ライトワインドでカマス釣り タックルバランス・選び方のコツを基礎から解説

ライトワインド カマス
こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はライトワインド講座をやっていきましょう。

今日のテーマはカマスをライトワインドで狙う時のタックル選びについて。
シチュエーションによるアイテム選びのコツなど、基本的な知識を実釣経験を基に解説。

カマスは状況によって釣れやすいアクションに差があり、ライトワインドを使うことで効率よく釣果を上げることもできる。

ただし、ワームを動かす釣りは下手に使うと逆効果になることもあるから要注意。

今回は状況に合わせた狙い方なども交えて紹介していくので、今後の釣行時の参考になったらうれしく思う。

まるなか

ライトワインドでカマスを狙う時の基礎基本を覚えよう!

カマスをライトワインドで狙うのに適した条件

カマスをルアーで狙う際、ライトワインドが効果的になりやすい場面について紹介していこう。
状況によってはダートアクションをさせない方が釣りやすいこともあるので、しっかり使い分けをしたい。

朝・夕マズメ、日中がメイン

カマスは昼でも夜でも狙うことができる魚。
その中でもワームをダートさせるライトワインド・マイクロワインドが効きやすいのは、朝夕マズメとデイゲームになりやすい傾向がある。

カマス ライトワインド 時間

朝夕マズメの港活性な回遊性が高いカマスをアピール力が高いワインドアクションで誘ったり、日中の低活性なカマスはボトム周辺や障害物の際を探って捕食スイッチを入れて食わせることができる。

一方でナイトゲームの場合は、ワインドが逆効果になることもあるので気を付けたい。

関連記事

ただ巻きと使い分けよう

夜釣りで常夜灯周りに浮いたカマスを狙う時や、日中でもスローな動きにしかカマスが反応しない場合。

カマス ただ巻き ライトワインド

このような状況では、ワインドアクションよりもストレートワームやシャッドテールワームを使用したシンプルなただ巻きの方が効果的になることがある。

カマスは状況次第で激しく動くワームを嫌ったり、すぐにスレやすくなる場合も意外と多い。

特に回遊性が低くて同じ場所でカマスがジッとしている状況では、ルアーは無駄に動かさない方が魚にプレッシャーを与えにくい。
狭いスポットに潜むカマスを狙い撃つ時や、大きく動くルアーは嫌がる場面では「ワインドを使わない」というのも重要な選択肢の1つになる。

カマス 釣果

特に回遊性が低くて同じ場所でカマスがジッとしている状況では、ルアーは無駄に動かさない方が魚にプレッシャーを与えにくい。狭いスポットに潜むカマスを狙い撃つ時や、大きく動くルアーは嫌がる場面では「ワインドを使わない」というのも重要な選択肢の1つになる。

▼【関連記事】ただ巻き系おすすめワームを紹介

カマス カラーローテーションカマス釣り用ワームの選び方・おすすめアイテムはコレ!全て実績・使い易さを基準にセレクト

ライトワインドのカマスゲームに適したタックルバランス

ライトワインドでのカマスゲームに使う「基本のタックルバランス」について紹介していこう。

ロッド

カマス ライトワインド ロッド

ロッドは主にアジング・メバリングロッドといったライトゲーム用のロッドを使うのが無難。
ただしカマス釣りでは少し重ためのジグヘッドを使うことも多いので、柔らかいロッドはあまりおすすめしない。

ロッド操作を与えやすいアジングロッド、または反発力がしっかりあるメバリングロッドを選ぼう。

ロッドの長さに関しては

  • 足場が低い漁港内:7フィート前後
  • 防波堤や外洋に面したポイントも狙う:7フィート後半~8フィートクラス

これくらいを目安にするのがおすすめ。
私の場合は漁港内用のロッドは7フィート1インチ、遠投も視野に入れる場合は7フィート8インチを使用している。

カマス ライトワインド ロッド 硬さ

ロッドの硬さ・パワーに関しては、最低でも5gクラスのジグヘッドがフルキャストできるものを選ぶ。
防波堤など、大場所での使用も視野に入れるなら7gクラス。できれば10gクラスのジグヘッドまで快適に扱えるものを選んでおくと、汎用性が高いはず。

深い場所を攻めたり、風が強い時はロッドのパワーが強めの方が扱いやすいことも多い。

パワーランク的にはL~MLクラスがおすすめ。

▼【関連記事】ライトワインド用ロッド選びを解説

ライトワインド メッキ 釣果ライトワインド・マイクロワインド用ロッド選びのコツ・おすすめアイテムを徹底解説!

リール

ライトワインド カマス リール

ロッドに合わせるリールだが、だいたい30cm~40cm位までのカマスを狙うなら2000番が目安。

  • シマノ:C2000
  • ダイワ:LT2000

これらのリールを選んでおけば間違いなく、ロングロッドや太めのラインを使うなら2500番クラスを使っても良い。
よくわからなければ2000番を選ぶのがおすすめだ。

次に重要なのは、リールのギア比選び。
リールのギア比は狙い方にもよるが、私の場合はハイギアリールをメインに使っている。

  • 常夜灯周りの釣りがメイン:ノーマルギアまたはハイギア
  • マズメ・デイゲーム:ハイギア

私の場合はこのように考えており、ギア比が低いローギアリールは使用していない。

ギア比選びは最終的には好みになるが、カマス狙いの場合はアジやメバルほど細かい誘いは使わないことが多い。
なのでライトワインドに使うなら「どちらかといえばハイギアリール」が無難かな。

▼【関連記事】ライトワインド用リール選びを解説

カサゴ アジングロッド メバリングロッドライトワインド用リールのおすすめな選び方・コツを徹底解説!

ライン

カマス狙いに使用するラインだが、基本的にはPEラインが無難。
号数の目安は0.3号ほどを基準に、私の場合は0.3号~0.4号でほぼオールシーズン対応している。

PEライン カマス

0.3号がベースで、釣れるカマスが40cm前後の時や同時にカサゴなどを狙いたい時に0.4号を使うことがある。

  • PEライン0.3号~0.4号を75m以上(150m巻くことが多い)
  • リーダー:フロロカーボン7ポンドを矢引(半ヒロ)~1ヒロ

このようなタックルバランスで釣行している。

カマスは歯が鋭い為、4ポンドや5ポンドなどの細いリーダーを使うとラインブレイクの可能性が高くなるから気を付けよう。
私の場合は7ポンド以上を使用しているぞ。

▼ライトワインド用ライン選びを解説

ダート8ライトワインド・マイクロワインド用ライン選び・おすすめアイテムを徹底解説!

スナップ

ライトワインド スナップ

カマス狙いでは、リーダーを歯から遠ざけるために必ずスナップを使用した方が良い。
30cm中盤くらいまでのカマスならアジング・メバリング用のワンタッチ式のスナップでもOKだが、40cm以上の型物を狙う時は一般的な形状のスナップを選んだ方が無難。

迷った時は強度を重視した一般的な形状のスナップを選ぶと良い。
サイズは#0ほどを基準に選ぼう。

まるなか

カマスゲームではスナップを使った方が絶対に良いよ!

▼【関連記事】ライトワインド用スナップ選びを解説

ライトワインド スナップライトワインド・マイクロワインドに使うスナップ選びとおすすめアイテム

ワーム選び

カマス ライトワインド ワーム

カマス狙いに使用するワームについて、基本的な考え方を紹介していこう。

大きさ

カマス釣りは地域やその時の食っている餌の大きさによって、使用するワームの大きさが違う。

基本的には2インチほどを基準に選んでおけば、無難に対応できる。
小さすぎるものは、歯によるラインブレイクが増えるので気を付けよう。

一方でカマスの活性が低い時に大きいワームを使うと、アタリがあっても全く掛からなかったりする。

ライトワインド ワームカラー

私の場合、カマス狙いのライトワインドでは、そこまで強くカラーにこだわることはない。
カラーよりも探るレンジやアクションの付け方の方が圧倒的に重要。

シンプルに考えるなら

  1. 白やピンク・オレンジなどの派手なカラー
  2. クリア+ラメが入ったもの

このようなカラーを用意しておけば、だいたい何とかなる。
似たようなカラーを揃えるよりも、全く違うものを優先的に揃えるのがおすすめ。

基本的には、カラーを変えるよりもワインド釣法とただ巻きの釣りを使い分けたり、別のことを意識した方が釣果は伸びると考えている。

ダイワ 月下美人ダートビーム2インチ

ダートビーム

カマス狙いのライトワインドにおすすめワームの1つが、ダイワのダートビーム2インチ。

このワームは伸縮性のある高耐久素材が使われており、ワームの消耗が激しいカマスゲームにも活躍するアイテム。
何匹か釣っても簡単にはワームが壊れないので、手返しよく時合いを釣っていくことができる。

カマス 釣果

魚の活性が中~高い状況で使うことが多く、手返しを意識したい場面で使うと良い。

魚の活性が中~高い状況で使うことが多く、手返しを意識したい場面で使うと良い。

▼【関連記事】ダートビームのインプレッションはこちら

ライトワインド ワーム 大きさダイワ 月下美人ダートビームをインプレ。メッキ・カマス等に手返し抜群!

ドリームアップ ダート8 2インチ

ダート8 DD8

2つめの良く使うワームがドリームアップのダート8。

このワームはダートビームよりも耐久力はやや劣るが、食わせ能力が高い特性がある。
また、ただ巻きで使った時のアクションも非常に良く、ダートとただ巻きをワンキャストの中に組み合わせて使うのも効果的。

カマス 釣果 ライトワインド

とにかくアタリが欲しい場面など、手返しよりも1匹のカマスを引き出す釣りをしたい時に使うと良い。

▼【関連記事】ダート8のインプレッションはこちら

ライトワインド ワーム まっすぐ刺すドリームアップ ダート8(DD8)をインプレ。ライトワンド・巻きの両方で使える食わせ系ワーム!

ジグヘッド選び

カマス ライトワインド ジグヘッド

次はカマス狙いのライトワインドに使うジグヘッド選びについて、紹介していこう。

ジグヘッドの重さ

使用するジグヘッドの重さは非常に重要で、状況によっては釣果を大きく分けるから要注意。

基本的には

  • 夜の常夜灯周りの釣り:軽めのジグヘッド
  • マズメや日中の釣り:重ためのジグヘッド

こんな感じで、時間帯によって使い分けると良い。

私の場合、ライトワインドのカマス釣りに使うジグヘッドは2g~7gほどがメイン。
使い分けとしては

  • 常夜灯周りなどの浅い場所:2g~3gくらい
  • オールラウンド:3g~5g
  • 防波堤などで遠投・深場狙い:5g~7g

これくらいの重さを目安に選んでいる。


カマスは状況によって沖の深い場所に張り付いていたりするので、こういう時に軽いジグヘッドしか持っていないと釣りにならないことがあるから気を付ける。

アシストフック

ジグヘッドによってはアシストフックを取り付けることができるものもある。

デルタマジック

アシストフックは状況によって効果的な場面もあるが、逆に食いが浅くなることもあるので一長一短。

私の場合はアシストフックは殆ど使わないが、「ガツガツという噛みつき・反転系のバイト」が多くてフッキングが悪い時は、アシストフックを入れるのも良い。

一方で「コツン、グググ・・・」というような後方からついばむようなアタリがある時は、アシストフックを付けてもフッキングが良くならないことも多い。
特に低活性な時は、フックの存在を嫌って食いが浅くなることもある。

こういう時はあえてシンプルなシングルフックのままの方が良かったりするので、状況によって色々試して自分なりのスタイルを作っていこう。

ある程度はアタリが出てからのフッキングのタイミングをズラしたり、ただ巻きの釣りに変えることで対応できる。

デコイ デルタマジックヘビー

デルタマジック

ライトワインドのカマス釣りに使いやすいおすすめジグヘッドが、デコイのデルタマジックヘビー。
フックサイズは#3を基準に選ぶと使いやすい。

フロントにアイがあり、ここにトリプルフックなどをアシストフックとして装着することができる。

フック強度も程よく強く、40cm以上の良型カマスが相手でも十分対応できて使いやすい。
ライトワインドのカマスゲームでは、とりあえずこのジグヘッドを使っておけばだいたい何とかなる。

重量・ワームの刺しやすさ・ズレ難さ・耐久性と、バランスが良くて使いやすいジグヘッド!

▼【関連記事】デルタマジックのインプレッションはこちら

デルタマジックデコイ デルタマジック・デルタマジックヘビーをインプレ。ライトワインド完全対応のジグヘッド!

状況に合わせた釣り方をしよう

カマスは簡単に釣れる時は表層~中層を適当に探るだけで入れ食いになることもある。
しかし、食い渋ると腕・狙い方で釣果に大きく差が出るのもカマス釣り。

カマスは海底の変化に着く魚

カマス ライトワインド コツ

カマスは活性が少し低い時や、ベイトフィッシュが沈んでいる時は海底の根や駆け上がりの斜面についている。

また、常夜周りは一級ポイントだけど、魚がスレている時はあえて暗い場所の方が簡単に釣れる事もあるから気を付けたい。

カマスが浮く要素があまりない時は、しっかりとワームをボトムまで沈めて深いレンジを探るようにしよう。
場合によっては根魚を狙うようなボトムワインドに好反応を見せることもある。

私の場合、カマスの活性が低い時は海底から1mくらいまでの底ギリギリを探ることも良くある。

合わせのタイミング

カマスをルアーで狙う時は、ある程度活性が高い時は即合わせで対応することが多い。
その方がルアーを飲み込まれにくく、ラインブレイクも防げるからね。

しかし、モゾモゾという「ついばむ系のバイト」が多い時は、合わせのタイミングを遅らせて様子を見る。
アタリが出てもそのままルアーをアクションさせるのがコツで、アクションを止めたりするのはNG。

少し食わせの間を与えることを意識してリールを巻き続け、タイミングを見て一回で良いのでバシッとロッドを煽って合わせを入れる。

場合によってはアタリが出てから5~10カウントほど合わせを入れずに巻き続けることもあるが、待ちすぎるとラインが切られやすくなる。
この駆け引きがカマス釣りの面白さでもある。

おすすめ関連記事!

▼【必要な基礎知識がまるっと分かる】ライトワインド初心者講座

メッキアジライトワインド初心者講座 タックル選び・必要な基礎知識まとめ!

▼ライトワインドで釣れる魚

ライトワインド 釣果ライトワインド・マイクロワインドで釣れる魚・魚種を解説!【ライトゲーム五目】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です