7月22日更新分 ダイワKJカーリーでチニング五目!

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は朝マズメが終わったくらいの時間帯からチニングメインの五目釣りへ。

ある地域のチニングポイントの周辺では、日によっては3kgくらいまでのサワラが飛んでいたりするんですが、移動速度が速すぎて中々狙えない状態です・・・。

先日チニングをやっている時、一度目の前に群れが入ったので急いでジグを投げて1度バイトさせたんですが、それ以外は中々魚を追いきれない感じ。

今回も一応青物用タックルを忍ばせて釣行しましたが、果たしてどんな展開に?

ゲスト多数の五目釣りでスタート

とりあえず先発はダイワのシルバーウルフKJカーリーチニングカスタム。

最近投入してチヌを釣り込んでみましたが、チヌに見切られにくくて結構いい仕事をしてくれています。

最初のポイントはイワシっぽい小型のベイトの姿があちこちにあり、チヌもベイトについているか?

浅い場所を見て回ると、ポッカリ浮いているチヌはいますが、釣れそうな個体は結構少なめ。

釣れそうもないチヌを狙っても時間が無駄なので、沖のかけあがり+海藻が絡むスポットを中心に探りを入れてみます。

扇状にキャストしながらランガンしてくと、数投目のフォール中にコツコツとアタリ。

チヌっぽくなかったので、プラグに変えて水面直下を流すと・・・

アジ 釣果

まさかのアジでした(笑)

連発するかと思いきや、この1匹のみでした。

再びワームに戻して探っていくと、かけあがりの斜面で「モゾ」という微妙過ぎるアタリ。

チヌにしては超ショートバイトですし、噛みつき感が弱い。

合わせは入れずにデッドスローのズル引き&ステイを繰り返し、誘いに乗ってこなかったのでボトムから巻き上げると「ゴンッ」と良いアタリ。

合わせを入れるとかなり鋭い走りを見せ、青物っぽい感触?

しかし、寄せてくると平べったい魚体が見え、掛かっているのはチヌっぽい姿。

これはもしやと思いつつ、海岸に降りてズリ上げてキャッチ成功。

ヘダイ

やけに走るなぁと思ったらやっぱり。

1kgオーバーの良型ヘダイでした。
長さは43~44cmくらいかな。

ヘダイはクロダイやキビレよりも疾走する感じの引きで、個人的には一番引くと思ってます。

アタリ方も少し変だったし、謎が解けました。

アジとヘダイでスタートするというよく分からない展開ですが、次は足元にゴツゴツした石が入った場所へ。

狙いのポイントに着くと、ベラが沢山見えます。

浅い場所にベラが固まっているので、少し深い場所の岩周りを半分サイトフィッシングで狙います。

どうしてもベラが寄ってきてしまうんですが、突然ベラが四方に散りました。

何かと思った矢先、30cm位の可愛いクエが出現。

岩の上でホバリングし、ワームを凝視しています★

ボトムでワームをステイさせ、そこからスローに巻きあげると一発でバイト。

しっかりワームが口に入ったのを確認してフッキングしたんですが、まさかのすっぽ抜け。

見えクエに出会えるとは思ってなかったので、ちょっと驚きです。
地元では考えられない光景だぞ・・・。

バラシてしまったクエは海底の岩陰に隠れたのが見えたので、付近にワームを落としたんですが、一度警戒するとやはり食わないですね。

しかし、クエが隠れた岩の隙間の近くを探っていると、別の茶色い影が飛び出してきて再びヒット!

今度もかなり良い引きで上がってきたのは・・・

オオモンハタ

悪くないサイズのオオモンハタ。

こういうちょっとした障害物周りは、クエやハタが実は結構沢山潜んでいるのかもしれない・・・。

この岩場にポテンシャルを感じたので、もう少し沖にワームをキャストして深い場所を探ってみます。

カサゴが1匹すぐに釣れたんですが、その後しばらく反応が無い時間が続いた時

「ゴッ」という抑え込むようなバイト。

明らかに大きそうな魚のアタリ方だったので、しっかりフックを貫通させるために強めにフッキングを入れると超強烈な突込み!

ドラグが勢いよく出されましたが、何とか耐えてラインが岩に擦れないようにやり取り。

何度か強い突込みをかわしつつ、ジックリ寄せてきます。

タマンにしてはスピードが遅いし、サイズアップしたクエか何かか?

ちょっとワクワクしながらリールを巻き、上がってきたのは予想外のイシダイ。

2kg半くらいはありそうな中々良いサイズ★

ワームでイシダイを釣ったのは初めてなので、ちょっと慎重にランディング体勢へ・・・。

魚まであと2メートルくらいの場所まで寄せた時、あろうことかフックが「ポロッ」と簡単に外れました。

変な外れ方だったのでおかしいなぁと思い、フックを見てみると

イシダイ フック

なるほどね、そういうことね。

チヌ狙い用のオフセットフックなので、まぁ潰されて当然でしょうね。

予想外のイシダイはバラしてしまいましたが、楽しいやり取りができたのでちょっと満足感もあります。

ポイント移動で良型チヌ連発

見えクエにイシダイ・良型ヘダイと色んなゲストが登場したものの、気づけば本命のチヌを釣ってない(笑)

本命のボウズは避けなければならないので、少し大きめにポイント移動。

次にやってきたのは、ハタ等のゲストはあまり釣れないチヌメインのスポットですね。

キビナゴっぽいベイトの姿・アオリイカの群れが見えました。

アオリイカに浮気しそうになりましたが、冷凍庫にもイカのストックがあるので今回は狙わず。

狙うのはかけあがり周辺に入った岩の周り。

フグやベラが多い場所なので、外道の気配があればすぐにワームを回収して次のスポットを狙う感じで。

ベイトの気配があるので、かけあがり周辺でワームをチョコチョコ動かしたら、その後はただ巻きの誘いも入れてみます。

中層のベイトを食っている時はこの「巻き上げ」が結構効くことがあり、チヌの捕食スイッチが入って急にバイトしてくることもあります。

釣り開始15分くらいは全然気配がありませんでしたが、しばらく釣り続けていると、巻き上げ中にチヌが後ろから猛チェイス。

チヌがワームに突進してくるのが丸見えでしたが、ここでアクションを止めると食わなくなるのでそのまま巻き上げ、「ガツン」と引っ手繰り!

合わせを入れると中々強い引き★

チヌ

年無しには少し足りないですが、良いサイズ。

ボトムステイからの巻き上げパターンがハマりましたね!

その後、ベラにワームをダメにされてKJカーリーのストックが無くなり、アーバンシュリンプに変えて同じような感じで探りを入れ・・・

クロダイ

これまた良型チヌを追加。

ボトム巻き上げパターンはシャッドテールワームやカーリーテールワームでやるのが好きですが、クロー・シュリンプ系ワームでも問題なく出来ます。

巻き上げパターンでもう1枚クロダイをキャッチしましたが、虫がいっぱいついていそうな個体だったのでノータッチでリリース。

今回はこんな感じで、色んなゲストがヒットしてくれて楽しい釣りになりました。

そういえば、最近もともと少なかったキビレが全然居なくなってますが、また戻ってくるのかな?

個人的にはクロダイの方がサイズが大きいし、ヒットすると重量感があって楽しいので良いですが、たまにはキビレも釣りたくなります。

お手軽なチニング五目は楽しいですね★

使用タックル

  • ロッド:ジャクソン オーシャンゲートLGMIX 74L-K ST
  • リール:シマノ 22ステラC3000XG
  • ライン:バリバス マックスパワーPE X8 0.6号、サンライン ブラックストリームプラズマ3号
  • ルアー:ダイワ シルバーウルフKJカーリー、アバーンシュリンプなど

おすすめ関連記事

フリーリグのチニング基礎解説

フリーリグ チニング フリーリグを使ったチニングの基本・おすすめな使い分け解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。