タックルハウス ショアーズストリーマーを徹底インプレ!

ショアーズ ストリーマー インプレ 使い方

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はタックルハウスから発売されているライトゲーム用ルアーシリーズ、ショアーズストリーマーの特徴や使い方のコツなどを詳しくインプレ。

ストリーマーは独特なフォルムで何となく敬遠してしまう方が居るかもしれませんが、パターンにハマるとメッチャ強い破壊力を備えています。

状況次第で、プラグやジグ・ワームに釣り勝つ可能性を秘めていますよ!

忖度なしにインプレしていくので、ルアー選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 釣りのために仕事を辞めて移住
  • 現在は魚釣りで生計を立てています
  • 年間釣行数300以上(現在はほぼ365日釣行)
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • メーカーの商品開発時に私のタックルインプレッションを活用

こんな感じでほぼ毎日釣行を重ねて釣りを中心に生活していて、実釣実績も残しています。

釣果実績については釣行記やTwitterを見てもらえれば、ほぼ毎日様々な魚を釣っていることが分かると思います(一番更新頻度が高いのはTwitter)。

ショアーズストリーマーのスペック・ラインナップ

  • ストリーマー32
    • 全長:32mm
    • 重量:1.8g
    • フック:#18
  • ストリーマー38
    • 全長:38mm
    • 重量:2.8g
    • フック:#14

サイズ展開は2種類ですが、どちらもライトゲーム用ルアーとしてかなりコンパクトなサイズ感。

ストリーマーはヘビーシンキングペンシルやメタルジグのようで少し違う、独特な構造・アクションをしています。

ストリーマーを「サクッと」インプレ!

ショアーズ ストリーマー 釣果

ショアーズストリーマーの使用感や特徴を詳しく解説する前に、私なりのインプレッションを簡単にまとめておきます。

  • 飛距離:カッ飛び!
  • フォール:水平姿勢の素早いフォール
  • アクション:巻き速度でアクションが変化。スローに巻いた時の高速ローリングが秀逸!
  • 使い方:ただ巻きがメイン。その他トゥイッチ&フォールなど
  • ターゲット:アジ・メバル・セイゴ・メッキなどにおすすめ
  • 適したシチュエーションなど:シラスやキビナゴなどの小魚系ベイトパターンに最適。ワームやジグを見切ってくる時にもハマると好反応を示すことがある

ざっくりインプレするとこんな感じですね。

使用感としてはジグヘッドリグやマイクロサイズのメタルジグに近い感覚で使えますが、独特なローリング・テールスイングで誘いを掛けることができます。

マイクロサイズの小魚を食う状況下で特におすすめ!

飛距離

ショアーズストリーマーは独特な構造をしているルアー。

ボディ下部はシンカーになっていて、その土台の上にボディが乗っているような構造ですね。

コンパクトなボディで高比重、低重心設計も相まって遠投性能は文句なし。

メタルジグやジグミノーのようにキャストすることが可能。

私がショアーズストリーマーの小さいサイズ、32mmのモデルをPEライン0.3号のライトゲームタックルでキャストすると、だいたい30m台中盤の飛距離。

飛行姿勢の安定度や風への強さなども非常に優秀ですよ!

まるなか

ストリーマーはメタルジグに近い遠投性能を確保。
小粒ながらかっ飛ばせるよ!

フォール

ショアーズストリーマーは前後に長いウェイト設計になっているので、沈下姿勢は水平気味。

高比重なルアーなのでフォールスピード自体はやや速めですが、水平姿勢をキープするので尻下がりに沈下するルアーよりは滞空時間が確保されています。

フォール中はローリングアクションが混じり、ピラピラと動いて自発的にアピール。

巻きで誘いを掛けるのも得意なルアーですが、フォール中のバイトもしっかり誘えます。

ストリーマーのアクション・使い方

デッドスローのただ巻き

ストリーマーの使い方ですが個人的に一番気に入っているのがデッドスローの巻きですね。

スローなリーリングでストリーマーを操作すると操作感はかなり軽めなんですが、まさに絶妙な超高速ローリングアクションを発生。

非常に細かく・ハイピッチでルアーが震えるようにアクションし、巻くだけで勝手に魚を引き付けます。

ストリーマーのスローリトリーブは、小魚系ベイトを食う魚に対して非常に強い破壊力を発揮することがありますね!

ワームや他のプラグを見切ってくるような状況下であっても、ストリーマーをスローに巻くだけでなぜか不思議とバイトが出続けることがあります。

この超細かいローリングアクションは他のルアーでは中々出すことができませんね。

ストリーマー アジング

アジングではワームがメインになりがちですが、ストリーマーのパターンにハマるとボコボコ釣れますよ!

中~高速巻き

デッドスローリトリーブでは超ハイピッチなローリングでアクションしますが、巻き速度を上げると動きが変化。

スピードアップさせていくと、アクションのピッチがスローになり、フラフラとワイドなスイングに変化。

アピール力としてはかなり控えめで、シンキングペンシルのような感覚で扱うことができます。

中~高速巻きはメッキやデイゲームのアジ・セイゴ狙いやナイトゲームでも積極的にベイトを追いかけまわしてライズするような状況下におすすめ。

また、巻き速度に変化を与えてハイピッチローリングとゆったりめのテールスイングをコンビネーションさせるのも良いですね!

トゥイッチ&フォール

使用頻度はあまり高くないですが、小刻みでやや速めのピッチでロッドアクションを与え、直線的な動きでストリーマーを持ち上げていく使い方もできます。

アジやメッキなどの回遊魚狙いにおすすめで、中~高活性な魚を探すような時に使いやすいです。

ストリーマー 青物 釣果

ロッドアクションに対する動きは大きくないので、速め・連続的な誘いで見切らせずに操作することを意識していますね。

ロッドアクションはシェイクに近い感じで3~8回ほど連続で与え、その後ラインが張るかどうかの状態でフォールさせるのが基本パターン。

まるなか

巻き・ロッドアクションともに使うことができるけど、スローに巻いた時のローリングアクションがめっちゃいい感じ!
デッドスローで巻いても高速ローリングする不思議な動きだね

適したシチュエーション

アジ・メバル・セイゴ・メッキなどにおすすめ!

ショアーズストリーマーはライトゲーム五目釣りに使えるルアーですが、30mm台というかな小さなボディなので20cm台中盤くらいまでの魚を狙う時にちょうど良いですね。

小型~中型までのアジやメバル・セイゴ・メッキゲームなどにピッタリ。

ストリーマー 釣果

10cm台など、釣れる魚が小さい時でもオーバーアピールになりにくくて使いやすいですよ!

小型の小魚系ベイトフィッシュパターンに

ストリーマーはシルエット的にかなり小さな小魚に似ているというのもありますが、フォールスピードはやや速めでジグ単やライトウェイトのメタルジグなどを合わせたような使用感。

ですので、ジックリとルアーをフワフワ漂わせて使用するというより、常にスローに巻いてアクションを与え続けたり、キビキビと動かして操作するのに向いています。

プランクトンなどの遊泳力が低いベイトを食うパターンでも使えなくはないですが、小魚系のベイトフィッシュが多い時に効果を発揮しやすい印象ですね。

シラスやキビナゴ・コウナゴ・ハク・稚アユなどを食うアジやメバルなどに強いですね!

コンディション次第ではワームにも全く負けないくらいの釣果を出せたり、むしろストリーマーの方が良く釣れることもあります。

まとめ!

ストリーマー アジ

今回はタックルハウスのショアーズストリーマーのインプレをしました。

  • コンパクトシルエット+高比重でカッ飛び!
  • 水平姿勢のやや速めのフォーリング
  • デッドスローで絶妙な高速ローリング!巻き速度を上げるとゆったりめのスイミングに変化
  • マイクロサイズの小魚系ベイトを追う状況下におすすめ
  • 状況次第でワームに釣り勝てるくらいのパワーを秘めたルアー

要点をまとめるとこんな感じですね。

特にデッドスローで巻いた時のかなりハイピッチなローリングスイムは、ストリーマーの大きな特徴で武器になりますね!

スレた魚にこそ、このスローな巻きが効いたりするので興味がある方は使ってみてください。

ワームとは違った楽しさが味わえるルアーですよ~。

おすすめ関連記事

【実釣比較】アジングにおすすめなメタルジグ解説

アジング メタルジグ おすすめ 【実釣比較】アジング用おすすめメタルジグ・選び方徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です