バスデイ もののふを徹底インプレッション!【万能系渓流ミノー】

もののふ インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はバスデイから発売された渓流トラウト用ミノー、「もののふ」を詳しくインプレしていきます。

もののふは渓流ミノーイングでは主流のヘビーシンキングミノー。

偏った癖が無く、初心者~ベテランの方まで使いやすい使用感になってますね。

水掴みも安定していて、アップストリーム~ダウンのドリフトまで、色んな使い方に対応できますよ!

  • 特徴・アクションの質
  • 使い方
  • 適したシチュエーション

これらについて紹介していくので、ルアー選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 年間釣行数300以上
  • 渓流~船釣りまで、ルアー・フライ・餌と各種の釣りができます
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • 釣具店、メーカーにて私のタックルインプレッションや釣り方の掲載・利用あり

こんな感じで、毎日のように釣行を重ねて生活している釣り好きです。

バスデイ もののふのスペック・ラインナップ

もののふ45S

  • 全長:45mm
  • 重量:4g
  • フックサイズ:#14

もののふ45Sは小さいモデルですね。

渓流トラウト用ミノーとしては、やや小さめなオールラウンダー。

どちらかというと小規模な河川や支流・源流域をテンポよく釣り上がっていく使い方におすすめ。

50Sと比較するとダイレクトな操作感があり、ストンと沈む印象です。

もののふ50S

  • 全長:50mm
  • 重量:4.5g
  • フックサイズ:#12

もののふ50Sは渓流用ミノーのスタンダードなサイズ感。

渓流域~中流・小規模本流まで使えます。

ヘビーシンキングミノーとしては重たすぎず、滞空時間を稼ぎやすい設計。

トゥイッチング主体の釣り上がりにも使えますし、ドリフトなどを使ってネチネチ誘いを掛けるのも得意なモデル。

個人的には、どちらかというと「もののふ50S」が好きですね!

おすすめカラー

おすすめカラーとしては、背中が見やすいカラーが私の中では圧倒的に使用頻度が高いです。

  • チャートバック
  • ピンクバック
  • チャートバックゴールド

これらがカラー選びで迷った時に使いやすいですね。

まるなか

ピンスポットを丁寧に通すのが渓流釣りでは一番重要!
まずは見やすいカラーを揃えておけば、だいたい何とかなるよ

バスデイ もののふを「サクッと」インプレ!

もののふ トラウト 釣果

もののふの特徴や使用感を詳しくインプレする前に、私なりの印象を簡単にまとめておきます。

  • 飛距離:ヘビーシンキングミノーとしてはまずまず
  • フォール:45Sは尻下がり、50Sは水平フォールから尻下がりに変化。
  • アクション:キビキビとしたウォブリング・ヒラ打ちダート。アピール力は程よく強い
  • 使い方:ただ巻き・トゥイッチ・シェイク・ドリフトなどオールラウンド
  • シチュエーション:オールラウンドに使える。ワイドなリップで水つかみが良く、複雑な流れでも滑らずしっかり動く!

ざっくりインプレするとこんな感じですね。

渓流用ミノーとしてオーソドックスな仕上がりで、手元に伝わる操作感も程よく大きくて使いやすいですな。

バスデイらしい長く使えるミノーになっています。

飛距離

もののふは40Sで4g、50Sで4.5gの重量設定。

分類的にはヘビーシンキングミノーになり、渓流~中流域で使用していますが、飛びに関しては特に不満はありません。

しかし、かなり高比重なミノーと比較すると、若干風の影響を受けやすい印象。

ボディが偏平しているので、横から風を受けた時にやや流されやすいかなぁと。

投げやすさに関しては十分合格点ですが、超優秀とまではいかないですね。

フォール

45Sは尻下がりの速いフォール

もののふはサイズによってフォール姿勢が微妙に違っていて、45Sの方が素早く沈下します。

テンションを抜くとより尻下がりになり、ストンとフォール。
テンションを掛けると水平寄りの姿勢になり、滞空時間が稼げます。

50Sは水平気味の姿勢

一方、もののふ50Sはやや水平姿勢を作りやすくなっています。

尻下がりで着水させるとそのまま素早く落ちていきますが、水平に近い姿勢でフォールに入ると

  1. 水平姿勢で2~3秒くらいローリングフォール
  2. 徐々にバックスライド気味→尻下がり姿勢に変化して素早く落ちる

こんな感じでフォール姿勢・スピードが変化します。

もののふ フォール

漂わせるような使い方をしたり、細かくシェイクしたりして誘いを掛ける時は50Sの方が使いやすいです。

45Sはテンポよく誘いを掛けたり、ダイレクトな操作に向いた味付けですな。

もののふのアクション・動きの質

キレのいいウォブリング

もののふはただ巻き・ロッドアクション両方の使い方にしっかり対応できるミノー。

巻きで使用すると、安定した水掴みでキレの良いウォブリングアクションを見せます。

ブリブリ大きく動くミノーではなく、やや小刻みでハイピッチ。

もののふは若干リップ形状がワイドに作られていて、水をしっかり受けることによる操作感の分かりやすさも特徴的。

もののふ 特徴

それでいて流れを受けても重たくなりすぎず、ある程度流れに乗せても水を受けきれなくなって飛び出したりしないバランスになっています。

比重の割にバランスを崩しにくく、安定した使用感。

私としては非常に使いやすい使い心地で、かなり気に入っていますね!

程よくブレーキが掛かるヒラ打ちダート

ロッドアクションを与えて使用すると、偏平したボディを活かしたヒラ打ちアクションが出せます。

「ヒラッ、ヒラッ」と明滅のある動きですが、強すぎず弱すぎずのアピール力。

平打ちとともに左右に左右にダートアクションが入りますが、スライド幅はやや小さめでしょうか。

ブレーキが掛かる分、ピッチを上げたシェイクに近いアクションにも対応しやすくなっています。

ヘビーシンキングミノーという位置づけですが、ULクラスのオールラウンド系ロッドでもしっかり動かしやすく、使い勝手は良好ですね。

まるなか

もののふは見た目もカッコいいミノーだけど、使い心地も「ちょうど良い」仕上がりで使いやすいよ!

もののふの使い方

トゥイッチング(シェイク)

アップストリーム・ダウンストリーム両方で使う基本の使い方。

もののふ アマゴ

アクションに対する追従性は非常に安定していて、やや強めにロッドを弾くのも良し、シェイクのように優しくミノーを揺すってもしっかり・ヒラヒラと動きます。

ロッドアクションは2回~5回程度連続で与え、フォールを混ぜて使うのがおすすめです。

状況によっては、ただ巻きの中に時々1~2回ほどロッドアクションを入れるのも効果がありますね!

ドリフト

2つめはドリフトで、状況によってアップクロス~ダウンを使い分けています。

水平姿勢を作りやすいもののふ50Sの方がドリフトでは使いやすく、45Sの場合は水平姿勢を作りやすくするため、少しテンションを強めに掛けた方が良いかと。

  1. ラインを張らず緩まずの状態をキープ(ルアーがユラユラと動く状態を基本に)
  2. ロッドアクションを1~2回ほど与える。もしくはテンションを強めに掛けてミノーをしっかり泳がせる

基本はこの繰り返しで、U字にターンさせたり、上流からまっすぐ流し込んで食わせます。

もののふは水掴みが安定しているので、複雑な流れの中でも狙い通りのスポットでミノーを動かしやすく、滑って流されないのでドリフトでも使いやすいですね。

もののふ トラウト 釣果

もののふを流し込んでキャッチした50オーバーのレインボー。

軽くウォブリングさせながら下流へドリフトさせ、「チョン・チョン」と最小限のロッドアクションで変化を与えて1発でした。

まるなか

アップストリームのテンポのいい誘いで食わない時は、ドリフトで流し込むのが超おすすめ!

適したシチュエーションなど

もののふが適したシチュエーションですが、かなり流れが強い状況下を除けばオールラウンドに使えるミノーですね。

流れの押しが強い荒瀬を攻める時は、もう少し比重が大きいヘビーシンキングミノーの方がレンジキープしやすいです。

源流域~小規模な本流域まで対応でき、安定した使用感のオーソドックスなヘビーシンキングミノーですよ!

まとめ!

もののふ 釣果

今回はバスデイのもののふのインプレをしました。

  • 45Sは尻下がり。50Sは水平寄りのバランス
  • ただ巻きではキレの良いウォブリング。ロッドアクションでヒラ打ち&ダート
  • リップが少し幅広、操作感が程よく大きく、安定した水掴みでしっかり動かせる

要点をまとめるとこんな感じで、これは中々使いやすいミノーですな。

渓流ルアー初心者~ベテランの方まで、汎用性が高いミノーを探している方におすすめです。

おすすめ関連記事!

渓流用おすすめミノーを紹介

渓流 ミノー ロッド 硬さ 【実釣比較】渓流ミノーのおすすめ・選び方のコツを徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です