激熱!!中層チニング&ライトソルトゲーム五目釣り!

今日は仕事が早く終わったので、夕暮れ後に清水港周辺を短時間釣行してきました。潮周りを考慮して、本日もチニングから開始することに。まだ最高の条件とまではいきませんが、何匹かは拾うことのできそうな条件の中での釣行です。
チヌを条件の良い時間のうちにサクッと釣り、チヌを釣るのが厳しくなってきたらライトソルトゲームでセイゴなどを狙ってみるプランにしました。


下げ潮が効くタイミングを狙い撃ち!

早速釣り場に到着すると、潮位は予想以上に高く、悪くはない条件です。まずは1gの尺ヘッドに、ベビーサーディンを付けて早速中層のチニングを開始します。

狙うのは水深1mあるかどうかというシャローエリアです。こういったエリアに回遊してくるチヌやキビレは基本的に活性が高いので、魚が入ってきていればすぐに反応が出るはずです。

潮が通らず反応無し・・・

潮位的には良い条件なので、すぐに釣れるだろうと思っていたのですが潮が動いていません。魚が多い年であれば、潮が動いていなくてもイージーに数釣りができる時も過去にはあったのですが、今年は条件がある程度揃わないと反応が出ません。

ですので、まずは少し場所を移動して下げ潮が効いてくるのを待つことにします。

岸壁沿いを丁寧に探ると、すぐにアタリが出ました!

まずまずなサイズのカサゴでまずはボウズ逃れです。

その後、セイゴを数匹釣り上げたところで、潮が動き始めた様子が見られたので移動します。

下げ潮が効くタイミングで待望のアタリ!

再びポイントに入りだすと、潮が効き始めているようで表層のゴミなどがかなりの早さで流れていきます。潮位が少し低下してきており、サクッと釣らなければ厳しい展開になりそうです。

早速表層から徐々にボトムギリギリまでをレンジを変えながら探っていきます。あまり沈めすぎると一発で根掛かってしまうので、ここは経験と勘を頼りにします。

すると、足元までかなり近くなったところでガツンと良いアタリ!

アワセる間もなく一気に反転したので、どうやら本命のようです♪

ガツガツという鋭い引きを十分に楽しんで、無事キャッチ成功です。

まずまずなサイズの綺麗なチヌでした。

中層のチニングのアタリ方ですが、基本的にはガツンと一発でひったくられることが多いので、向こうアワセで十分に掛かります。使うワームがメバル用のものなので、フッキングミスをする確率は極めて低いですね!

フックだけは少し強めのものにしておかないと、良型が掛かった時に伸ばされる恐れがあります。私はジャズの尺ヘッドタイプRを使用しています。

 

ウェイトは底に引っ掛けずにスローに巻けるものを選択しますが、個人的には1g~2gを選んで使用しています。

ワームは匂いと味がかなり効果的に効くので、ガルプベビーサーディンを使うことが多いです。カラーは基本的に関係ないので、好きなものを選んでいただければ問題ありません。私はピンクとクリアー系を使うことが多いです。

1匹釣れたので、まだ群れがいる可能性も高いです。すぐにリリースして釣りを再開すると、狙い通りにすぐにアタリ!

今度は若干引きが軽いですが、チヌの引きです。

 

少しサイズダウンしましたが、本命でした!このように、メバル用のワームをガッツリと食ってきます。

予想より潮位が低下するのが速く、チヌが釣れる条件には少し厳しくなってしまったのでここでチヌ狙いはすっぱりとやめることに。

中層のチニングはパターンが重要なので、条件が合っていない時にやっても釣れないことが多いですからね。

ポイントを移動してセイゴ五目釣り

2匹チヌが釣れたので満足はしましたが、今年の清水周辺の様子をあまり把握していないので、少しあちこち探ってみることにします。

季節的にメバルには厳しいですし、アジの釣果も小型が若干釣れているだけとのことです。

こうなると、セイゴ等が遊べるターゲットになるので、セイゴが釣れそうな場所を昨日釣った場所以外で狙って行くことに。

ショートバイトに苦戦

ポイントを歩きながら流していきますが、反応はあるもののフッキング率がかなり低いです。結び変えるのが面倒なので、チニングで使っていた1gのジグヘッドをそのまま使っていきます。

吸い込みが弱くて掛からないというパターンではなさそうなので、ここであえてジグヘッドを同じ尺ヘッドの2gに交換します。

すると、すぐにアタリが出て一発でフッキング成功です。

丸々と肥えた40cm弱程のセイゴでした。このサイズであれば、ウルトラライトのライトソルトタックルであれば非常に楽しめます。

ジグヘッドのウエイトをあえて上げて今回は対処しましたが、狙いがうまくハマりました。この辺のショートバイト対策の方法は、また今度詳しく解説していこうと思いますので、今回は割愛させていただきます。とにかく、釣れない時はルアーを小さくしたり、重さを軽くするだけが正解ではないということだけ覚えておいてくださいね!

その後もジグヘッドのウエイトアップが正解だったようで、さらい重い2.5gのヘッドに変えて連発していきました。

明らかにここは居そうだなという場所にピンスポットでキャストして引いてくると、ライトソルトタックルでは楽しすぎるサイズが相手をしてくれます。60cm程ですが、今年は中型のシーバスが非常に多いように感じます。

例年であれば20~30cm程までのセイゴばかりになるのですが、今年は40~70cm程のサイズまでが、ライトソルトゲームをしているとかなりの確率でヒットしていますね!

今夜も良い散歩釣行ができたので、満足して終了としました。そろそろサーフの釣りにも行かねば!

中層チニングの釣り方については、こちらの記事に記載してあります。

中層狙いで釣果を伸ばす 、ボトムにつけないチヌゲーム!

2017.08.26

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です