浜名湖チニング釣行 デイゲームでキビレ連発モード!

浜名湖チニング

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回はちょっと足を伸ばして浜名湖までチニング釣行へ行ってきました。

近日中に新天地探しの旅に出掛けようと思っているんですが、その前に静岡のチヌの聖地とされる浜名湖でチニングをやってみようと思いまして・・・・。

浜名湖で釣りをするのはかなり久しぶりで、静岡中部に住んでいると浜名湖へ釣りに行く機会って実はほとんどないんですよね(笑)
どういうわけか浜名湖はスルーしてしまうんですが、キビレを狙うなら地元の静岡中部よりも遥かに釣れるはず。

果たして今回の初浜名湖チニングはどんな結果に?

浜名湖のデイゲームでのんびりチヌゲーム

朝マズメに到着してガッツリ釣りをするのも悪くは無いですが、早起きしていくのも面倒なので9時過ぎに浜名湖へ到着(笑)
マズメの時間の方が楽に釣れるのは間違いないですが、キビレは昼でも釣れるので何とかなるだろうと、ノー天気モード。

下調べなども全くしていないので、とりあえず地図を見て気になる地形の場所へ行ってみることにします。

シャローエリアは小型のキビレのみ

最初にやってきたのは河川絡みのポイント。
誰も釣りをしている人はいませんが、地形的にはチヌが絶対いるはず。

先発は定番のクレイジーフラッパー+フリリグシンカー7g。

とりあえず広範囲をランガンしてよさそうなスポットを探しますが、思ったよりも浅すぎる。

ちょっと高い場所から海中を見てみますが、時々チヌは居るもののかなり数は少ない。
時期的にこの場所は夜釣りか、もしくは夏~秋に良さそうですね。

しかし全く釣れそうな感じでもないので少し釣りを続けていると、ガツガツ系のバイト。

タイミングを見てフッキングしたんですが、針に当たらずすっぽ抜けた感じ。
ワームのズレをなおして同じ場所に再び投入すると食いなおしてきました。

今度は無事ヒットしましたが、引きが軽いですね。

キャッチしたのは30cm位の小さめのキビレ。
カメラを車の中に置いてきてしまったので、そのままリリースしました。

流石浜名湖だけあって、地元静岡よりも魚影は明らかに濃いようですね。
地元だったらこんな簡単にはチヌが釣れるはずないですから。

このポイントでもう1度バイトがあったんですが、釣れてきたのはまた小さいキビレでした。

最初のポイントで2匹釣れてボウズ逃れに成功し、ちょっと場所を移動します。

良い地形の場所が見つからず

さっき海中を見た感じでは、シャローに上がってきているチヌはかなり警戒心が高くて数も少ない。

おそらくシャローフラットを狙うにはまだ時期が早い予感がするので、ちょっと深場が隣接している場所で釣りをしたい。
しかしそのような条件の場所が分からず、何度か移動したもののほとんど釣りをせずに移動の繰り返し・・・・。

実釣時間よりも移動の方が長くなっていますが、釣れそうな条件の場所で狙って釣りたいので、ここは妥協したくない。

深場が隣接するポイントで良型キビレ連発!

その後何か所か回ってたどり着いたポイントですが、見た感じは沖合が深そうで良さそうな気配が・・・。

釣り開始直後にさっそくバイト

とりあえず自分が狙いたかった条件の場所を発見し、ちょっと丁寧に探りを入れていきます。

沖合は水深4m~5mくらいの場所までルアーが入り、手前に駆け上がりがあります。
こういう地形の場所は春にチヌが集まりやすく、釣れる予感がしますね★

所々に大きめの岩も転がっており、根掛からない程度に引っ掛かる感触があってまさに一級ポイント。

釣れそうな気配を感じつつ第2投目、沖の深い場所でさっそくバイト。

ガツッという鈍いアタリでしたが、その後追い食いはなし・・・。
チヌっぽいアタリ方でしたが、ショートバイトなので正体は分からず。

その後数投するとまた沖合で似たようなアタリがありましたが、今度は小さいキビレのような感じ?

一応魚はいるようですが、何かがかみ合っていないのか。

その後歩き回りながら釣りをしたんですがアタリが続けず、予想に反してこの場所での釣果はゼロ。

風が吹いたタイミングで入れ食いモード

その後付近一帯のポイントを探ったもののこれといった収穫は無く、移動も考えました。

しかし、さっき狙った場所の地形がやはり気になります。
経験的には、あの場所にはかなり高確率でチヌが回ってくるはずなんですが・・・・。

移動する前にやはりさっきの場所へ入りなおすことにしました。

気になる場所に戻って釣りを開始すると風が少し強くなってきて、向かい風で波がザバザバ。
これは良い感じに海面が荒れて釣れそうな気がしてきました。

そして駆け上がりに対して斜めにワームをキャストし、ボトムをトントンと叩くとフォール中に抑え込むアタリ。
合わせを入れると良い重量感があり、ドラグも少し出ます。

やっぱり気になっていた場所にチヌが回ってきたようで、このヒットは超嬉しい。
チヌの鋭い突込みを堪能しつつ、無事キャッチ。

浜名湖 キビレ

40ちょい位の良いサイズのキビレでした。
自分を信じて移動しなくてよかったです。

どうやら狙いは正しかったらしく、このスポットをひたすら丁寧に釣っていくとどんどんアタリが出ます★

キビレ

流石に浜名湖のポテンシャル、パターンにハマった時の釣れ方が地元静岡中部とは違いますね。
キビレの型も悪くない感じで、だいたい40cm前後が揃います。

チヌは駆け上がり~一段下がった深場に集まっているようで、パターンを掴んでからは5~10分に1度くらいのペースでアタリがあります。
時々ミスバイトもあってフッキングできないこともありましたが、釣果を伸ばすことに成功。

浜名湖チニング

結局最後にパターンを掴み、同じような条件の場所を小移動して狙ってキビレを6枚追加。
現地の移動時間を含めて3時間半~4時間弱ほど釣りをして、キビレを8枚キャッチすることができました。

浜名湖チニングのポテンシャル

今回は初の浜名湖チニング、場所も全く分からずの状態のデイゲームでこれだけ釣れるのは恐ろしいですね。
時期的にはまだ本格シーズン到来前ですし。

仮に浜名湖で毎日釣りをして細かなポイントや魚の行動パターンを解析し、ガッツリ釣りをしたら・・・・。

1日で50匹・60匹などの釣果が出ても、全く不思議ではないポテンシャルがありますね。
色んな釣りの経験があって基礎がキッチリ出来ている方なら、それくらいは狙って釣れる可能性が十分ある釣り場だと思います(*^_^*)

湖の近くに住んでいる方やチニングに興味がある方は、どこまで釣れるようになるか極めてみるのも良いと思います。

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 月下美人AIRAGSメバリングモデル 78ML-S
  • リール:シマノ 19ヴァンキッシュC2000SHG
  • ライン:サンライン シグロンPEX8 0.5号、シーガー グランドマックスFX2.5号
  • ルアー:ケイテック クレイジーフラッパー2.8インチ+フリリグシンカー7g

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です