シマノ オシアジガーリーダー マスターフロロを実釣インプレ!【しなやかさと透明度】

シマノ オシアジガーリーダー マスターフロロ インプレ

さてさて、今回はラインのインプレッションを。

シマノから発売されている「オシアジガーリーダー マスターフロロ」の使用感を紹介。

ぶっちゃけこのラインの存在は知らなかったんですが、読者の方から「結構いい感じなんで使ってみて」という意見がありまして。

良いラインだという事なら試さない手はないので、購入して使用感のチェックをしていました。

価格的にはちょっとハイグレードなラインですが、「これは良いね♪」といえる非常に好感触なリーダーですな。

使い易いショックリーダーを探している方へ、参考になったら嬉しく思う。



オシアジガーリーダーマスターフロロを「サクッと」インプレ!

まずはこのラインの使用感について、簡単にまとめておこう。

  • 硬さ・張り:フロロカーボンリーダーの中ではしなやか系
  • 強度:一般的なフロロカーボンラインよりもワンランク強い
  • カラー:透明感が高く、濁りが目立たない
  • 結束性:しなやかなのでノットの締め込みが楽
  • 耐摩耗性:テトラに擦れてもササクレまではいかず

 

ザックリとインプレッションするとこんな感じで、「扱いやすさと強度のバランスをとった」しなやかなフロロカーボンリーダーかな。

今まで私のメインはグランドマックスFXだったが、性質はよく似ていて甲乙つけがたいというのが率直な感想。

硬さ・張りの強さ

オシアジガーリーダーマスターフロロはショックリーダー用に作られたラインだが、同社の「オシアリーダーEXフロロ」よりも柔らかい質感だと感じた。

シマノ オシアリーダーEX フロロカーボン インプレ

オシアリーダーEXフロロはフロロカーボンらしい張りがより強く残っている感じで、マスターフロロの方が柔らかい。

これは障子に好みの問題になってくるが、私の場合はしなやか系のフロロカーボンラインの方が好みなので「マスターフロロ派」かな。

初心者の方でも扱いやすいしなやかさがあり、フロロカーボンラインは硬いから嫌だという方にもおすすめできる。

硬さ的には私がメインで使ってきたグランドマックスFXと同じ位(6号の場合)に思え、リーダーを変えても違和感などは全く無し。

しなやかでルアーとの結束部付近の糸グセもつき難く、使い勝手は良好!

ワンランク強い強度

オシアジガー マスターフロロ 強度

一般的なフロロカーボンラインよりも強度表示は優れており、6号で25LBの表記になっている。

グランドマックスよりも若干弱い表示にはなるが、相対的にみれば十分な強度があるし、強度が不足していてラインブレイクすることはまずないので全く不安はない。

また、しなやかで程よく伸びがあるのでタックルにも優しく出来ている印象だ。

負荷を掛けていくと「ジワジワーっと」伸びていく感じがある。

高い透明度のフロロライン

グランドマックスFXに似た質感をもつオシアジガーリーダーマスターフロロ。

分かりやすい違いとしては、ラインの透明度かな。

オシアジガーリーダー マスターフロロ カラー

フロロカーボンラインは基本的にクリア系が多いんだけど、アイテムによっては若干白っぽいものもある。

オシアジガーリーダーマスターフロロは透明度が結構高めに作られている。

ちなみに、グランドマックスFXはこんな感じ。

グランドマックスFX 透明度

ちょっと分かりにくいかもしれないけど、全体的に白っぽいんだよね。

私の場合はあまり気にしないで使っているので特に問題は無いが、ラインの透明度にこだわりたい方はマスターフロロの方が良いだろう。

クリアカラーは水の中で光を反射しやすいと言われることもあるし、この辺りは好みで選べばいいと思うが。

結束性

このラインもオシアリーダーEXフロロと同様、2重構造のラインになっている。

外側が柔らかく、内側が硬めの素材になっているのでノットの締め込みも容易にできる。

私は6号を使用してみたが、締め込み時にラインのきしみや硬さを気にすることなく、スムーズにコブが締まる(ダブルクリンチノットを使用)。

PEラインとの結束については、今まで硬めのラインを使っても苦労したことは無いので差が良くわからないが、特にすっぽ抜けの不安などはなく摩擦系のノットは組める(8本編みのPEラインで14回の編み込み)。



耐摩耗性はかなり高い

私はジギングではなく、サーフ(テトラ帯が隣接)のキャスティングゲームでこのラインを使用してみた。

運悪く沈みテトラにラインがスレてしまうことがあり、魚の引きでリーダーが擦れているのが分かるレベルで根ズレした。

オシアジガーリーダー マスターフロロ 根ズレ 耐摩耗性

ヒットしたのは良型のヒラメだったが、ドラグを出さないやり取りでもしっかりキャッチ出来た。

ラインをチェックしてみると、表面に細かなザラザラ感はそれなりに広範囲に出ていたが、ササクレは無くて思ったよりもダメージが少ない印象。

柔らかいラインは扱いやすい分、傷が入りやすい事もあるがマスターフロロは傷にも強くて粘り強く好感触!

流石に値段がそれなりに高いだけのことはあるね。

ラインナップ

オシアジガーリーダーマスターフロロのラインナップは、「4号・5号・6号・8号・12号・14号・18号」のサイズ展開になっている。

50m巻きの設定で、価格(定価)は3100円~3450円なので決して安いラインではないね。

販売価格は2000円台前半~中盤位で入手できるので、そこまで高級なわけでもないかな。

グランドマックスFX オシアジガーリーダー マスターフロロ

グランドマックスの方が定価は高いが、その分割引率も結構高いのでマスターフロロよりも安く買いやすい。

これはどちらが良いかと聞かれてもかなり迷うな・・・。

いずれにせよ「信頼して使えて扱いやすいライン」だということに違いないので、気になる方は試してみて欲しい。

※10号など号数が太くなってくるとグランドマックスの方が高い。

オシアジガーリーダー マスターフロロインプレまとめ!

今回紹介したオシアジガーリーダーマスターフロロ。

おすすめされて使ってみたけど、このラインはしなやかさが有りつつ、根ズレにも強くて透明度も高いので使い勝手はかなり良いね。

信頼出来て使い易い、しなやかなフロロリーダーを探している方は1度試してみると良いと思う。

それでは、今回はこの辺で。また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です