中浜名湖 内山海岸の釣り場・ポイントを徹底解説!

内山海岸 釣り場

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は中浜名湖の釣り場解説をやっていきましょう。

今日紹介するのは内山海岸周辺ですね。

内山海岸は遠浅な地形になっていて、ぶっこみ釣りやちょい投げ釣りを楽しむ方を見かけます。
藻が多い場所が多いのが難点ですが、足場が良くて釣りはしやすいですね。

今回の解説を参考にしてもらえたら嬉しく思います。

釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は主に取材当時のものになります。

内山海岸で釣れる魚・おすすめターゲット

キビレ

内山海岸周辺で狙える代表的な魚を紹介しておきましょう。

  • 上物:クロダイ・キビレ・シーバスなど
  • 底物:ハゼ・マゴチなど

全体的に水深が浅いので、浅場を好む魚種を狙うのに適したポイントですね。

クロダイ・キビレ

内山海岸は砂泥底のエリアが多く、ぶっこみ釣りなどでクロダイ・キビレが狙えます。
普段は水が澄んでいるので、雨の後などの濁りが入った時はチャンス大ですね。

餌釣りの他、ワームやトップウォータープラグを使ったルアー釣りで狙うこともできます。

シーバス

ベイトフィッシュの接岸次第ではシーバスを狙うこともできます。
こちらもクロダイやキビレと同様、濁った時がチャンスですね。

虫エサを使ったぶっこみ釣りやルアー釣りで狙えます。

ハゼ

秋はハゼ釣りを楽しむこともできます。

のべ竿を使って近距離を探るのも良いですし、バスロッドなどを使ったちょい投げ釣りで仕掛けを沖に投げて探るのもおすすめです。

釣り場風景

内山海岸 釣り場

内山海岸は全体的に水深が浅い地形になっていて、沖合まで底が透けて見えるくらいの水深になっています。

内山海岸 釣り場

周辺は藻がかなり多く、波打ち際に沢山打ちあがっています。

内山海岸

北側の舘山寺方面は石積みエリアが広がっていて、石の上を歩けば広範囲を釣り歩けます。
こちら側も全体的に水深は浅く、シャローフラットな地形が広がっています。

内山海岸 釣り場

南側の眺めです。

こちら側も地形に大きな変化は無く、ずっとシャローエリアになっています。
こちら側は特に藻が多く、釣りをする時はオモリや針に掛かると厄介です。

地形・水深など

内山海岸周辺の釣り場地形を紹介します。
実際に魚探掛けを行い、オモリを投げてきました。

ポイント全体がかなり遠浅な地形になっていて、岸から35m~40mほどの地点で水深は約1m前後です。
水深が浅いために、魚探がエラーになってしまう位です。

底質については砂底になっていて、激しく根掛かるような場所はありませんでした。
ただし海苔のような藻が全体的に多く、仕掛けに引っ掛かりやすいですね。

オモリを投げるだけでも藻が絡んでくることが多かったです。

駐車場

内山海岸周辺には整備された駐車場はありません。
無理な駐車が原因で釣り場閉鎖の原因になったりするので、マナーを遵守すること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です