広島チニング釣行 夕マズメに良型キビレ!

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は広島方面でチニングをやってみました。

本当はメバルやアジを釣りたかったんですが、釣行可能な時間帯がド干潮・・・・。

瀬戸内海は静岡の駿河湾と比較すると潮の動きが半端なく、水が無い場所が多数(笑)

場所によってはメバルが見えていたりしたんですが、ルアーを投げても逃げもしない超低活性な状態。

粘っても釣れる感じがしなかったので、チニングをやってみることに。

果たして、チニング本場広島での釣行はどんな展開に?

ド干潮で狙える場所がかなり少なく・・・

ポイントも全く分からないし、ホテルのチェックインまでの時間は少ししかない。

まずはメバルやアジを狙うために漁港や小磯を見て回ったんですが、潮が全く動かずにどんよりした海(-_-;)

場所によっては見えているメバルが居ましたが、完全無反応で釣れる気配がしない。

ワームをフワフワやったり、メタルジグやライトワインドでリアクション狙いも効果なし。

沖のかけあがりを遠投して探っても何も当たらず、すぐに見切りをつけました。

こうなると釣れそうなのはチヌくらいなので、無難に釣れそうな河川絡みのシャローエリアを地図でチェックして様子見。

しかし、潮位差が非常に大きい瀬戸内海の干潮は静岡とは次元が違う感じで、場所によっては水が完全に干上がってます(笑)

何か所かパスし、ようやく少し水深があって釣れそうなスポットにたどり着きました。

見えているチヌは居ませんが、沖に遠投して魚の反応を見てみます。

流れが効いている気配はないので、活性が低いと判断してワームはボトルシュリンプ3インチで。

手っ取り早く探るならパタパタ系の方が良いですが、水質もかなりクリアなので、微波動系のワームをチョイス。

7gのフリーリグをキャストしてボトムをズル引きしますが、すぐにフグにワームをやられる。

砂底の水深が浅い場所はフグが湧いているのか、このままだとワームの消耗が激しくなりすぎてしまう。

少し歩いて移動し、水深が深そうな場所へ。

所々に海藻が生えているようで、軽く引っ掛かる感触があります。

何投か探ったものの、フグに齧られる気配はないので、この周辺を丁寧に探ってみることに。

夕マズメにキビレ回遊!

既に時間は夕暮れ、徐々に暗くなってきました。

夕マズメのチニングは釣果ムラが出やすい印象がありますが、当たりの日は連発で釣れることが多い気がします。

若干上げ潮が効いてきて、沖からチヌが差してくることに期待しつつ、ズル引きメインで海藻に引っ掛かったらシェイクを混ぜて誘っていると「コツン」とバイト。

かなり小さいアタリだったのでフグかなぁと思ったんですが、そのまま誘い続けると、一気に竿が引き込まれました。

すかさず合わせを入れると良い引きで、なかなか鋭い突込み。

軽くドラグを出す引きですが、感触的にキビレかな。

ゆっくりやりとりして寄せてくると、なかなか良いサイズ★

キビレ 釣果

初の広島チニングでしたが、夕マズメの短時間勝負でも無事釣れてよかったです。

初場所で釣れる魚は新鮮な気分で嬉しい。

すぐにリリースして同じパターンで探っていくと、数投目でまたアタリ。

今度もフッキングに成功しましたが、重量感がそれほど無く上がってきたのは30cmチョイの小型のキビレ。

その後も小さいキビレが飽きない程度に釣れる感じでしたね。

結局チェックインの時間まで1時間半ほどチニングをやりましたが、良型キビレ1枚、小型3枚で終了。

やはり地元の静岡中部と比べたらチヌの反応は明らかに良く、場所のポテンシャルの違いを感じますね(笑)

釣行するタイミングが悪すぎたので、もっとしっかり時間を選んで狙えば釣果は更に伸びるのは間違いないと思います。

本当はメバルが釣りたかったんだけどなぁ。

使用タックル

  • ロッド:ジャクソン オーシャンゲートLGMIX 74L-K ST
  • リール:シマノ 22サハラ2500SHG
  • ライン:バリバス マックスパワーPE X8 0.6号、サンライン ブラックストリームプラズマ3号
  • ルアー:メガバス ボトルシュリンプ3インチ

おすすめ関連記事!

フリーリグのチニング解説

フリーリグ チニング フリーリグを使ったチニングの基本・おすすめな使い分け解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です