静岡サーフヒラメ釣行 久々の浜でマゴチ・ヒラメの釣果!

静岡サーフ マゴチ

こんにちは、まるなかです。

さてさて、今回は超久しぶりにヒラメを狙って静岡のサーフへ。

 

あまり釣れている情報もないらしく、知人たちもヒラメが全然釣れないらしく。

果たして本当に釣れないのか気になったので、私が様子見へ。

 

というのも、気になる新製品が出たのでその使用感のチェックも兼ねての釣行です。

よつあみ Xブレイド ジグマンウルトラX8

よつあみのXブレイド ジグマンウルトラX8ですね。

今まではウルトラジグマンWX8というアイテムでしたが、ここにきてフルモデルチェンジ。

 

釣り具店で売れているのは間違いなく安いスーパージグマンなんでしょうが、実際に使ってみるとやはり物が違うわけで。

ウルトラジグマンの時からジギングやタイラバ、サーフの釣りなどでもお世話になっていたので、どんな感じに変わったのかチェックしたくなりました。

 

そんな感じで超久しぶりのサーフに出かけたわけですが、果たして結果やいかに??



久しぶりの春の静岡サーフ

ヒラメを狙ってサーフへ釣行するのはいつ以来か分かりませんが、とりあえず地形なども全く分からないのでランガンして様子見を。

 

若干風が強くて釣りにくそうですが、まぁ何とかなる許容範囲な感じ。

サーフとテトラ帯を歩きまわるスタイルで、1時間ちょいの短時間釣行です。

マイクロベイト回遊中

とりあえず適当にポイントに入りましたが、周囲には釣り人が一人もいないですね。

どうやら釣れていないのかな?

 

とりあえずジグかワームを付けて釣りを始めようとしたんですが、久しぶりにボックスをあけたらほとんどのフックがサビサビに(笑)

 

使えそうなアイテムが非常に少なかったんですが、とりあえずフックが無事だったジャクソンのギャロップアシスト スローフォールを選んだ。

このジグはヒラメ狙いにも良い感じで、かなりスローに巻いてもヒラヒラ泳いでアピール力強め。

 

しかし、サイズが18gとちょっと軽めの物しかなかったのが難点ですが、まぁ何とかなるか・・・・。

 

とりあえず沖にジグを遠投して広範囲を探りつつ、地形変化やベイトの有無をチェック。

ワンキャスト毎に歩いて移動していくが、思ったよりも地形は以前と変わっていない感じか?

 

しばらくランガン気味に探りを入れていくと、波打ち際に小型のベイトを発見。

見た感じハクっぽい気がするが、風が強くて良く分からない。

 

マゴチやヒラメは意外と小さい餌を食っていることもあり、シラスを偏食するパターンもあるくらいなので、このハクを食っている可能性も高い。

そういう意味では小粒なギャロップアシストスローフォールは悪くないチョイスかもしれない。

 

手前30m位のところに駆け上がりが形成されているので、その周辺を中心にボトムを小突くようにワンピッチジャークメインで探る。

潮は横方向に流れていて悪くない感じで、風と逆に差しているので横風の割には釣りがしやすい。

 

糸フケが出ないようにロッドは動かさず、リーリングのみでアクションを付けて探る。

 

そして30分くらい経過した時、フォール中にガツッとバイト。

すかさず合わせを入れると懐かしい引きで、ゴンゴン首を振りますね★

 

フックがスーパーライトショアジギング仕様なので無理はせず、沖の方で遊ばせてからキャッチ。

静岡サーフ マゴチ

良く肥えたマゴチを幸先よくキャッチ。

フッキングがリアフック1本だったが、バラしにくいアシスト仕様にしてあったのが良かった。

 

とりあえずボウズ逃れに成功し、やっぱり魚は居ることを確認。

すぐにリリースして次を狙ってみる。

低いレンジを探ってヒラメも

以前として底潮は通っており、釣れそうな雰囲気はある。

 

少し風が強くなってきたが、風を計算してキャストすればそこそこ快適に釣りができる状況。

あまり上の方まで魚が追ってくるような感じはしないので、駆け上がり周辺のボトムを丹念に叩いていく。

 

少しずつ歩きながらポイントを移動し、テトラの上で釣りをしていると再びバイト。

今度はゴニョゴニョしたような懐かしい引きで、これはヒラメかな?

 

フックが伸びないようにゆっくり寄せてくると、上がってきたのは予想通りヒラメ。

タモを使ってキャッチしたが、タモに入った瞬間フックが外れて危なかった。

静岡サーフ ヒラメ 釣果

これでヒラメ・マゴチ両方キャッチ成功。

ラストに雑な引きの魚が

とりあえずマゴチとヒラメの両方が釣れ、もはや満足。

 

来た道を引き返しつつ、ジグを入れてボトム叩き。

途中何か所か駆け上がりがきつめな場所を見つけたので、その周りを丁寧に打つ。

 

小型のベイトフィッシュが結構いるらしく、ジグを波打ち際で回収するとピョンピョン跳ねるのが見える。

その沖側の駆け上がりを丁寧に探るんですが、しばらくして狙い通りにバイト!

 

アワセを入れるとゴンゴン叩く引きなのでマゴチかと思ったんですが、どうやらちょっと違う感じ。

雑で下品な感じで少し横方向に走っていくので、これはアイツかな?

 

斜めにキャストした状態でヒットしたので、ラインが擦れないように浜からテトラに乗ってキャッチ。

静岡サーフ ニベ

やっぱり、ニベでした。

大きいサイズはあまり引かなくなるんですが、中くらいの個体は結構元気に引くんですよね。

 

とりあえず超久しぶりのサーフは短時間ながらも3種目制覇とまずまずな結果に。

もう1度アタリ自体はあったんですが、ショートバイト過ぎてフッキングを入れられず。

1年中魚が釣れる静岡サーフ

とりあえず静岡サーフはこんな感じで、ほぼ1年中ヒラメやマゴチは釣れます。

去年も春はサーフでヒラメを釣ってましたが、朝マズメ封印での月に15~20回弱の釣行で、ヒラメ・マゴチ合わせてだいたい25匹位は釣ってました。

まとまった時間が取れないので釣行時間は1時間半とかそれくらいですが、行けば8割強くらいの確率で魚は釣れました。

 

去年の冬~春はあまり釣れてなかったらしいですが、ちゃんとやればそれくらい釣れるってことです。

 

また、静岡のヒラメはどう考えても朝の方が釣れるので、朝マズメにしっかりやればちょっと難しめの時期でも月に30~50枚くらい釣ることは可能です。

秋~初冬のハイシーズンなら、しっかり通いこんで魚の動きが読めれば月に100枚くらい釣ることも不可能ではありません(実際に全盛期の私が釣ってました)。

 

私自身ヒラメ釣りに通いこんでいた時は半日でヒラメ・マゴチ合わせて15枚とか釣ってたので、しっかり基礎を覚えればこれくらい釣ることはできますよ!

 

そんな感じで、今回は超久しぶりの静岡サーフでヒラメ・マゴチ釣りでした。

エックスブレイドジグマンウルトラX8のインプレッションはまた後日にやります。

使用タックル

  • ロッド:ジークラフト セブンセンスTR モンスターサーフ MSS-1052-TR
  • リール:シマノ 18ステラ 4000XG
  • ライン:よつあみ エックスブレイド ジグマンウルトラX8 1号+サンライン ブラックストリーム6号
  • ルアー:ジャクソン ギャロップアシスト スローフォール18g

おすすめ関連記事

▼静岡サーフのヒラメ釣りガイド

ヒラメ 開拓 条件

静岡サーフのヒラメ・マゴチ釣り 攻略のための基礎講座!

2019年6月10日

おすすめコンテンツ

ブログ村

2 件のコメント

    • 釣れないという声を聞いていたので、気になって出撃してみました。

      魚自体は少な目ですが、基礎基本をしっかりやれば釣れる状況ですね!
      最近は日もかなり伸びてきたので、お手軽なサーフで遊ぼうかと思います★

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です