バリバス マックスパワーPE X8 ライムグリーンを徹底インプレッション

マックスパワーPEX8ライムグリーン インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はバリバスから発売されているPEライン、マックスパワーPEX8(ライムグリーン)の使用感を詳しくインプレしていきます。

バリバスのマックスパワーシリーズは色々種類がありますが、このラインはショアゲームのオールラウンダー的な位置づけ。

マーキングが一切無いので、シンプルな単色のPEラインを探している方におすすめですね!

忖度なしにインプレしていくので、ライン選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

  • 年間釣行数:250~300以上(基本毎日釣りをしています)
  • 餌・ルアー・フライなど、渓流釣り~船釣りまで各種の釣りができます
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • 釣具店やメーカーにて私のタックルインプレや釣り方の利用・掲載あり

こんな感じで毎日フィールドに立っている釣り好きで、それなりの実績・信頼を得ています。

バリバス マックスパワーPE X8 ライムグリーンのラインナップ

  • 号数:0.6号、0.8号、1号、1.2号、1.5号、2号
  • 長さ:150m、200m
  • カラー:ライムグリーン単色

号数は0.6号~2号となっていて、ライトゲームを除けばオールラウンドに使えるところが揃っています。

バリバス マックスパワーPE X8 ライムグリーンを「サクッと」インプレ!

マックスパワーPEX8ライムグリーン 釣果

詳しいインプレに進む前に、マックスパワーPEX8ライムグリーンの使用感について、私なりの印象をざっくりとまとめておきます。

  • 実際の太さ:国産PEラインとしては平均レベル
  • 視認性:安定して見やすい。曇天時に少しぼやけるか
  • 強度:メチャクチャ強いわけではないが、信頼して使える
  • 耐久性:根ズレすれば毛羽立つが、キャストを繰り返しても劣化しにくい
  • ハリ・コシの強さ:平均(バリバスのPEラインとしてはやや硬め)
  • 感度・伸び:平均クラス
  • 飛距離・滑りの良さ:表面の滑らかさは十分

簡単にインプレするとこんな感じですね。

大きく目立つラインではありませんが、マックスパワーPEらしい安定した強度・耐久性で信頼して使えます。

程よいコシがありつつも極端に極端に硬くはなく、長く・信頼して使えるラインを探している方におすすめですな。

実際の太さ

マックスパワーPEX8ライムグリーンですが、太さに関しては号数表記通りの使用感。

マックスパワーPEX8 ライムグリーン

国産メーカーのPEラインらしく、号数に対して変にかさばるようなことはことはなく、キッチリとリールに巻き取ることが可能ですね。

私が使用しているのは0.6号のモデルですが、特に太くもないですし、逆に細いこともありません。

よつあみのPEライン(リアルデシテックスやボーンラッシュなど)は一部かなり細めに作られていますが、それよりもやや太めです。

表面コーティングによるかさ張りなども目立たず、不満はないですね。

視認性

安定して見やすいライムグリーン

マックスパワーPEX8ライムグリーンですが、やや薄めの色合い。

ローライト時でもそこそこ見やすく、ピンクやオレンジと比較すると目立ちすぎず、自然に見えますね。

単純な見やすさとしては、よりコントラストがハッキリする、少し濃いめのピンクやオレンジよりも若干劣る気がしますが、この辺りは好みでしょう。

また、このラインは10m毎の色分けや1m毎のピッチが刻まれていないので、完全な単色。

サバフグなど、ラインのマーキングがあるとラインを切ってくるような外道が多い時にも使いやすくなっていますよ!

曇天時の視認性

程よい見やすさと馴染みのバランスが良いラインですが、個人的には少し明るい曇天時、ラインを見上げた時に少し見にくいように感じましたね。

使用しているラインが細めの0.6号という事もあると思いますが、状況によっては空の色と同化してしまうような感覚がありました。

そこまで不満は感じていないので特に気にしてはいませんが、見やすさだけを考えるなら蛍光ピンクなどのラインが好きかな。

マーキング無しのデメリット

マックスパワーPEX8ライムグリーンは完全単色のラインなので、デメリットも存在します。

ライン全体のフケ具合などを見るネイティブトラウトやシーバスゲームには問題ありませんが、エギングなど、ちょっとした糸ふけの変化をマーキング(色の分かれ目)で見たい時は変化が分かりにくいです。

ラインの一点を見て釣りをしたい時は、やはりマーキング付きのPEラインがおすすめ。

強度

ラインの強度ですが、0.6号(MAX14.5ポンド)をFGノット・PRノットで結束してそれぞれ3回連続で引張強度を測定してみました。

  • FGノット:約5.1kg~5.2kg
  • PRノット:約5.2kg~5.4kg

強度についてはこんな感じで、だいたい5kg+α程度の強さが出ています。

引張強度が他のラインと比較してメチャクチャ強いというわけではありませんが、安定した強さと信頼性はしっかりあります。

これまで各社のPEラインを使い比べてきていますが、強度表示の8割前後出ていれば十分というのが実際の所。

8本編みの0.6号のPEラインですと、だいたい5kg前後の強度が出ていれば、特に弱さを感じることはありませんね。

クロダイ 釣果

私の場合はチヌやカサゴ・ヒラメ・マゴチなどを狙う五目ゲームで使用していますが、強さは十分。

年無しチヌや60オーバーのマゴチなども多数キャッチして実釣を繰り返していますが、しっかりテンションを掛け、信頼してやり取りができています。

多少ラインが根ズレしても簡単に「プチッ」と切れにくく、多少は粘ってくれるラインなので、安価なPEラインよりもワンランク上の使用感ですよ!

耐久性

色落ち

ラインの色落ちについてですが、ラインをリールに巻き取る時、初期使用時にガイドリングに緑色のカスが付着しました。

マックスパワーPE ライムグリーン 色落ち

実釣前はどうなるかと思ったんですが、表面の余分な塗料やコーティングが落ちただけで、その後の色落ちは比較的ゆっくりです。

マックスパワーPEX8 ライムグリーン

これが初期状態。

マックスパワー 色落ち

その後使用を続け、45~50時間ほど使用した状態がこちら(細かくラインはカットして使っています)。

実釣を繰り返すことで流石に色落ちは進んでいますが、明るいカラーのラインとしては、割とよく持っている方ですね。

すぐにラインが白くなってしまうということは無く、価格に見合った性能ですな。

毛羽立ちなど

一方で使用を重ねる上での毛羽立ちですが、岩などに擦れれば当然ライン表面は毛羽立ちますが、広範囲にダメージが広がりにくく、エントリークラスのコスパ系PEラインよりも耐久力は上。

キャストを繰り返してもラインがザラザラになりにくく、コーティングスプレーなどを合わせて使うことで、より長く使えるPEラインになっています。

編みの密度も安定していて、糸潰れや糸ヨレ・ほつれなども目立ちにくく、耐久力はかなり優秀。

マゴチ 釣果

65cmクラスの大型マゴチをキャッチ。

使い込んでも強度の低下は起こりにくく、信じて使えるラインです。

まるなか

マックスパワーPEシリーズは高い耐久性が良さだったんだけど、このライムグリーンモデルもしっかり持つラインになっているよ!

ハリ・コシの強さ

マックスパワーPEシリーズの中ではやや硬め

バリバスのマックスパワーPEには色んなアイテムがあります。

全体的な傾向としては、どちらかというと柔らかめでシルキーなものが多いです。

今回インプレしているライムグリーンモデルは、他のマックスパワーPEシリーズを比較するとやや硬めでしっかりとしたハリ・コシがあります。

マックスパワーPE ライムグリーン 硬さ

新品時の状態はこんな感じで、ピンと伸ばしても折れ曲がりません。

その後実釣を繰り返していくと徐々にしなやかになっていきますが、コシが全くなくなってフニャフニャにはなっていません。

PEライン全体としては平均~程よいハリ

バリバスのマックスパワーPEシリーズの中では硬めの仕上げですが、各社のPEラインと比較すると、「平均~わずかに硬めかな?」くらいの印象ですね。

硬くてパリパリしたPEラインが嫌いな方にも使いやすく、個人的にはちょうど使い勝手が良い仕上がりだと感じます。

強風時の使用でもラインがガイドに絡んだり、バックラッシュすることも無く、快適に使えています。

感度・伸び

感度に関しては、程よく硬さがあるラインなので、風を受けても直線状態をある程度保ちやすく、特に不満はありません。

だからといって特段感度が良いという感じもしないので、不満はなく普通に使えるレベル。

十分使えて小さなアタリもキャッチできるラインですよ。

飛距離

飛距離に関しては、8本編みPEラインのキメ細かな表面の滑らかさがあり、スムーズなロングキャストが可能です。

新品の状態での滑らかさはもちろんですが、実釣を重ねてもゴワゴワしにくく、高い耐久性と相まって飛距離も安定していますね。

キャスト・リトリーブ中の糸鳴りもかなり少なくて良い感じ。

まとめ!

今回はバリバスのマックスパワーPEX8ライムグリーンのインプレをしました。

  • ラインカラーは色分け・マーキングが一切ない単色仕様
  • マックスパワーPEシリーズとしては少し硬めで程よいハリ・コシがある
  • 劣化には強く、高い耐久性

要点をまとめるとこんな感じで、中価格帯のラインとしてしっかり信頼して使えるPEラインになっていますよ!

おすすめ関連記事

当メディアで紹介するアイテムは全て管理人の実釣・実績に基づいたものになっています。

コスパ系おすすめPEライン紹介

【実釣比較】安いけど使いやすいおすすめPEラインを5つに厳選!【コスパ優秀】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です