11月の静岡チニング釣行 濁りでチヌの活性上昇!

キビレ 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回はかなり久しぶりにチニング釣行へ行ってきました。

雨が降って外洋は荒れ模様なので、こういう時はチヌに癒してもらいましょう。
最近チニングをやっていなかったので釣況は不明ですが、多少海は濁っていそうなのでまぁ何とかなるでしょう。

果たして今回はどんな釣行に?

雨後でチヌは高活性!

冷たい雨が降って水温も下がってきているはずなので、今回は水深が深めな場所を狙うことにしました。

開始早々チヌの反応アリ

とりあえず最初は深い場所と浅い場所の駆け上がりを狙ってみることにします。

ワームはケイテックのリトルスパイダーをチョイス。

ハリーシュリンプにしようか迷ったんですが、若干水質が濁っていたので、アピール力が少し強めなリトルスパイダーにしました。

シンカーはいつもの7g、完全フリーなフリーリグで探っていきます。

既に地形は把握済みの場所なので、深い場所にワームを落とし、ジワジワと浅い場所に誘いあげてきます。
ロッドアクションは基本的に与えず、ズル引きとポーズの繰り返しですね。

ちょうど駆け上がりの斜面にワームが差し掛かった時、幸先よく1投目から「ガガガッ」とアタリ。
感触的に大きくはなさそうですが、穂先が入ったので合わせを入れると無事ヒット。

キュンキュン引く鋭い突込みで上がってきたのは、30cm弱ほどのクロダイ。
サイズはともかく、1投目でボウズ逃れに成功です。

チニングはバス釣りによく似ていて、慣れてくると狙って釣れるようになりますな。
小さかったのでノータッチでリリースし、次を狙います。

アタリはあるものの

その後もランガンしながら広範囲を探っていきますが、今回はポーズ後の誘い開始直後にバイトが出るパターンのようですね。

ひたすらズル引きしてもアタリはほとんど出ず、若干活性が低いんでしょうか。
先ほど釣れたチヌの魚体も結構冷たかったし。

ハンドルの巻き1回転~3回転程度に対してしっかりポーズを入れてジックリ探っていくと、再び「カツカツ」という軽いアタリがあり、今度は25cm位のキビレをキャッチしました。
良い感じで2匹目も釣れましたが、ちょっと小さいですね。

これもノータッチでリリースしました。

このキビレが釣れた後はフグによってワームを2本ほど破壊されてしまいました。
ワームの消耗は避けたいので、ここで見切りをつけてポイントを移動します。

深場へポイント移動

次にやってきたのは、先ほどよりも水深が深い場所ですね。
ピンスポットで根が入っているので、その周辺を根掛からないように注意して探ります。

すぐにキビレの釣果

とりあえずボウズ逃れには成功しているので、ここでワームをチェンジ。
今日はジャクソンのちぬころクローを使ってみます。

先日試しに買ってみて、ハタ狙いで使ったところ結構使いやすかったワームですね。
チヌに対する使用感も見ておきたいので、ここで投入することに。

エアホール内蔵でワームが底で立ちやすいので、今日のようなポーズを交える誘いに良さそうだと思いました。

ワーム自体は小さいですが、ボディは意外と大きいので、#2のオフセットフックも何とか合わせられますね。

沖の根周りまでワームをキャストし、小刻みなシェイクとポーズで誘ってみます。

良い感じにゴツゴツする根の周りを探っていくと、またしても1投目でコツコツ系のバイト。
少し待ってから合わせを入れると無事ヒットしましたが、一瞬引きを感じてフックアウト・・・・。

感触的にはクロダイっぽかったですが、残念。

とりあえずここにもチヌが居ることは分かったので、スローダウンして探りを入れると再びバイト。
今度は横っ走りする引きで、上がってきたのはキビレ。

キビレ 釣果

狙い通りのスポットですぐに釣れると気持ちいいですな★
フッキングもバッチリ、カンヌキをとらえました。

ちぬころクローはエアホールによって小刻みなロッドアクションを与えた時、普通のワームよりもペコペコ感のあるアクションを出しやすい印象ですね。
ネチネチとシェイク・ズル引きなどで使うと面白いと思います。

ラストにサイズアップのキビレ

その後何か所かある沈み根周りを狙ってみたんですが、20cm前後ほどのチヌっぽいアタリは何度かありました。
しかし、魚が小さくてフッキングに持ち込める感じはせず。

とりあえず釣果は出たし、あと10分ほど釣りをして帰ろうと思った矢先、ポーズからのズル引き開始直後にひったくり系のバイト。
これは完全に掛かるタイプのアタリ方だったので、すかさず強く合わせを入れました。

結構強い引き込みを味わいつつ、ゆっくり寄せて無事キャッチ。

キビレ

サイズアップに成功しました。
良いサイズのキビレです★

最後に満足できるサイズの釣果も出たし、これで釣りをスパッとやめて帰宅しました。

今の静岡は全体的に微妙な状況なので、個人的に一番手堅いのはチニングになりそうですね。
水温が下がってきたことでチヌの目線が下に落ちてきてくれれば、ワームでの釣果は安定すると思います。

まだ小さいチヌの反応も活発なので、これからもう少し寒くなってくれば、型も揃うと思いますね!

使用タックル

  • ロッド:ジャクソン オーシャンゲートLGMIX 74L-K ST
  • リール:ダイワ21フリームス LT2500S-XH
  • ライン:よつあみ ボーンラッシュWX8 0.6号、サンライン ブラックストリームプラズマ2.5号
  • ルアー:ケイテック リトルスパイダー3インチ、ジャクソン ちぬころクローなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です