オーシャンルーラー ガンガンジグスローをインプレ。軽快な操作感が特徴のハイアピール型ジグ

ガンガンジグスロー インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。 さてさて、今回はショアスロー対応のメタルジグを紹介。

オーシャンルーラーの「ガンガンジグスロー」の使用感やアクションの特徴を詳しくインプレ。

ガンガンジグスローはセンターバランスの左右非対称・平たい形状で、ショアスロー用ジグとしては定番の形状。
実際に使ってみると、スローなジグ操作に適した特性をバランスよく備えており、使い勝手は悪くない。

比較的偏った特性が無くてオーソドックスに使えるアイテムかな!

ショアスロー用ジグを探している方に、アイテム選びの参考になったらうれしく思う。

▼【おすすめ記事】ショアスローにおすすめなメタルジグを徹底解説!

ガンガンジグスローのスペック・ラインナップ

まずはガンガンジグスローのスペック・ラインナップを紹介。

  • 重量:20g・30g・40g
  • 重心:センターバランス・左右非対称
  • フック:フロントダブル・リアシングルフック付属

 

ガンガンジグスローはスーパーライト~ライトショアジギング向けの展開になっている。

ガンガンジグスロー カラー

出典:オーシャンルーラー ガンガンジグスロー商品紹介ページ

カラーラインナップは上記の通りだ。

ガンガンジグスローを「サクッと」インプレ

ガンガンジグ スロー 釣果

ガンガンジグの詳しいインプレッションを進めていく前に、私なりの印象をざっくりまとめておこう。

  • 飛距離:ショアスロー用ジグとしては平均~やや優秀
  • 操作感:形状の割に引き抵抗が軽い。速い誘いには不向き
  • フォール:イレギュラーにスライドしつつ、ロールを伴う水平フォール
  • アクション:スローなジャーク・巻きでもレスポンス良く立ち上がる
  • 使い方:主にスロー~中速の誘い向け
  • ターゲット:フラット・根魚を中心に青物にも対応できる

 

簡単にインプレするとこんな感じで、ショアスロー用ジグとして基本的な性能をキッチリ備えている。

飛距離

ガンガンジグスローの飛距離について、詳しく紹介していこう。

無風時の飛行姿勢は比較的良好

実際に私がこのジグをキャストした印象としては、無風~弱風時の飛距離は思ったよりも良かった。

ガンガンジグ スロー 飛距離

ガンガンジグスローはショアスロー用ジグの中でも比較的平たい形状をしている。
しかし、風が弱い状況下では大きく飛行姿勢が乱れることはない。

ロッドをしっかり曲げ込んでキャストすれば20gのモデルで80mそこそこ、30gのモデルで90m後半~100mほどの飛距離を計測(ラインのマーキングにて)。

ショアスローモデルではないセンターバランスのジグと比較すれば多少飛距離は落ちるものの、形状の割にはキャストしやすいジグだね!

向かい風・横風の影響は受ける

一方で横風や向かい風が少し強く吹いた場合。
このような状況下では平たい形状の為、飛行姿勢が乱れて飛距離が落ちやすい傾向がある。

激しくグルグルと回転してしまうようなことは少ないが、細かくジグがパタパタと動いてしまって失速しやすいかな。

ガンガンジグ スロー 風 飛ばない

風が強い時は若干リアバランス寄りのジグを使用したり、ボディに厚みがあるショアスロー対応ジグを使った方が快適に釣りができるね。

ガンガンジグスローの特徴・操作感

ガンガンジグスロー 操作感

次はガンガンジグスロー使用感・質についてインプレしていこう。

操作感が軽い

かなり薄い形状をしているガンガンジグスロー。
実際に使ってみてすぐに感じたのは、ジャークや巻きにおける操作感の軽さ。

基本的にメタルジグは平たい形状になると、潮をしっかり受けるので操作感が重たくなりやすい。

その点このメタルジグは、スローに巻いてもアクションをする割に抵抗感が重たくない。
これは特に深い場所や潮が払い出す場面などで釣りの快適性を大きく左右しやすい。

低速~中速の誘い向け

ガンガンジグスローを扱う時は、あまり高速リトリーブには向いていない。

操作感自体は軽いが平たい形状をしているので、ジグが潮をしっかり受けやすい。
ショアスロー用ジグの中でもスローな誘いに特化したアイテムのように感じる。

なので速いピッチで誘ったり、巻き速度を上げて使用するとジグが回転したり・バタバタと暴れやすい傾向がある。

私的には、1秒間に1回~1.5回くらいのジャークで扱いやすい印象アリ。

フォールアクション

ガンガンジグスローのアクションの質について、少し詳しくインプレしていこう。

滞空時間のあるフォール

フォールアクションはショアスロー用ジグらしく、水平姿勢の沈下を見せる。

フォールスピードはショアスロー用ジグとしては平均~やや遅めの印象。
ヒラメやハタ・カサゴなどの底物狙いでも狭い範囲を丁寧に探りやすい。

イレギュラーなスライドが入る

ボディ中央付近のエッジが鋭く刻まれており、フォール中はロールアクションが入ってアピール力はしっかり確保されている。

ガンガンジグスロー アクション

アピール力はショアスロー用ジグとしてはやや強めな印象がある。
ただしフォールアクションが派手すぎることは無く、オールラウンドに使いやすい。

また、ロールを伴った水平姿勢の沈下の中に、イレギュラーにスライドするアクションが入る。
これによってある程度オートマチックに食わせの間を作ってくれるので、難しいジャークをしなくてもOK。

小刻みなロッド操作でジグを持ち上げ、フォールで食わせるアクションが誰にでも簡単に演出しやすいね!

ガンガンジグスローの使い方・アクション

私なりのガンガンジグスローの代表的な使い方を紹介していこう。

ガンガンジグ 青物 釣果

表層から少し沈ませてヒットしたシイラ。
軽めのジャーク・巻きのコンボネーションにて。

ボトム付近のワンピッチ・1/2ピッチジャーク&フォール

最もベースとなるのは中層~ボトム付近のジャーク&フォールの組み合わせになる。

とりあえずは1ピッチジャークを基本に、より細かく・丁寧に探りたい時は1/2ピッチジャークも合わせて使用する。

比較的ヒラヒラ感が強いジグなので、ロッド操作は若干ゆったりめを意識すると良いかな。
短い距離で強くロッドを弾く場合は、厚みがあってクイックに動くジグの方が向いていると感じる。

基本は穂先をチョンチョンと30cm~数十センチくらい軽く動かしつつ、合わせてリールのハンドルを巻いて操作ようにしている。

そしてジャークの後はフォールを入れるが、フォールに入る瞬間に一瞬ラインテンションを抜くことが多い。
その方がジグのフォールアクションを引き出しやすく、イレギュラーなスライド・ローリングが出しやすくなる。

ただし潮が速い時や風が強い時はラインテンションを強めに掛け、ジグが流されすぎないようにコントロールする。

基本的な流れとしては、

  1. ジャークをハンドル2回~5回転くらい
  2. 一瞬テンションを抜いてフォール

 

このような繰り返しで探ればOKで、ヒラメや根魚を狙う時は海底付近を

  1. ジグを着底させる
  2. ジャークや巻きで持ち上げ
  3. フォールで再び着底

 

この繰り返しで探る。

ジャークの回数は1キャストの中でも少なくしたり・多くして動きに変化を出すようにしよう。
毎回決まった回数のアクションとフォールの組み合わせだけだど、動きが単調になって食わせきれないことがある。

ただ巻き&フォール

基本的にはロッド操作を使ってジグにアクションを与えるが、時々ただ巻きを混ぜるのも効果がある。
平たい形状でレスポンスは良好で、スローに巻いてもしっかりとアクションしてくれる。

ガンガンジグスロー 使い方

特にブリやマダイなどは、ジャークよりも巻きのヒラヒラとした横方向のアクションに反応が良いこともあるぞ。
ただ巻きの場合は、ハンドルを数回~10回くらい巻いたらフォールを入れてジグを沈めなおすのがベーシックなパターン。

一方でヒラメやハタなどを狙う時は、ただ巻きよりもジャークを入れて縦方向にジグを動かすことが多くなる。

魚種によって反応しやすい動きは多少違いがあるので、探り方が単調にならないように注意しよう!

狙えるターゲット

ガンガンジグスローで狙えるターゲットについて、私なりの印象を紹介しておこう。

ヒラメやマゴチ・ハタなどの底物

ガンガンジグスローはレスポンスが良く、フラットフィッシュや根魚全般に対応できる。

底物以外にはマダイなどをキャッチしており、ボトム周辺をスローなジャークや巻きで探ると色んな魚が狙える。

青物狙いの場合

一方で青物狙いの場合は、緩急をつけた誘いが少し苦手になる。

ショアスロー用のジグにも実は色々特性があり、アイテムによっては少し速めの誘いにも対応しやすいものもある。

ガンガンジグスローはゆったりとした誘いに重点を置いたジグという印象があり、カンパチなどを狙うにはもう少し潮抜けが良いジグの方が使いやすい。

ショアスロー 釣果

緩急をつけて使用するなら、私の場合は「オーナーの投次郎」や「ダイワのサムライジグスロー」の方が使いやすいと感じる。

▼【関連記事】投次郎のインプレッションはこちら
オーナー 投次郎オーナー投次郎をインプレ。青物狙い~底物狙いまで対応のショアスロー対応ジグ!
▼【関連記事】サムライジグスローのインプレッションはこちら
サムライジグ スローダイワ サムライジグスローをインプレ。超小粒で速めの誘いにも対応できるショアスロー系ジグ!

ガンガンジグスローの欠点

ガンガンジグスローはゆったりとした誘いに使いやすいメタルジグ。
しかし、フックが錆びやすいのが欠点だろう。

金針がすぐに錆びる

ガンガンジグスローに標準装備されているアシストフックだが、餌釣り用の金針(胴打ちの大アジ針)がセットされている。

ガンガンジグスロー フック 錆びる

実際に使ってみるとこれが非常に錆びやすく、水洗いしても錆びてしまって使いにくいね。
快適に使うなら、防錆性に優れたアシストフックに変えた方が無難。

おすすめ関連記事!

▼【基礎基本をまるっと解説】ショアスロー初心者講座

ライトショアジギング ティンセル デメリットショアスロー初心者講座 タックル選び・必要な知識を基礎から解説!

▼ショアスローにおすすめなメタルジグを徹底解説!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です