11月の秋のライトゲーム釣行 メッキ・ハタの釣果

メッキ 良型

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回はライトゲーム釣行へ。

マズメは適当に回遊魚を狙い、日が昇ったらハタを狙うプランですね。
11月にもなってそろそろハタの魚影が薄くなってくるのが例年ですが、海水温のためか今年は割と長く魚影が濃い状態ですね。

それ以外の魚種は全体的にかなり微妙で、好調といえる魚は無いと思います(笑)

果たして今回はどんな釣行になったのか?

マズメはメッキの回遊アリ

とりあえず最初はメッキやカマスを狙ってみます。
ポイント的にはメッキがメインになる場所です。

メタルジグでボトム狙い

見た感じベイトフィッシュの回遊もないし、表層には生命感がありませんね。

先発は今シーズンエース的な存在として活躍しているネコメタルから。
控えめなアクションで魚をスレさせにくく、メタルジグですがワームに近い食わせ能力を持っていると感じますね。

沖に遠投してカウントダウンでしっかり底を取り、ボトム周辺をスローに誘います。

チラチラとした最小限のフラッシングで誘いを掛け、フォールを交えていきます。

時間的にはメッキのゴールデンタイムなので、集中して探るとフォール中にアタリ。
合わせを入れたもののフッキングに持ち込めなかったので、そのまま誘いを掛けるとすぐに「ガツン」と根掛かるような追い食い。

再び合わせを入れると今度は無事ヒット。
ゴンゴンという強い突込みで、ドラグも軽く出ます。

メッキ 良型

幸先良く良型をキャッチ。
やはり居ましたな。

とりあえず1匹釣れて連発モードかと思ったんですが、なかなか後が続きません。

どうやら群れが小さいらしく、かなり渋い。

ポイント移動でポツポツとメッキを追加

良い時間ですが、メッキの反応がパッとしないので、ここでポイント移動することに。

次は先ほどよりも水深が深い場所を選びましたが、こちらもベイトの気配はありませんね(-_-;)

次に選んだのはメタルシャルダスの8g。
ブレード付きのジグを投入してみます。

スローなただ巻きとテンションフォールを中心に、時々1~2回ほど軽くロッドアクションを入れたりして探ります。

潮の動きもあまり良くなく、どんよりとした感じであまり生命感がありませんでしたが、しばらくしてアタリ。
若干鋭い突込みはありましたが、重量感はあまりないです。

メッキ メタルシャルダス

若干小さめのメッキを追加しました。

このポイントでその後2匹メッキを釣りましたが、サイズは小型。
群れによってかなり大きさに違いがあるようですね。

ワームも入れてみましたが反応は無く、結構厳しい状況です。

オオモンハタは食い活発

とりあえず朝の良い時間帯も過ぎてしまったので、ここからは狙いを掛けてボトムゲーム。
シーズン終盤のオオモンハタをメインに狙います。

沖の駆け上がりで好反応

ルアーはそのままメタルシャルダスを使いますが、ポイントは再び移動します。

割と水深が深く、シーズン終盤でも釣果が出やすいスポットをチョイスしました。
油断すると根掛かる場所ですが、沖合は基本オープンなのでジグの遠投が高実績。

ボトムをスローなただ巻きでリフトフォールさせていくと、すぐに「ゴゴン」という気持ちいいアタリ。

オオモンハタ 釣果

狙い通り、やはり居ましたね。
ライトゲームすら中々釣れなくなってきている静岡中部では、オオモンハタは貴重なターゲットです。

このパターンで数キャストごとにオオモンハタをキャッチできました。

1度かなり良い突込みを見せる個体がヒットしたんですが、口切れでバラしてしまいました。
30cm近いオオモンハタか、マハタだったのかは不明ですが、姿を見たかったですね。

一通り駆け上がりの斜面のハタに遊んでもらい、反応が無くなったので小移動。

次にやってきたのはさっきよりも根掛かりのリスクがある場所なので、シングルフック仕様のジグに替えて探ります。

ジャッカルのチビメタⅠを選びました。

正直言って癖のある使用感のジグなので万人受けはしないと思いますが、潮抜けの良さと素早いフォールが特徴的ですね。

小刻みにジグを縦に持ち上げ、スルスル~っとフォールさせて落とし込みます。
ハタは意外と早い動きにも反応できる魚なので、問題ありません。

するとすぐに良いアタリがあり、

オオモンハタ 釣果

サイズアップしたオオモンハタをキャッチ。
このパターンで数匹ハタを追加しました。

根掛かりやすい場所ではスローフォールのジグを使うと、ジグが海底付近でスライドした時に根掛かりやすくなったりするんですよね。
後は深い場所や底潮が払い出している場所を軽いジグで攻める時は、あえてフォールが速いジグを使った方が良かったりします。

結局今回はこんな感じで、メッキとハタに癒してもらえました。
海水の色は夏から秋の様子に変わってきていますが、相変わらず生命感はかなり薄いですね。

皆さん苦戦されているようでよく質問なども来ますが、今の静岡中部で魚を安定して釣るのは結構難しいと思います。
時期やパターンによる魚の行動の癖や、釣り場の地形を正確に把握していれば何とか対応できますが、適当に釣りをしてもなかなか狙って釣果を出すのはできないでしょうね(-_-;)

全体的にベイトフィッシュの気配が薄く、色んな魚の魚影が固まっていないように思えますね。

シラスや小型のカタクチイワシが接岸してくれば状況は変わると思いますが・・・・。

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 21月下美人MXメバルモデル68L-S・N
  • リール:シマノ 19ヴァンキッシュC2000SHG
  • ライン:よつあみ リアルデシテックスWX8 0.4号+ サンライン ブラックストリームプラズマ1.75号
  • ルアー:ブルーブルー メタルシャルダス、イッセイ ネコメタル、ジャッカル チビメタタイプⅠなど

おすすめ関連記事

メッキ釣り初心者講座

メッキ釣り 入門 【ここからはじめる】メッキのルアー釣り入門! タックル選び~必要な基礎知識まとめ

メッキ釣りに必要な基礎知識をまるっと解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です