2月の静岡ライトゲーム釣行 渋すぎるカマスゲーム

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は港へライトゲーム釣行へ。

ちょっと水深が深い場所を狙って五目釣りです。
ベイト次第でカマスやチヌ・カサゴ・メバルなどが釣れるポイントですが、果たしてどうかな?

ベイトの気配は若干あり

ポイントに到着すると、わずかながらベイトフィッシュの気配があります。
丸っこいベイトなのでボラっ子っぽいですが、居ないよりは遥かにマシですね。

先発は定番のグラスミノーSで様子見を・・・・。
深い場所なので、ジグヘッドは7gをセット。

本来なら水質がそこそこ良い場所なんですが、変な濁りが入っていますな。
水温が少し高くなったからなのか、雨が少なすぎて水が死んできているのか、どちらなのかな。

ベイトが追われる気配は全くないので、見えるベイトは無視してボトムギリギリ狙い。
デッドスローでワームを通していきますが、アタリは無し。
まぁ、すぐに釣れないのはいつものことですな(笑)

少しずつ歩いて移動しつつ、ジックリ深場を探ります。
釣り開始後30分くらいは完全無反応でしたが、ひたすら丁寧に釣り続けると「モゾ・・・・」っという微妙な重み。

穂先が軽く入った状態ですが、これは慌ててフッキングを入れると失敗するパターンなので慌てず巻き巻き。

数秒間リールを巻き巻きすると「コツコツッ」と追い食いする感触があり、その後穂先がもう1段入ったところで合わせ。
無事魚はヒットしましたが、意外と良く引きます。

カマス 釣果

カマスをキャッチしてボウズ逃れに成功です。
サイズもまずまず、一夜干しにしましょう。

これでポンポン連発するのが本来のカマス釣りなんですが、今の静岡中部では本来のカマス釣りは楽しめません(笑)
その後全くアタリが無い時間が再来し、ここでめげない精神力が問われるシビアな釣りです。

忘れた頃に追加

その後再びアタリも何も無く、45分くらいは無の時間を過ごしましたね。
カサゴやチヌが釣れても良いはずですが、ボトムを探っても無反応・・・・。

もう少しベイトが増えてくれば、チヌの目線が上がって中層の釣りで食ってくれても良いはずですが。
まだ小魚系のベイトが少なく、ボトムズル引きじゃないとダメかなぁ。

気分転換もかねて、ワームをガメシャッドに変更。

ガメシャッドの方がグラスミノーよりもサイズは大きいですが、波動はナチュラルなので食い渋ったカマスにもいい仕事をします。

めげずにデッドスローのただ巻きメインで探っていくと、ここに来て「コツン」と弾くようなアタリ。
最初のモゾモゾ系のアタリ方とは全く違うパターンだったのでちょっと不意をつかれましたが、慌てずタイミングを計って巻き合わせ。

今度もしっかりフッキングに成功。

カマス 釣果

よしよし、2本目のカマスをキャッチです。

しかしその後のゴールデンタイムは全くアタリすら無く、最近定番になりつつある難しすぎるカマス釣りになりました。

結局1時間半ほど釣りをしてアタリ2回で2匹キャッチ。
カマス釣りってこんな感じだったっけ・・・・?

ひたすら釣り続けていると1回だけアタリが出るこの状況、水の中がどうなっているのか知りたい(笑)
ごくまれに1匹だけ魚が周ってくるだけなのか、何なんだろう。

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 21月下美人MXメバルモデル68L-S・N
  • リール:シマノ 21ナスキーC2000SHG
  • ライン:よつあみ リアルデシテックスWX8 0.4号+ サンライン ブラックストリームプラズマ1.75号
  • ルアー:メジャークラフト ナノラバ5g、エコギア グラスミノーS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です