静岡メッキ釣行 深場狙いでポツポツと釣果アリ!

メッキ 静岡 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、先日は新製品の20ヴァンフォードの小型番手、C2000SHGが届きました。

 

ライトゲーム・ネイティブトラウト用に購入したので、さっそく実践で使いたいところ。

伊豆方面へ遠征すれば楽に魚は釣れるんですが、風が強い予報だったので止め・・・・。

 

そこで午後から静岡界隈の港へメッキやハタを狙って短時間釣行してきました。

新リールの使い心地も気になるところですが、果たしてどんな釣行に?

爆風の港でメッキゲーム

11月下旬になり、だんだん風が強い日が増えてくるので釣りにくいコンディションが目立ってくる時期になりつつありますね。

とりあえず港内をランガン気味に釣り歩いてみて、釣れる魚を狙うプランでやってみます。

表層~中層は魚の気配無し

とりあえず最初にやってきたのはカマスやメッキ・ハタなどが狙える場所。

デイゲームで風が強いのでい人は全くおらず、自由にランガンできそうですね。

 

とりあえず先発はDコンタクト50を入れてみて、表層付近に魚がいるのか探してみます。

 

見た感じはハクっぽい小型のベイトがチョロチョロ泳いでいるのが見えますが、ここは静岡。

それを追う魚の姿は皆無ですね(笑)

 

30分ほど歩き回ってミノーをトゥイッチし続けたんですが一度も魚のチェイスはなく、少し離れたところでダツっぽい魚がライズしたのみ・・・。

これは粘って釣りをすると大外しする気配があるので、早めに見切りをつけてポイントを移動します。

強風向かい風の中深場を狙う

次にやってきたのもメッキやカマスが狙える場所ですが、どちらかというとメッキが釣れやすい傾向があるスポット。

ポイントの向き的に強い向かい風が吹いており、ここも誰も釣り人は居ません。

 

一見すると狙いどころが無いように見えるんですが、少し離れたところに駆け上がりがあり、その周りに魚が付いていることが多い。

サクッとミノーを流したもののここも完全ノーバイト・・・・。

 

ルアーをミノーからメタルジグにチェンジし、ボトム周辺を集中的に狙ってみます。

 

選んだのは信頼と安定のジャックアイ豆マキマキの10g。

こいつを沖に遠投し、ただ巻きと軽めのワンピッチジャーク&フォールでボトムを狙います。

 

運が良ければハタなども釣れる可能性がありますが、果たしてどうかな?

ボトムで良いアタリが!

風が強いので10gのジグでも釣りやすい状況ではないですが、丁寧にボトム周辺を探ります。

メッキは低活性になるとかなり底ギリギリに潜んでいるので、適当に中層を探っても全く当らないので要注意です。

 

少しずつ歩きながらキャストをしていくと、数投目にボトムからの巻き上げでガツガツっとバイト。

 

合わせを入れると良い感じの突っ込む引きがあり、小型のマハタっぽい感じもする。

小さくはなさそうなのでバラさないように丁寧にやり取りしますが、ハタにしてはあきらめが悪い感じですね。

 

メッキの気配が濃厚になってきましたが、このコンディションの中では貴重な一匹。

ちょっと丁寧にやり取りして無事キャッチ成功です。

メッキ 静岡 釣果

良いサイズのロウニンメッキをキャッチですね★

とりあえず20ヴァンフォードの入魂完了もしました。

 

使用感は下位グレードとの差は結構大きく、このクラスになると非常に快適に使えますね!

ダイワのマグシールド搭載機種との差はやはりあるので、釣りをするシチュエーションによってはマグシールドが無いシマノ製のリールの方が私には使いやすいと感じることもあります。

群れが寄ってきたところでワームにローテーション

その後2匹ほどジャックアイ豆マキマキでメッキが連続で釣れたんですが、徐々にバイトしてくる位置が至近距離になってきた。

風も弱くなってきたので、ここでルアーをジグからワームに変えて釣っていきます。

ボトムワインドでカスミアジも混じる展開

風が強いので、今回はジグヘッドは5gの少し重ためをチョイス。

デルタマジックヘビーの5gに対し、ワームはダート8の2インチを。

このワームはサイズの割に若干ボリュームがあり、アピール力が少し強めのワームという位置づけ。

モチモチッとしていながらも程よい粘りがあり、程よく柔らかさのあるアクションをします。

 

ジグでバイトが出ているレンジはかなり低いので、ワームも一旦フリーフォールでボトムまで沈めてから誘っていきます。

だいたい4回ほどアクションを与えてからテンションを少し強めに掛けてフォールさせ、再びボトムまで落とします。

 

この誘いですぐにバイトがあり、じゃれつくようなアタリに何度かスカを食らいつつもヒット。

カスミアジ メッキ

釣れたのはメッキですが、いつも釣れるギンガメアジやロウニンアジとは少し顔つきが違うような・・・・。

背中も若干青っぽいし、これはカスミアジのようですね★

 

カスミアジはここ何年も釣っていなかったのでちょっと嬉しい。

 

その後もワームで深いレンジをトントンと探っていくと、飽きない程度のアタリがあってカスミアジ交じりで釣れました。

メッキ 釣果

まだこれから夕マズメという時間でしたが、風がまた強くなってきて釣りにくくなったので撤収しました。

 

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 月下美人AIRAGSメバリングモデル 78ML-S
  • リール:シマノ 20ヴァンフォードC2000SHG
  • ライン:よつあみ リアルデシテックスWX8 0.4号、シーガー グランドマックスFX1.75号
  • ルアー:ハヤブサ ジャックアイ豆マキマキ10g、ドリームアップ ダート8 2インチなど

おすすめ関連記事!

▼メッキ釣りの基礎知識まとめのページ

メッキ釣り 入門

【ここからはじめる】メッキのルアー釣り入門! タックル選び~必要な基礎知識まとめ

2019年11月23日

▼メッキ釣りにおすすめなミノーはコレ!

Dコンパクト メッキ

【実績から選ぶ】メッキのルアー釣り ミノーの使い分け・おすすめアイテムを紹介!

2019年10月19日

▼メッキ釣りの時期・シーズンの流れを解説

メッキ釣り 時期 シーズン

メッキ釣りに適した時期・シーズンの流れを実釣経験から解説!【水温を要チェック】

2019年10月17日
メッキ釣り講座 一覧

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です