナップ

  • 全長:48mm
  • 重量:4.5g
  • フック:#12×1(リアはブレード装備でフック無し)

ライトワインド・ダート対応のローリングベイトリップレス48は、ノーマルのローリングベイトリップレスのリアフックを取り去り、マイクロサイズのブレードを装着したモデル。

ロッド操作を与えた時やリトリーブ時に非常に小さなブレードが絶妙に潮を受け、これが良い仕事をしてくれますよ!

ローリングベイト48リップレス ワインドダートモデルを「サクッと」インプレ

ローリングベイトリップレス48 カマス

まずはローリングベイト48リップレスの使用感について、私なりのインプレッションを簡単にまとめておきます。

  • 飛距離:平均クラス
  • フォール:ラインテンションを掛けると水平気味のフォール
  • アクション:ダート+極小ブレードがチラチラ動いて+αのアピールを加える。レスポンスは良好
  • 使い方:ダート&フォール・ダート&ただ巻きなど
  • ターゲット:アジ・カマス・メッキ・メバル・ライトなシーバスなど何でも
  • 適したシチュエーションなど:フグなどの外道が多い場面や、ワームのダートアクションで食い切らない時の一手におすすめ!

ざっくりまとめるとこんな感じ。

ワインド釣法ではワーム+ジグヘッドリグを使用することが多いですが、プラグならではのアピール力が加わり、魚の反応が変わることがありますよ!

ワームと適切に使い分けをすることで、より強い効果を発揮するタイプのルアーですな。

飛距離

ローリングベイトリップレスの飛距離ですが、PEライン0.3号を巻いたライトゲームタックルでキャストすると、だいたい30m前後~30m台前半くらいが平均といったところ(ラインのマーキングにて計測)。

シンキングプラグなのでそこそこ飛びますが、4gや5gといった少し重ためのジグヘッド+ワームを比較すると、遠投性能はやや劣る感じ。

ローリングベイトリップレスは、小~中規模河川や漁港内・ちょっとした内湾のビーチなどで使いやすく、外洋に面した防波堤など、遠投性能を重視したい場面では少し使いにくいですね。

小場所~中規模エリア用として考えておくのが無難かな。

フォール

フリーフォールで頭下がりの沈下

ローリングベイトリップレスのフォール姿勢ですが、ラインテンションの掛け方によって調整が可能です。

フロントフック付近にウェイトが搭載されているので、重心的には前方寄り。

ですので、ラインを送り込んでフリーで落とし込むと、ヘッドを下に向けて少し速めに沈下。

キャスト後にボトム着底させたい時などにおすすめで、無駄にルアーが手前に寄ることを防ぎつつ、フォールスピードが上がるので着底感度も良くなります。

ローリングベイトリップレス48 ロックフィッシュ 釣果

底物を狙う時は、着水後一旦ラインを軽く送り込み、素早く着底させるのがおすすめ!

テンションフォールで滞空時間が一気に伸びる

フリーに落とすと比較的素早く沈むローリングベイト48リップレスですが、テンションを掛けることで姿勢が変化。

ラインテンションによって水平気味の姿勢でゆっくり沈むようになり、食わせの間・滞空時間をしっかり確保することが可能になります。

ローリングベイトリップレス48 フォール

ワームを使ったジグヘッドリグよりもジックリとフォールで見せてバイトを誘うことができ、スローテンポで誘いやすいですね!

アクション後の食わせのフォールを入れる時は、基本的にはテンションフォールを使うと良いです。

ローリングベイトリップレス48のアクションの質・特徴

ローリングベイトリップレス48のテール部に装着されている極小サイズのブレード。

ローリングベイトリップレス48 ブレード

ブレードはスイベルではなく、スプリットリングで取り付けされています。

ロッド操作を与えたり、フォール中にこのブレードが細かくピラピラと不規則に動き、独特なアピール力を発生。

デイゲームで使用した時、ワームには無反応だった大型のシーバスがローリングベイトリップレスを投げたら、急に猛チェイスしてきたり・・・。

ワームのナチュラルな波動や光反射とは違いがあるようで、このブレードが集魚・リアクションバイトを誘うパワーを秘めていますね!

なお、ブレードのアクションは不規則な感じで、スイベル接続のようにグルグルと常に回転するものではありません。

まるなか

ワームよりもリアクションバイトを誘いやすいのか、ワームを投げても完全無視の魚が急に反応したり、不思議なパワーがあるね!

ローリングベイトリップレス48の使い方

ダート&フォール

1つめはダートとフォールアクションを組み合わせる使い方。

魚が居るレンジが分かっている時は中層を探るのもおすすめですが、魚がどこにいるか分からない時はボトムまで沈めると良いです。

誘いのパターンとしては

  1. 任意のレンジまでフォール(深い場所の場合はフリー気味に落とすと良い)
  2. ロッドアクションを2~6回ほど与えてダート
  3. テンションフォール

こんな感じの繰り返しでOK。

ローリングベイトリップレスはアクションレスポンスが良いので、ロッドを大きく煽る必要はなく、穂先をチョンチョンと軽く操作すれば十分。

下手に動かしすぎると、フックがラインを拾ってしまうことがあるので要注意。

ワイドにダートさせたい時は、ロッドを煽った後にラインを軽く送り気味に。
直線的に浮上させたい時は、ラインを緩めずに誘いを掛けるようにします。

ローリングベイト リップレス メッキ

連続ダートの誘い上げ後のフォールで可愛いサイズのメッキがヒット。
メッキはダート系ルアーとの相性抜群!

まるなか

ダート系ルアーはダートで誘ってフォールで食わせるのが基本のパターンになるよ!

ダート&スローリトリーブ

2つめはダートと巻きを合わせた使い方。

ローリングベイトリップレス48はダート対応プラグですが、スローに巻いてもこれまた良い動きを見せます。

速く巻くとバランスを崩すので、あくまでもスローに。

アクションのパターンとしては

  1. 任意のレンジまでフォール
  2. ロッドアクションを2~6回ほど与えてダート
  3. 一瞬フォールを入れる
  4. スローにハンドルを3~5回ほど巻く

こんな感じが基本ですね。

ローリングベイトリップレス48 ただ巻き

スローにただ巻きすると、小刻みにユラユラとボディを揺らしてスイミングします。

リップレスミノーやシンキングペンシルに近い感じでナチュラルさがあり、ダートだけでは食わない魚に効果的!

まるなか

巻きで誘った時の柔らかなスイミングアクションがまた良い感じなんだよね!

適したシチュエーションなど

ローリングベイトリップレス48ですが、狙うターゲットとしては特に限定することなく五目釣りに使えます。

ローリングベイトリップレス48 青物 釣果

私の場合はもともとメッキやカマスを狙うために購入しましたが、小型の青物やロックフィッシュ等も良く釣れています。

ベラやフグなどが多くてワームがすぐにダメになってしまう時でも、ストレスフリーで使うことができるのも大きなメリット。

ただし、トリプルフック装備なので、根回りや海藻が生えている場所を攻める時は根掛かりに注意が必要ですね。

また、プラグルアーなので魚が食った時に違和感があるためか、ミスバイトしてきてからの追い食い率に関してはワームの方に分があると感じます。

まとめ!

ローリングベイトリップレス48 メッキ 釣果

今回はタックルハウスのローリングベイトリップレス48ダート対応モデルのインプレをしました。

  • 飛距離は平均クラス
  • やや前方寄りのバランスで、テンションフォールで水平姿勢をキープできる
  • ダートはもちろん、スローに巻いても柔らかな動きで誘える
  • 極小のブレードがチラチラ動いて水を押しつつ光を反射してアピール!

要点をまとめるとこんな感じですね。

テールに装備された極小ブレードの波動が魚を引き寄せるパワーを持ち、パターンにハマると強い効果を発揮するルアーですよ!

おすすめ関連記事!

ライトワインド初心者講座

ライトワインド 釣果 ライトワインド初心者講座 タックル選び・必要な基礎知識まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。