庄内湖 山崎周辺の釣り場・ポイントを徹底解説!

浜名湖 山崎 釣り場

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は浜名湖・庄内湖エリアの釣り場解説をやっていきましょう。

今日紹介するのは山崎ワンド周辺ですね。

山崎ワンドは庄内湖の南側に位置していて、釣り人をよく見かける人気エリアです。
ワンド状の少しえぐれた地形になっていて、魚もストックされやすい特徴があります。

今回の解説を参考に、今後釣行する際の参考にしてもらえたら嬉しく思います。

※釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は主に取材当時のものになります。

山崎周辺で釣れる魚・おすすめターゲット

キビレ 釣果

まずは山崎ワンド周辺で狙える主なターゲットを紹介します。

  • 上物:クロダイ・キビレ・シーバスなど
  • 底物:ハゼ・マゴチなど

主にこのような魚種を狙うことが可能です。

クロダイ・キビレ

山崎周辺は水深が浅いワンド状の地形になっていて、クロダイ・キビレを狙うのに適しています。
平日でもチヌ釣りの方をよく見かけますね。

ルアーを使ったチニングやぶっこみ釣りで狙うのがおすすめで、魚影を目視できることも多いです。

どちらかといえば、キビレが多いような印象があります。

ハゼ

秋になるとハゼ釣りを楽しむ方もよく見かけます。

3m~5m前後ののべ竿を使って岸際をテンポよく釣っていくのがおすすめですが、ちょい投げ釣りで狙うことも可能です。

釣り場風景

山崎ワンド 釣り場

南東側、ワンドの一番奥には運河状になっていて、橋が架かっています。
水の流れに変化が出るポイントですね。

山崎 釣り場

ハンド奥の西側の眺めです。
やや高さのある護岸になっていますが、足場はしっかりしています。

この日はルアーでチヌを狙っていると思われる方が1名いました。

山崎ワンド 釣り場

橋脚の西側からの眺めです。
岸沿いには土嚢のようなものが入っており、魚を取り込む時にはフックが絡む可能性があるので注意が必要です。

山崎ワンド 橋脚

橋脚の下の様子です。
岸近くにはカキガラが付いた岩が転がっていて、沖合は砂泥底になっています。

運河の中心付近は深く掘れており、駆け上がりが形成されています。

山崎ワンド 運河

運河の中はマリーナになっていて、このような石積みエリアが広がっています。

この日は水が澄んでいて、クロダイを何匹か発見しました。
石の影はチヌやハゼを狙う時の好ポイントですね。

山崎ワンド 釣り場

ワンドの奥の方から北側の眺めです。
一帯は石積みになっていて、釣り歩くことが可能です。

山崎 釣り場

岸近くにはゴロゴロした石が入っていますが、沖合はフラットな地形です。
この辺りには良型キビレが何匹か見えました。

山崎 釣り場

湖岸に降りるための階段が何か所かに設置されているので、それを使って石積み護岸に行くことが可能です。

浜名湖 山崎 釣り場

浜名湖大橋側の眺めです。
大きなワンド状の地形になっていることが分かります。

釣り場の水深・地形など

山崎周辺の水深や地形ですが、かなり遠浅な地形なので魚探掛けによる正確な測定ができませんでした。

山崎 釣り 水深 地形

オモリを投げた感触としては、岸から40mほどの地点で水深は約1m前後の場所が多かったです。
運河の中は中央付近が深く掘られていて、水深は1.5m~2mくらいありそうです。

沖合は柔らかめの砂泥底の場所が多く、所々に石が点在しているような底質になっています。
岸近くは石・岩が多めに入っているので、多少根掛かりのリスクがありますね。

駐車場

山崎周辺には整備された駐車場はありません。

山崎

湖岸沿いは砂利道になっていますが、近隣住民の方や通行する車が迷惑にならないようにルール・マナーを守ること。

おすすめ関連記事

庄内湖の釣り場・ポイントまとめ

庄内湖 釣り場 ポイント 浜名湖 庄内湖エリアの釣り場・ポイントまとめ!

庄内湖エリアの主なポイントをまるっと・詳しく解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です