梓川トラウトルアー釣行 濁りの中のブラウントラウト狙い

梓川

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
前日は千曲川水系でヤマメ・イワナを狙い、一泊して釣りは中・本流で良型トラウトを狙います。

しかし前日夕方にかなりの大雨が降り、河川も水量が増えました・・・・。

雷ゴロゴロでかなり酷い雨だったので、2日目は釣りになるかかなり不安でした。
しかし、ちょうどタイミングよく明け方になって水位が低下★

ライブカメラの様子を見ると釣りができそうな感じだったので、朝ご飯を食べてから少し遅い時間にのんびり出撃です。

濁りの梓川

プランとしては、梓川か奈良井川に入ろうと思っていました。
どちらに入るかは水量や水質で決める感じで。

まずはホテルから遠い梓川方面に回ってみましたが、濁りはあるものの釣りはできそうです。
なので、今回は梓川でブラウントラウトを狙います。

ミノーのドリフトで幸先良くヒットあり

梓川 トラウト

水質はこんな感じで、これより濁りが酷くなると嫌な感じですね。
私の場合は川底を見ながらルアーをピンスポットに流す釣りをするので、もう少しクリアだったら良いんですが・・・。

先発はメジャークラフトのファインテールエデンをチョイス。

私が良く使うDコンタクトよりもややアピール力が高く、レンジも1枚下に入ります。
若干増水気味+濁りありの状況を考慮しました。

かなり久しぶりのブラウン狙いなのでワクワクしつつ、ルアーのアクションは最小限。
魚の前にユラユラとミノーを上流側から流し込んでいきます。

沈んだ石がかなり見にくいのがちょっと嫌ですが、釣り開始数投目でガツッとバイト!
茶色い魚体が見え、幸先良く釣れたのは30cmほどのブラウン。

良い感じにボウズ逃れに成功しましたが、写真を撮ろうと思ったら逃げられました。

流れが当たる瀬でヒットしたので、今日は流れが当たる場所が良いのかな?

50オーバーの大型ブラウンがヒット!

その後もミノーを流し込むと小さなアタリが出るんですが、なかなかフッキングしません。
ミノーを口先で軽くつつくような食い方をしているらしく、活性が低いのか?

しばらくアタリはあっても魚が釣れないもどかしい状況でしたが、倒木+沈み岩が絡むスポットを発見。

流れもヨレていて釣れそうなので、ちょっと慎重にルアーを流します。

時々ソフトにトゥイッチを与え、レンジキープ+誘いのアクションを入れながらドリフト・・・・。

すると、ドリフト中に穂先がスッと入って動かなくなりました。
リールを軽く巻いてテンションを掛けても反応は無く、沈んだゴミに引っ掛かったのかと思いつつロッドを煽りながらリールを巻き巻き。

するとラインがゆっくり上流側へ動き出し、その直後に強い突込みでドラグが一気に出ました。
どうやら完全な居食いだったらしく、大型特有のルアーにバイトしても全く動かないパターンだったようですね。

増水+濁りで小さなアタリを取りにくい状況だったので、不覚にもバイトを見落としました(-_-;)

ヒットしたブラウンは大型らしく、底を這うような重量感のある引きを見せます。
流れに乗ってしまい、転びそうになりながら川を下ってやり取り。

フックは強化してあるので伸びることは無いと思いますが、これは何としてもキャッチしたいところ。

ジリジリ距離を詰めていくと、見えたのは50中盤くらいありそうな良いサイズのブラウン★

しかし、再び強い突込みでラインを出され、その瞬間にラインテンションが抜けました・・・・。
これはかなりダメージ大なバラシですね。

今年一番悔しかった。

日が高くなるとブラウンの活性上昇

痛恨過ぎるバラシにテンションが下がりましたが、まだ釣りを始めたばかり。
まだまだチャンスはあるはずなので、釣り上がっていきます。

30cm前後のブラウン連発

徐々に日が高くなってきて気温が上昇してきました。
それに合わせてブラウンの活性が上がったらしく、バイトも明確に・フッキングも決まるようになってきました。

梓川 ブラウントラウト 釣果

アベレージは20cm中盤~30cm位ですが、ネイティブブラウンはカッコいい。
個人的にはイワナやブラウン・ブルックのような系統のトラウトが好きですが、その中でもブラウンが昔から好きですね★

梓川 ブラウントラウト

魚影が濃いエリアに入ると、良いペースでブラウンが釣れてきました。
とりあえず最低限の釣果は出たので、あとはサイズアップしたいところです。

ポイント移動で良型ブラウンをキャッチ

その後ある程度探りを入れたところで、次のポイントに移動することにしました。

魚影にかなりムラあり

次にやってきたのは以前良型ブラウンの実績が比較的高かったエリア。
水量が少し多めなのが気になりますが、何とか良いサイズの魚を釣りたいところ。

ちょっと流れが強くて釣りにくいので、少し流れが緩んでいるスポットを重点的に探ります。

しばらく全く反応すらなくて不安になりましたが、釣り上がった場所でライズを発見。
上流からミノーを流し込み、狙ったスポットで軽くロッドを煽って誘いを入れます。
すると狙い通りにヒットし、気持ちいい釣れ方をしてくれました。

ブラウントラウト

サイズは相変わらずアベレージ級ですが、狙ったコース・タイミングで食わせられたので良かったです。

その後はエリアによってかなり魚影にムラがあるようで、釣れない場所になると1級ポイントでもチェイスすらありませんでした。

岩に囲まれたスポットで良型ヒット

その後も上流へと進み、魚影が濃いエリアに入りました。
何本かブラウンを追加し、若干流れが緩めの瀬+岩が沢山入っている美味しそうな場所を発見。

水深は浅めですが、良い感じで岩が入っているのでブラウンが着くには好条件ですね。

慌てず上流へと回り込み、流れの変化を見てキャスト・・・・。
ミノーを流しつつ、軽めのリフトを入れて誘いを入れます。

U字気味に緩いターンを入れつつ、流れがヨレいているスポットにルアーを流し込むと、岩陰からブラウンが飛び出してきました。

合わせを入れるとまずまずな重量感で、最初にバラしたものよりははるかに軽いですが、悪くはなさそう。
バラさないように注意しつつ、ランディング成功。

梓川 ブラウントラウト

まずまずなサイズのブラウンをキャッチしました。40~41くらいでしょうか。
朝のバラシが悔しすぎましたが、これでとりあえず帰れますね(笑)

その後もう少し釣り上がったものの、やはりかなり魚影にムラがありました。
少し流れが緩くて浅めの場所はDコンタクト50を入れつつ、流し込む釣りで楽しめました。

ブラウントラウト

釣れてくるブラウンの色んな模様に癒されつつ、30cmほどまでの個体をポツポツ追加。
良型らしき反応は無く、最終的には12・13匹くらいの釣果で終了しました。

まだ昼過ぎだったので他の場所も行けそうですが、とりあえず最低限の魚は釣れたのでゆっくり帰ることにしました。

状況的にはもう少し水がクリアだったら良かったですが、前日の雨で釣りになるのか分からなかったので、釣りができただけでもOKですね!

上流域の釣りも楽しいですが、一発デカいのがでる中・本流域の釣りも楽しいです。
また時間を確保して遊びに来ます。

使用タックル

  • ロッド:バリバス モーリスグラファイトワークス TRD-511FS
  • リール:ダイワ 21カルディアFC LT2000S-H
  • ライン:よつあみ ボーンラッシュ WX8 0.5号 + シーガー グランドマックスFX 1.75号
  • ルアー:スミス Dコンタクト、メジャークラフト ファインテールエデン50など
ヤマメ 千曲川(南佐久漁協エリア)釣行 魚影薄いも良型ヤマメの釣果

▼渓流ルアー釣り初心者の方など、必要な基礎知識やタックル選びの基本を知りたい方は【渓流ルアー釣り初心者講座】を参考にどうぞ。
全て管理人の実釣経験に基づいた解説になっています。

イワナ 渓流ルアー釣り初心者講座 タックル選び・必要な基礎知識をまるっと解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です