冬のライトゲーム釣行 ボトムに絡めて五目釣り

魚子ラバ メッキ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、先日は港へライトゲーム釣行へ行ってきました。

外洋は風が強くて荒れ模様なので、こんな時は港で遊ぶのがお手軽で良いですね!
冬は強風の日が多くてサーフは釣りができないことも多くなるので、ライトゲームが楽しくなってきます。

釣況的には厳しいと思われますが、果たして今回はどんな釣行に?

魚子ラバを使って五目釣り

いつもならワームやメタルジグを使って釣ることが多いんですが、今回は先日購入した魚子ラバを使ってみることに。

魚子ラバは小型のタイラバのようなルアーで、ちょっと面白そうだったので2色ほど買ってみました。

オフショアのタイラバは以前かなりやり込んだ時期があり、ジグに食わない魚が反応することもかなり多かったので何か面白い釣りができるかもしれませんね★
とりあえず一番重たい3gのモデルを買ったので、今回投入してみます。

岸壁沿い狙いでカサゴ・カマスの釣果

とりあえず最初はボウズ逃れのために足元付近を丁寧に狙ってみることに。
岸壁沿いと海底の捨て石付近に何かいないかと探っていきます。

ラバー系のルアーは下手に動かすよりもシンプルな巻きとフォールが一番釣れると考えているので、使い方はただ巻くだけ・・・・。

ランガン気味に広範囲を釣っていくと、ボトム着底からの巻き出しで穂先に重みが。
巻き合わせ気味にフッキングを入れるとゴミが引っ掛かったような感触。

あがってきたのは15cmほどの可愛いカサゴでした。
小さかったのでノータッチでリリース。

やはりラバー系のルアーは底物狙いにはかなり強いんでしょうな。

その後岸壁沿いがえぐれた場所に探りを入れると、中層でコツコツ系の小さなアタリ。
中々食い込まない感じでしたが、穂先が入るまでジックリ巻き続けて巻き合わせて30cm位の可愛いカマスを追加。

岸壁沿いにカマスが群れている可能性があったのでスローダウンして丁寧に釣りをしましたが、その後はノーバイト・・・・。

可愛いカサゴとカマスは釣れましたが、このまま釣りを続けてもあまり釣れる気がしないのでポイントを移動します。

沖のかけあがりを狙うと・・・・

次にやってきたのは、沖に根が絡んだかけあがりが形成されているポイントです。
ここもカマスが狙える場所ですが、どうかな?

水深が少し深いので着底まで時間が掛かりますが、ここは慌てずにジックリ沈めこみます。

着底寸前に何かが触ったような感覚がありましたが、リールを巻きだすと生命感は無し。
そのままスローなただ巻きを続けて駆け上がりの斜面を舐めるように探ってくると、ゴツンと良いバイト。

巻き合わせを入れると、少しドラグが出る引きです。

メッキ 釣果

25~26くらいのまずまずなメッキでしたね。
水温はかなり低くなっているはずですが、思いのほか良い引きを見せてくれました。

ベイトフィッシュの気配などはありませんが、メッキをリリースしてすぐに釣りを再開するとまたアタリがあり、

魚子ラバ メッキ

サイズアップ成功、20cm台後半になりました。

ポンポンと2匹メッキが釣れて入れ食いの予感もしたんですが、どういうわけかその後は沈黙(-_-;)
メッキ・カマス・カサゴの釣果が出せたのである程度満足しましたが、最後に少し浅い場所を打ってみることにします。

シャローの根周りを攻めてキビレをキャッチ

次にやってきたのは、水深が浅いシャローエリアの障害物周り。
底物が狙える場所なので、魚子ラバを使って何か面白い釣りができるのか調査してみます。

水温的には越冬モードのヒラメやマゴチも釣れるはずですが・・・・。

しばらくランガンして釣っていきましたが、1度小さな外道っぽいアタリがあっただけ。
流れが少しヨレている場所を見つけたので、ランガンを止めて丁寧に探ってみます。

あまりボトムを擦りすぎると根掛かる可能性があるので、ボトムから30cmくらい上をゆっくりキープするイメージで引きます。

少しずつキャストする角度を変えながら探っていくと、「ガツッ」という超明確なアタリ。
弾くようなアタリ方だったので合わせは入れず、リールを巻きこむと穂先が一気に入りました。

この時点で合わせを入れて無事ヒット。
ドラグが良い感じに出て楽しいです★

ラインを出しすぎると根にラインが擦れる可能性があるので、ロッドを立ててラインの角度を保持してやり取り。
魚がこっちを向いたら、少し強めのテンションを掛けて一気に寄せます。

ネットを持っていなかったのでランディングが少し嫌でしたが、タイミングを見て抜きあげてキャッチ。

魚子ラバ キビレ

キビレをキャッチしました。
チニングで釣るには少し小さい位ですが、ライトゲームロッドで釣るには十分楽しいサイズですね。

チヌのガツガツ系のアタリは船のタイラバのアタリに似ている部分があり、懐かしい感触でした。

とりあえずこれで十分満足したので撤収しました。
今回は魚子ラバを使ってみましたが、使い方次第では結構面白いルアーですね!

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 21月下美人MXメバルモデル68L-S・N
  • リール:シマノ 19ヴァンキッシュC2000SHG
  • ライン:よつあみ リアルデシテックスWX8 0.4号+ サンライン ブラックストリームプラズマ1.75号
  • ルアー:ルーディーズ 魚子ラバ3gなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です