沼津市内浦 長井崎の釣り場・ポイント徹底解説!

長井崎 釣り

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は沼津市の内浦地区にある長井崎周辺の釣りポイントを紹介していきます。

長井崎は波が穏やかな湾内のポイントですが、大きな岬状に突き出た地形をしています。

平日でもポツポツと釣り人を見かけることが多く、それなりに人気がある釣り場ですね。

  • 釣れる魚
  • 釣り場の様子
  • 釣り場の水深・地形

これらについて解説していくので、参考にしてもらえたら嬉しく思います。

※釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は取材当時のものになります。

長井崎で釣れる魚

  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • メジナ
  • カサゴ
  • メバル
  • アオリイカ

  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • ブリ
  • カンパチ
  • ソウダガツオ
  • カサゴ
  • ハタ
  • アオリイカ

  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • ブリ
  • カンパチ
  • ソウダガツオ
  • メッキ
  • カワハギ
  • カサゴ
  • ハタ
  • アオリイカ

  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • メジナ
  • カサゴ
  • メバル
  • ヤリイカ

おすすめターゲット・釣り方

アオリイカエギング・泳がせ釣り

長井崎周辺はシーズンになるとアオリイカ釣りの方をよく見かけますね。

全域で釣果が期待できるので、エギングの方はランガンでテンポよく探るのがおすすめ。

ポイントによって地形が異なってくるので、状況によってしっかりとポイントを狙い分けるのがコツ。

クロダイ・メジナのフカセ釣り

イカ釣りと並んで人気なのがフカセ釣りですね。

突堤・岸壁からフカセ釣りを楽しむ方をよく見かけます。

内湾のポイントなので、伊豆方面よりも荒れに強いのがメリット。

ライトゲーム五目

長井崎の周辺は岩礁帯のポイントが多く、根魚やメッキなどを狙ったライトゲーム五目釣りが楽しめます。

小場所が多いので一か所で粘らず、反応が無ければどんどんランガンして積極的に魚を探した方が釣果は伸ばしやすいです。

水温が高い時期はハタも混じります。

長井崎の釣りポイント

長井崎 釣りポイント
  • 西側
  • 石積み突堤
  • 東側岸壁

上記のポイントに分けて紹介していきます。

西側

釣り場・ポイントの様子

長井崎の西側のエリアですが、海岸沿いに道路があり、歩き回って釣りをすることが可能です。

岬の付け根付近はゴロタ場になっています。

遠浅な地形になっていて、海底の石・岩が透けて見えます。

長井崎 西側 釣りポイント

北西側の眺めです。

向こうに見えるのは木負堤防ですね。

この日は春の釣りシーズン前でしたが、アオリイカエギングの方が付近に1名居ました。

根魚の探り釣りなどをやるのにも良いポイントですね!

長井崎 ポイント

足場はゴツゴツしていて歩きにくく、油断すると転びやすいので要注意。

北側・岬の先端に向かって道路沿いを歩いて行くと、護岸になっています。

長井崎 釣りポイント

この一帯は手前側がシャローエリアになっていて、水深は浅め。

少し沖には、レンタルボートで根魚をワームで狙っている方が居ました。

水深・地形

長井崎 西側 水深

長井崎の西側のゴロタ場になっている場所から魚探掛けを行いました。

足場から40mほどの地点で水深は6.5m~7m弱。

沖合はややフラットな地形が広がっていますが、手前に寄ると斜面が形成されていますね。
斜面はそれなりに角度があります。

斜面から手前はゴロタ石が多く入っていて、オモリを引くとゴツゴツした感触が伝わってきます。

根掛かりのリスクが高い釣り場なので、仕掛けのロストに要注意。

岸から少し離れた場所でレンタルボートで釣りをしている方も、根掛かりしている様子が見られました。

石積み突堤

釣り場・ポイントの様子

長井崎の岬の先端からやや東側には、石積みの突堤があります。

長井崎 石積み突堤 ポイント

沖に伸びた突堤で非常に分かりやすいポイントなので、釣り人の方をよく見かけます。

長井崎 石積み突堤 釣りポイント

突堤の付け根付近はちょっとしたビーチのような感じで、砂底の場所もあります。

手前側の水深はかなり浅くなっていて、海底がハッキリ透けて見えていますね。

長井崎 石積み突堤 釣りポイント

石積み突堤の南側の眺め。

やや大きめの湾が形成されていてるのが分かります。

少し南側には岸壁があり、そちらも人気の釣りポイント。

長井崎 石積み突堤 釣りポイント

突堤から岬先端側の様子。

遠浅な地形になっていて、砂泥底に石が混じり、短い海藻が生えている場所が多く見られます。
水質はクリアですね。

水深・地形

石積み突堤の先端から沖に向かって魚探掛けを行いました。

長井崎 突堤 水深

遠浅な地形が続いているように思えますが、40mほど沖合で水深は11m~12m弱。

かけあがりの斜面が形成されていて、その向こう側はなだらかに落ち込んでいきます。

斜面の角度は結構急で一気に水深があ柵なり、かけあがりの手前側は2mほどの水深しかありません。

底質は砂泥底に石が混じっているような感じで、油断すると根掛かりします。

東側岸壁

釣り場・ポイントの様子

石積み突堤の南側にはもう1つ突堤があります。

長井崎 東側岸壁 釣りポイント

石積み突堤よりも短くてちょっとしたポイントですが、この日はフカセ釣りの方が1名頑張っていました。

長井崎 東側岸壁 釣りポイント

岸壁はこんな感じで、ちょっとした小場所的な感じ。

岸壁にはフカセ釣りの方がこちらにも1名。

長井崎 東側岸壁 釣りポイント

沖の眺めです。

こちらも手前は水深が浅くなっていて、海底の様子が何となく透けて見えています。

水深・地形

東側岸壁の少し角になった場所(小突堤から100mほど南側)から魚探掛けを行いました。

長井崎 東側岸壁 水深

長井崎の先端側の方が急深かと思生きや、沖合は予想以上に深く掘れています。

岸壁から40mほどの地点で水深は14.5mほど。

そこからなだらかな斜面がずっと続くような感じで、岸壁沿いは2mほどの水深しかありません。

底質は砂泥底と石が混じったような感じですが、手前側の方が石の割合が多いように感じました。

メタルジグなどを投げる時は、斜面にフックが刺さりやすいので根掛かりに注意。

駐車場・トイレ

  • 駐車場:西側に小規模スペースあり
  • トイレ:無し

長井崎周辺には整備された駐車場・トイレはありません。

無理な路上駐車など、ルール違反が原因で釣り禁止になることがあるので地元の方に迷惑をかけないように!

釣具店・周辺施設

岩崎釣具店

  • 住所:〒410-0231 静岡県沼津市西浦木負353-8
  • 電話番号:055-942-2281
  • 営業時間:不定休

足保港の近くにある木負堤防の脇の釣具店です。

貸しボート店をやっているので、ボートをレンタルしての沖釣りも楽しいですよ!

セブンイレブン 伊豆三津シーパラダイス前店

  • 住所:〒410-0223 静岡県沼津市内浦三津46
  • 電話番号:055-941-3393
  • 営業時間:24時間

近隣の釣り場

木負堤防

木負堤防 防波堤 釣りポイント

沖に伸びた長い防波堤はかなり人気の釣りポイント。

イカ釣りや回遊魚狙い等で良く知られた釣り場で、ボート釣りも盛んです。

▼詳しい解説は【木負堤防の釣り場・ポイント徹底解説】を参考にどうぞ

戸田港・御浜

戸田港 釣りポイント風景

戸田港は沼津エリアでは非常に規模が大きく、かなり人気のあるポイント。

湾内は非常に急深な地形になっていて、一年中様々な魚が狙えます。

隣接している御浜岬は潮通しが良く、ロックフィッシュや回遊魚狙いが盛んです。

▼詳しい解説は【戸田港~御浜周辺の釣り場・ポイント徹底解説】を参考にどうぞ

重寺港

重寺港 北側防波堤 釣りポイント

重寺港はルアー禁止のローカルルールがあるポイント。

外向きの防波堤が人気の釣り場で、遠投カゴやフカセ釣りを楽しむ方が多いですね。

クロダイやメジナ・アオリイカ・青物などが狙えます。

▼詳しい解説は【重寺港の釣り場・ポイント徹底解説】を参考にどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。