東伊豆 北川港の釣り場・ポイント徹底解説

北川港

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は伊豆半島の釣り場解説をやっていきましょう。

今日紹介するのは東伊豆の北川港ですね。

  • 釣れる魚
  • 釣り場の様子
  • 水深・地形

これらについて詳しく解説していくので、今後釣行する際の参考にしてもらえたら嬉しく思います。

※釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は取材当時のものになります。

北川港で釣れる魚

  • キス
  • アジ・イワシなどの回遊魚
  • メジナ
  • クロダイ
  • ブダイ
  • イシダイ
  • シーバス(ヒラスズキ)
  • ヒラメ
  • マゴチ
  • カサゴ
  • ソイ
  • アオリイカ

  • キス
  • アジ・イワシなどの回遊魚
  • クロダイ
  • イシダイ
  • ブリ
  • カンパチ
  • ソウダガツオ
  • シーバス(ヒラスズキ)
  • マゴチ
  • カサゴ
  • ソイ
  • ハタ

  • アジ・イワシなどの回遊魚
  • クロダイ
  • イシダイ
  • ブリ
  • カンパチ
  • ソウダガツオ
  • シーバス(ヒラスズキ)
  • ヒラメ
  • マゴチ
  • カワハギ
  • カサゴ
  • ソイ
  • ハタ
  • アオリイカ

  • キス
  • アジ・イワシなどの回遊魚
  • メジナ
  • クロダイ
  • ブダイ
  • イシダイ
  • シーバス(ヒラスズキ)
  • ヒラメ
  • カサゴ
  • ソイ
  • ヤリイカ

おすすめターゲット・釣り方

青物狙いの遠投カゴ・ショアジギング

北川港は潮通しが良く、夏~秋を中心に青物が回遊します。

青物 釣果

釣り座が狭いのが難点ですが、ブリやカンパチの幼魚・サバ・ソウダガツオなどが周りますね。
その他、状況次第でイサキやマダイなどの釣果も期待できます。

アオリイカエギング・泳がせ

北川港はアオリイカ釣りも人気があり、時期になると多くの方がやってきます。
エギングで狙う方もいますが、比較的餌釣りの方が多い印象がありますね。

海水温が高ければ、冬でも釣果が期待できます。

クロダイ・メジナのフカセ釣り

北川港は岸沿いを中心に岩礁帯が広がっていて、冬~春にかけてフカセ釣りの方もかなり多くなります。

取材日は向かい風が強かったので人は少なかったですが、条件が良い時はかなりの確率で人が入ってますね。

北川港の釣りポイント

北川港 釣りポイント
  • 北川港堤防
  • ゴロタ浜

北川港は小さなポイントで、港の堤防とゴロタ浜に分けて紹介していきます。

北川港堤防

北川港のメインポイントは沖に伸びた堤防ですね。

北川港 テトラ

北川港の堤防は規模は小さく、非常に細長いです。

外側はテトラ帯になっています。
テトラは丸形ですね。

北川港 堤防

先端付近は開けていて、足場は非常に良いです。
堤防の先端が北川港の一級ポイントですな。

北川港

堤防の先端から外側の眺めです。

北川港の沖には定置網があり、魚の通り道になっています。
右側に見える船は定置網作業をしています。

この日はメジナ狙いのフカセ釣り師の方が1名いましたが、ちょうど引き上げていきました。

北川 堤防南側

堤防の南側はゴロタ場になっています。
この日はかなり風・波が高くて荒れ気味です。

根魚狙いなどに良い地形の場所が続きます。

水深・地形

今回は北川港の堤防の先端から魚探掛けを行いました。

一見すると水深は浅そうですが・・・

北川港 水深 地形

堤防から35mほど沖合で水深は15m以上に落ち込んでいますね。
非常に急深な地形で、少し離れた場所にかけあがりの斜面が形成されているのが分かります。

黄色く出ているのは波が高いことによるノイズです。

沖合は石混じりの砂泥底で、手前に寄ってくると石の割合が多くなってゴツゴツした感触です。

投げ釣りをする場合はかけあがりの向こう側までしっかり遠投し、手前は仕掛けを回収した方が良いですね。

水深が深くて豊富な地形変化・潮通しも良いポイントなので、底物・回遊魚問わず時期によって様々な魚が接岸する条件が整っています。

北側ゴロタ浜

堤防の北側はゴロタ浜になっています。

北川港 ゴロタ

ゴロタ石は苔が生えている場所も多く、かなり滑りやすいので要注意。

カサゴやソイなど、根魚が狙えます。

北川 ゴロタ

海岸沿いの道路からゴロタ浜に降りる階段があるので、エントリーは容易です。

ゴロタ浜はかなり広いので、一か所で粘るだけでなくランガンで広範囲を釣り歩くのもおすすめですね。

※魚探掛けを行いたかったんですが、かなり風・波が高くて電波が上手く受信できませんでした。

なお、ゴロタ場は堤防よりも遠浅な地形になっています。
ある程度仕掛けを遠投しないと、かけあがりの向こうの深場まで届きません。

競争率は高くなりますが、やはり堤防周りの方が釣りやすいです。

周辺施設

  • 駐車場:駐車スペースあり
  • トイレ:あり

北川港は駐車スペースはありますが、整備された駐車場としては堤防の西側に2~3台のみです。

北川港 駐車場

駐車場自体はもう少し広いんですが、大半は地元の方専用のスペースになっていています。

北川港 駐車場

黄色の枠線内は近隣住民・関係者の方以外駐車禁止と書いてありました。

釣り場を減らさない為にも、ルールは守ること!

おすすめ関連記事!

東伊豆の釣り場・ポイント一覧

東伊豆の釣り場 【徹底解説】東伊豆の釣り場・ポイント一覧

東伊豆の釣り場をどこよりも詳しく・徹底解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です