7月28日更新分 朝マズメのアジング・小型青物五目釣行

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は日の出前後の時間を狙ってライトゲーム釣行へ。

狙いとしては、暗い時間帯はアジをメインに狙ってみて、日が昇ってきたらアジ・小型青物を広く釣っていく感じで。

ここの所、ベイトフィッシュの接岸量が日によってかなりムラが出ていて、多い時はウジャウジャ色んな魚が湧きますが、外すと沈黙・・・みたいな傾向がありますね。

干潮周りの時間帯なのでどうなるか分かりませんが、短時間釣行で行ってきましたよ!

朝マズメ直前のアジは沈み気味

とりあえずまだ日の出まで30分~45分ほど時間があるので、アジングからスタート。

水面付近にベイトフィッシュの気配はなく、ライズなども全く無し。

先発はメジャークラフトの鯵道ワームを使ってみます。

先発は鯵道ワームレダマ。

ピンテール系のワームですが、先端付近が数珠状になっていて、弱い誘いに対してもレスポンス良く・優しく潮を掴んで動いてくれます。

ジグヘッドは試しに買ってみた鯵道ヘッドの1.25gで。

近距離戦では0.8g~1gほどを基準に釣りを開始することが多いんですが、若干向かい風気味なのと、深いレンジにワームを入れたかったので1.25gをチョイス。

常夜灯の明暗の向こう側にアジが着く傾向があるポイントなので、しっかり沖の暗い場所に投げてカウントダウン。

カウントは20~30ほどをメインに探っていきます。

良い時はヒラフッコなどがボイルしている場所のはずですが、生命感が乏しい・・・・。

かなりスローダウンして巻き落とし気味にワームをジックリ見せて探っていくと、数投目にアタリあり★

合わせを入れてもフッキングできなかったので、巻き合わせ気味に、しっかりワームを飲ませるように調整するとヒット。

アジング 釣果

アジの鋭い突込みは楽しいですね。
近所の方がアジ好きなので、締めてキープします。

とりあえず1匹釣れてアジが居ることは分かりましたが、その後もキャストするたびアタリが出るような状況ではなく、ポツポツと反応が出るテクニカルな釣りになりました。

リフトフォールで誘うとアタリが減り、即アワセしてもすっぽ抜けが目立つので、メバリングやカマス釣りのようなパターン。

個人的にはこの手の地味な釣り方は結構好きなので、夢中になってやっちゃいましたね。

アジ 釣果

薄暗くなるまでの時間でアジは10本くらい釣れたでしょうか。

サイズは10cm台中盤~25cmくらいまでと、少しバラツキがありました。

朝マズメはメタルジグでアジング五目

その後、空が少し明るくなってきたので釣り方を変えます。

マズメの時間は軽量なジグヘッドでネチネチ狙うより、メタルジグやダート系ワームで探った方が反応が良いことが多いです。

タックルをPEラインを巻いたものに持ち替え、メタルジグで釣っていきます。

薄暗い時間帯は魚が活発に動くタイミングなので、ジャッカルのチビメタタイプⅠの5gをチョイス。

細身のリア重心のメタルジグで、効率よく探ったり、リアクションで口を使わせるのが得意なんですよね。

水平フォールのスロー系ジグでも釣れないことは無いですが、手返しが変わってくるので、まずは効率重視で釣ります。

回遊型のアジを狙う時は、常夜灯周りや堤防の先端に固執する必要はなく、重要なのはベイトの動きや地形になります。

根周りやかけあがり、海藻などの地形変化が複合的に絡んだスポットをテンポよく打つのが私のスタイル。

場合によっては、アジの群れは半径数メートルくらいのスポットでしか釣れないことも良くあるので、固定砲台で狙い続けるのは効率が悪くなります。

ランガン気味に投げる場所をズラしつつ、ボトムまでジグを沈めて釣っていきます。

小刻みなシェイク気味の巻き上げ&スピード感のある速めのフォールでアジを探していくイメージで釣っていくと、「コツン」とバイト。

アジ

狙い通りにアジが釣れましたね★

ワームで釣るのも面白いですが、メタルジグを使ったアジングも超楽しいんですよ。

アジ狙いの場合はジグをジャカジャカ動かすのはNGで、小刻みに・クイックにジグの頭を振って誘いを掛けるのがポイント。

日によってフォール中にアタリが集中することもあれば、誘い上げの最中に食いあげてくることもありますね。

後はジグの形・誘い方をその時の状況によってローテーションすることで、釣果が伸びてきます。
一方、ジグのカラーはそれほど重要視してませんね。

アジ 釣果

このパターンで数匹のアジを釣ったところでアジの反応がパタッと無くなり、ちょっと違うアタリが。

じゃれつくようなアタリ方だったので青物か?

何度かフッキングミスをしましたが、しっかり追い食いさせると強い引き。

ショゴ 釣果

ライトゲームロッドのドラグを鳴らして上がってきたのは、ちょっと大きくなったショゴ。
30cmチョイ位か。

これ以上大きくなると、ライトゲームロッドだと厳しい。

ここからショゴを3匹連続でキャッチし、中層を探っているとモゾモゾ系のアタリが。

上がってきたのは30cmほどのカマス。
ここからはカマスの群れが優勢になったらしく、カマスを数匹連続でキャッチ。

色々釣れて楽しい時間を過ごしていたんですが、調子に乗っていたらカマスの歯でチビメタタイプⅠをロスト・・・。

かマスを狙っているとそのうちルアーが無くなるのは仕方ないですが、ヒットルアーを切られるのは痛恨。

まだカマスの気配があるので、これ以上のロストが怖くなり、ワームで探るとカマス・ショゴを追加。

カマス

1.5LBのラインでショゴがヒットしてしまったので、やり取りが超エキサイティングでした(笑)

アジの群れは日が昇ると回遊魚に追われていなくなったのか、アタリが無くなってしまいましたね。

アジも入れ食いとはならないもののそこそこ釣れたし、青物の引きも味わえたので満足して終了です。

使用タックル

  • ロッド:メジャークラフト 鯵道 AD5-S622M/AJI
  • リール:シマノ 21ソアレXR C2000SSPG
  • ライン:シーガー フロロリミテッド1.5LB
  • ルアー:メジャークラフト 鯵道ワーム レダマなど
  • ロッド:ダイワ 21月下美人MXメバルモデル68L-S・N
  • リール:シマノ 20ヴァンフォード2000SHG
  • ライン:バリバス ソルトウォーターフィネスPEX8 0.3号+ サンライン ブラックストリームプラズマ1.75号
  • ルアー:ジャッカル チビメタ タイプⅠ5gなど

おすすめ関連記事

【実釣比較】アジングにおすすめなメタルジグ解説

アジング メタルジグ おすすめ 【実釣比較】アジング用おすすめメタルジグ・選び方徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。