雨後のチニング釣行 極太マゴチ・キビレの釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は前日に雨が降って海に濁りが入っているだろうという事でチニングへ。

かなり風が強く吹く予報でどうなるか分かりませんが、魚の活性自体は高いはず。

果たして今回はどんな展開に?

強烈な濁り+爆風のコンディション

とりあえず最初は水深が深めな場所をチョイス。
沖にキャストすると、水深は5~6mほどでしょうか。

水温が上がってくると、水深が浅い場所のデイゲームはフグが厄介なんですよね(-_-;)

雨の影響で河川から濁りが入り、水質は良い感じです★

先発は鉄板のハリーシュリンプで。

これを7gのフリーリグで使用します。

沖にかけあがりの斜面があるので、その周辺を集中的にサーチしていきます。

潮はあまり動いていないですが、風でワームが流されるので、少しドリフト気味にズル引き&ポーズメインで。

チヌに対して挑戦的にワームを入れるのではなく、風の力を使って流し込むことをイメージすると、スレた魚を食わせるのが容易になります。

あえて風を横から受けるように立ち位置を決め、ランガン気味に探っていきます。

すると、1投目からさっそくバイトがありますが、どうやら魚が小さい様子。

何度か追い食いしてくるもののフッキングに持ち込める感じではなく、ギュンギュン引張りまわるのでワームを千切られました(-_-;)

千切れたワームをセットしなおし、再び探っていきますが、小型のキビレらしきアタリが活発。

小さそうなアタリはスルーして探っていくと、かなり沖合で「コツン」と小さなアタリ。

ラインを張ると根掛かったような重さがあり、これは底物かな?

ジワジワと距離を詰めてから合わせを入れると、中々な重量感★

ゴンゴンと強い首振りがあるので、これはマゴチですな。

マゴチはヒラメよりも濁りに強い印象があり、サーフでも結構濁っているコンディションであっても案外普通に釣れますからね。

ドラグを出されつつゆっくり寄せてくると、でっかい顔が見えました。

上あごにガッツリフックが貫通しているので、落ち着いてネットイン。

マゴチ 釣果

非常に肥えた良いマゴチですね★
長さは66~67くらいありますな。

から揚げにしたら美味しそうですが、持って帰るのが面倒なのですぐにリリース。

その後10分くらい釣りを続けたものの、小さいキビレのアタリばかりなのでポイントを移動。

ハクの群れにボイル発生!

次は少し水深が浅い場所を狙ってみることにしました。

このポイントも良い具合に濁りが入っていて、流れのヨレが形成されています。

少し様子を見ていると、ベイトがザワザワしだして「バコッ」とボイル!

見た感じシーバスっぽいですが、チヌ用のトッププラグを持っていたので、すぐにルアーを変えてキャスト。

濁りのパワーで釣れそうなものですが、ペンシルベイトは見切られている感じ・・・・。

3投ほどキャストしてすぐに見切りをつけ、ルアーをポッパーにチェンジ。

ルアーのアクション・波動を変えて探ったところ、1投目でバイトあり!

巻き合わせを入れましたが、なんか違う感じ・・・・

キビレ

ボイルしていたのはシーバスのはずですが、ポッパーで釣れたのはキビレ(笑)

シーバスはプレッシャーが掛かってしまったのか、全くボイルが無くなってしまいましたね。

その後、ポッパーからワームに戻して再びボトムゲームをやることに。

フグが居ると厄介なポイントですが、ワームを齧られる気配はないのでボトムゲームはできそうです。

濁っていて良型クロダイが釣れても良いはずなんですが、クロダイのアタリは全くない。

かわりに当たるのはキビレばかりで、ここも小さめな個体が多い感じです。

何度かミスバイトがありましたが、バイトはボチボチ出ます。

キビレ 釣果

やはり静岡中部のチヌは神経質なチヌが多いのか、クレイジーフラッパーを使うとアタリが激減でした。

ボトルシュリンプ・ハリーシュリンプ・リトルスパイダーで今回は対応しましたが、やはり警戒心が高く、強波動で動くワームを嫌うことが多いと感じましたね。

新天地のチヌはクレイジーフラッパーのようなしっかり動くワームを見つけると、かなり強い反応を見せることが多く、フィールドによって性格が大きく違うのがクロダイやキビレの面白いところ。

キビレ 釣果

本日の釣行ではボトムゲームで8枚ほどチヌを釣りましたが、30cm前後の小さめのキビレの割合が増えてきました。

水温が上がると小型のチヌの活動が活発になりますが、フグや小チヌにワームを齧られるのが厄介な時期が本格的に到来したようです。

今回は強風を利用したドリフトパターンでそれなりに釣れはしましたが、小チヌが多くてアタリの数の割に釣果は伸びませんでしたね(-_-;)

15~20枚くらいは釣れるだろうと思っていたので、まだまだ修行が足りませんな。

静岡の海で釣りをするのもあとわずかですが、新天地はキビレがやや少なめなので、今のうちに釣っておきたいです。

使用タックル

  • ロッド:ジャクソン オーシャンゲートLGMIX 74L-K ST
  • リール:シマノ 22ステラC3000XG
  • ライン:バリバス マックスパワーPE X8 0.6号、サンライン ブラックストリームプラズマ3号
  • ルアー:ボトムアップ ハリーシュリンプ3インチ、ケイテック リトルスパイダー3インチ、メガバス ボトルシュリンプ3インチなど

おすすめ関連記事!

フリーリグのチニング解説

フリーリグ チニング フリーリグを使ったチニングの基本・おすすめな使い分け解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。