晩夏の焼津チニング釣行 トップ&ワームでキビレ・クロダイ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、先日は焼津方面へチニングへ。

ちょっと気になるポイントがあったので、狙い通りにチヌが釣れるか、今回は検証してみます。
ワームで釣るのは既にマンネリ化しているので、トッププラグをメインに釣ってみます。

果たして今回はどんな釣行に?

ほどよい濁りでトップウォーターに反応アリ

とりあえずポイントに到着しましたが、予想通りめちゃ暑い・・・・。
これは短時間で勝負をつけないと体力が持ちませんな。

超シャローを引くと・・・

水質は若干濁りがあり、チヌを釣るには悪くない条件です。
やや波気立っている感じで、こういう時はポッパーの方が良いかな?

今回は首振り系のポッパーではなく、ポッピングサウンドと泡で誘うタイプのルアーをメインに使います。

先発はシマノのライズポップ50F。

このポッパーは5cmという一口サイズですが、7gの重量があるので飛距離も十分確保されています。

軽めのポッピングで浅い場所を中心に誘いを掛けます。

おそらく1キャスト目が勝負になるので、狙うコースはしっかり考えて探る必要があります。
ポイントの地形は既にある程度チェック済みなので、チヌが居そうな場所をタイトに通します。

ランガン気味に釣り歩いていくと、しばらくしたところでポッパーの後方で引き波が発生。

そのまま一定速度でポッピングしていくと、「モワン」という静かなバイト。
しかし穂先に重みは乗らず、焦らずに誘いを掛け続けます。

チヌはしつこくついてきているようですが、なかなかしっかり食い込まない・・・・。

段々ルアーが近づいてきてそろそろピックアップかなぁと思った矢先、至近距離でバシャッと追い食い。

元気な個体でかなり強く突っ込んだので、引きも楽しめましたね。
針が皮一枚で掛かっていたので、ちょっと危なかった。

キビレ 釣果

狙い通り、この場所でもキビレが釣れました。

とりあえず目星をつけていたポイントでトップゲームでチヌをキャッチできたので、最低限の目標は達成できました。
雰囲気的にはまだチャンスがありそうなので、もう少し釣り歩いてみます。

障害物をタイトに探るとクロダイ

その後歩いて少しポイントを移動し、やってきたのは障害物周りにチヌが集まるスポット。
ワームでの実績は既にある場所ですが、狙いが正しければトップでも釣れるはず・・・。

気分転換もかねてルアーをポッピングダックに交換し、同じように一定速度のポッピングで探ります。

ちょっと風が吹いてきてピンスポットにキャストするのが難しいですが、狙いがズレると全く食わないのが静岡のチヌ。
立ち位置を工夫したりしながら、狙いのコースにピンスポットでルアーを入れていきます。

このスポットを探り始めて数投目、いきなりチヌが激しいバイト!
バコンとシーバスのような感じの出方で少しビビりましたが、そのままロッドが引き込まれました。

今度もガツガツした突込み系の引きですが、さっきよりも重量感があります。

ゆっくりやりとりして寄せてくると、真っ黒な影・・・・。

クロダイ 釣果

障害物についていたクロダイをキャッチ。
まさに狙い通り、気持ちのいい1本です。

ポイント移動でベイトの群れ発見

とりあえず良いペースで2枚チヌが釣れたので、最後にちょっと気になっていた場所の様子をみて帰ることにしました。

少し大きく移動して釣り場を見てみると、岸近くにベイトフィッシュの姿が。
ちょうどタイミングが良かったためか、シーバスらしき魚もボイルしています★

ベイトはハクっぽい感じなので、ルアーをペンシルベイトに変えます。

小魚系のベイトを追っている時はペンシル、それ以外の時や風・波がある時はポッパーを使うことが多いですね。

使い方は簡単で、一定速度で動かし続けるだけですが、これも狙うコースやラインの処理で釣果に差が出ます。
特にスレたチヌはラインが魚の前に入ってしまうと逃げてしまうことも多いので、立ち位置などもしっかり計算した方が良いですね。

見た感じベイトは超シャローの駆け上がり周辺に溜まっている感じなので、その周辺に潜んでいるであろうチヌに狙いを絞ります。
さきほどよりも風が弱くなったので釣りやすくなり、キャストは楽です。

チヌがダメでもシーバスが出ればいいなぁと思いながら誘いを掛けると、「バチュッ」というバイト。

キビレ釣果

まずまずな型のキビレをキャッチできました★
シーバスは釣れませんでしたが、ベイトが時々逃げる気配があるので、ちょっとだけワームで探りを入れることに。

リトルスパイダー+5gシンカーでボトムを探ると、数投目にガツガツとアタリ。

キビレ釣果

サイズはダウンしましたが、キビレをキャッチしました。

暑くて長時間の釣りが無理な状況が続いていますが、相変わらずチヌはずっと釣れます。
ワームで釣るのに飽きてきたら、トップやミノー・シンペンなどのプラグで釣ってみるのも面白いと思います。

外道でシーバスが良く釣れることもあるので、やってみると意外と楽しいですよ★

使用タックル

  • ロッド:ジャクソン オーシャンゲートLGMIX 74L-K ST
  • リール:ダイワ21フリームス LT2500S-XH
  • ライン:よつあみ ボーンラッシュWX8 0.6号、サンライン ブラックストリームプラズマ2.5号
  • ルアー:シマノ ライズウォーク50F・ブリームペンシル75F、メガバス ポッピングダック、ケイテック リトルスパイダー3インチなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です