伊東 サンハトヤ裏の釣り場・ポイント徹底解説

ハトヤ裏

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は伊豆半島の釣り場解説をやっていきましょう。

今日は伊東市のサンハトヤ周辺で釣れる魚や釣り場の様子・水深・地形などを紹介します。

「ハトヤ裏」などと呼ばれることも多い釣り場ですが、足場が悪いので中級者以上の方向けの釣り場ですね。
上物・底物・回遊魚と、時期によって色んな魚が狙えるポイントになっています。

※釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は主に取材当時のものになります。

サンハトヤ裏で釣れる魚

  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • マダイ
  • メジナ
  • カサゴ
  • メバル
  • アオリイカ

  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • マダイ
  • ブリ
  • カンパチ
  • ソウダガツオ
  • カサゴ
  • ハタ

  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • ブリ
  • カンパチ
  • ソウダガツオ
  • カワハギ
  • カマス
  • カサゴ
  • ハタ
  • アオリイカ

  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • メジナ
  • カマス
  • カサゴ
  • メバル
  • アオリイカ

季節により、主にこのような魚種が狙えます。

おすすめターゲット

メジナのフカセ釣り

サンハトヤ裏はテトラ帯が広がっていて、冬~春にかけてフカセ釣りの好ポイントになります。
足元から水深が深く、水深が安定しやすい釣り場ですね。

カサゴ・メバル・ハタなどのロックフィッシュ

オオモンハタ 釣果

手前にテトラ・沖に岩礁帯が広がっているので、カサゴやメバル・ハタ・ソイなどが狙えます。

根掛かりしやすいポイントなので、胴付き仕掛けやオフセットフックを使ったルアー釣り(ワーム)がおすすめです。

青物狙いのライトショアジギング・カゴ釣り

夏~秋を中心にブリやカンパチの幼魚・ソウダガツオなどが狙えます。

足場がテトラ帯になるので、ヒットした魚がしっかり取り込める立ち位置をしっかり決めて釣りをしましょう。

サンハトヤ裏の釣りポイント

サンハトヤ裏 ポイント
  • マリーナ防波堤
  • マリーナ北側
  • しおさい広場裏
  • ハトヤ裏

今回は上記に分けて紹介していきます。

マリーナ防波堤(釣り禁止)

ハトヤ裏 マリーナ防波堤

ハトヤ裏の南側にはマリーナがあり、沖に伸びた防波堤があります。
釣りポイントとして有望そうに見えますが、釣り禁止になっています。

マリーナ北側

ハトヤ裏 釣り場

マリーナの北側付近ですが、テトラに降りて釣りをすることになります。
マリーナ付近はテトラが通路に近く、降りられる場所が何か所かあります。

ハトヤ裏 釣り場

この日は真冬でしたが、メジナ狙いのフカセ釣りの方が数名いました。
全体的に水深は深く、波立ちにくくなっています。

テトラの形は丸形で、装備をしっかりすればそれほど難易度は高くありません。

北側の方へずっと歩いて行けますが、テトラと通路が離れている場所が多くなり、下に降りられる場所は限られてきます。

水深・地形

マリーナの防波堤から50m~60mほど北へ向かった場所のテトラから沖に向かって魚探掛けを行いました。

岸から35mほどの地点で水深は8mほどになっていて、砂泥底混じりの岩礁帯でした。
足元の沈みテトラの向こうまで水深はしっかり確保されていて、沖合からなだらかにかけあがります。

魚探の画像はエラーになってしまい、確認することができませんでした。

しおさい広場裏

マリーナ側から北に向かって歩いていき、しおさい広場の裏に着きました。

ハトヤ裏 釣り場

このあたりまで来るとテトラが低く、通路から降りられない場所が多いです。
所々に梯子が架かっているので、それを利用してテトラに移ることができます。

ハトヤ裏 梯子

水深・地形

しおさい広場の裏辺りから沖に向かって魚探掛けを行いました。

ハトヤ裏 水深 地形

岸から35mほどの地点で水深は10mほどになっています。
南側よりも少し深く掘れた地形になっていますね。

底質は岩礁帯で、ゴツゴツしています。

岸際に寄るにつれて徐々に浅くなりますが、テトラの向こう側で水深は8mほど確保されていて割と深くなっています。

サンハトヤ裏(北側角)

ハトヤ裏

しおさい広場を更に北側に歩いていくと、角になった場所があります。

角付近に梯子が設置されているので、下に降りられます。

ハトヤ裏 北側

ハトヤの裏から北側の眺めです。
向こう側までテトラ帯は続いていますが、北へ行くと遠浅な地形になって水深は浅くなります。

水深・地形

ハトヤ裏の角付近から魚探掛けを行いました。

ハトヤ裏 水深 地形

かなり沖合は深く掘れていて、岸から35mほどの地点で14mほどになっています。
岩礁帯が広がっていて、手前にかけあがりの斜面が形成されています。

かけあがりの手前側は6mほどの水深になっていますね。

南側と比較すると斜面が急になっていて、地形変化は豊富です。

周辺施設

  • 駐車場:あり
  • トイレ:あり
  • 飲食施設あり

ハトヤ裏の駐車場ですが、しおさい広場・伊東マリンタウンの2か所が近くて便利です(どちらもトイレあり)。

サンハトヤ裏 駐車場

しおさい広場の駐車場は狭いので、伊東マリンタウンの方が駐車台数に余裕があって使いやすいと思います。

飲食施設も併設されています。

おすすめ関連記事!

東伊豆の釣り場・ポイント一覧

東伊豆の釣り場 【徹底解説】東伊豆の釣り場・ポイント一覧

東伊豆の釣り場をどこよりも詳しく・徹底解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です