6月2日更新分 チニング開拓釣行

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は昼前の時間からポイント開拓へ。

地図を見ていたら少し気になる地形のシャローエリアを発見★

何となくチヌが良く釣れそうな気配がしたので、今日も新しいポイント調査ですね。

既にチヌポイントは何か所も見つけていますが、同じ場所で釣り続けても面白くないですし。

果たして今回はどんな釣行に?

ワンド奥地で見えチヌ多数

とりあえず最初にやってきたのは、ワンド状になった場所の最深部。

潮年はあまり良くないですが、カキガラが所々に入った泥底で、チニングにはかなり良さそうです。

水深は50cm~2m程度までで、割と釣りやすそう。

早速準備をして歩いて行くと、沈み石の周りにチヌの群れ★

7~8匹ほどのクロダイがボトムに着いていて、じっとしています。

これは釣れる可能性が非常に高いパターンなので、しっかり距離を取ってからクレイジーフラッパーをキャスト。

かなり離れたところに着水させ、ジックリ距離を詰めてくると、1匹のチヌが反応。

ステイを入れて焦らしつつ、小さめのシェイクを2回入れたところでバイト。

全て丸見えの状態でしたが、一瞬ワームを咥えただけで吐き出し、逃げて行ってしまいました(-_-;)

晴天無風・潮もあまり動いていない状況なので、活性が低そうです。

この1匹のチヌが逃げたことで周りの個体も警戒してしまい、釣り上げることができませんでした。

その後も歩いて様子を見ていきましたが、中層を回遊するやる気のないチヌと1匹ヒラセイゴが居ただけで、今回は釣るのは厳しそう・・・。

とりあえずチヌが居ることは分かったので深追いはせず、ポイント移動します。

細かな砂泥底エリアで・・・!

次にやってきたのは、この辺りではあまりない細かい砂泥底が広範囲にあるエリア。

初場所なので全く状況は不明です。

手前に敷石が入っていて、沖はシャロー。

ちょっと根が少ないですが、所々にボラが居ますね。

肝心のチヌが全然居ない様子で、500mくらい歩いたでしょうか。

奥に進んでいくと、チヌっぽい銀色の魚体を確認。

ボトムで何かを食っているようです。

クレイジーフラッパーをキャストしましたが、どういうわけか逃げもせず興味も示さず・・・・。

ワームのアピール力を下げる為、ボトルシュリンプに変え、先ほどよりもチヌに近い場所を通してみます。

目の前に来るまで無反応でしたが、チヌの至近距離に入れるとようやく反応。

しかし、なかなか食いつかず、ロングステイを入れて丁寧に・・・・。

かなりジックリ見せてからのズル引きを入れると、別の場所に居た魚がワームに近寄ってきて奪い合いになってようやくヒット!

合わせを入れるとかなり強い引きで、クロダイとは少し違う気が。

キビレのようなダッシュを見せつつ、キビレにしては重たい。

ゆっくり寄せてくると、これは見たことがある顔です。

ヘダイ 釣果

釣れたのはヘダイ。

大きく見えませんが、43~45くらいあり、1キロ以上ありますね★

地元静岡で釣れるヘダイは20~30cm前後なので、このサイズは初です。

魚屋に居た時は地方から60クラス、3kg前後のヘダイも入ってきていたので、一度釣ってみたかった。

その後もう1度ヘダイがワームに反応したんですが、食い切らず・・・・。

どうやら、クロダイやキビレよりもルアーに対して反応が悪いみたいです。

カキガラ・ガレ場を発見!

その後少し移動すると、ボトムがゴツゴツしたシャローエリアを発見。

これは絶対にチヌが居るはずです★

水深が浅いクリアウォーターなので、サイトで釣っていきます。

少し歩いて行くと、55クラスのデカいチヌを発見。

それとは別に、周りに数匹のチヌが居て、これは大チャンス!

下を向いている個体なので釣れる可能性は高いはず・・・・。

根掛からないように注意しつつ、ロングステイでリーダーを沈め、細心の注意を払ってアプローチ。

デッドスローのズル引きとステイで距離を詰めていくと、複数のチヌが反応。

一番大きいチヌも反応したんですが、横から来た小さめのチヌが横取りしてヒット。

チヌ 釣果

真っ黒なカッコいい個体でしたね。

狙っていた年無しは散ってしまいましたが、このチヌも1kg以上あり、決して小さくはないです。

そこから少し歩いて行くと、流れが非常によく効く水道になっていました。

ここは天然の水族館といった感じで、カラフルな熱帯系の魚が居たり、チヌ・尾長メジナ・マダイ・イシダイ・イサキ・アオリイカ・イラ・アイゴなどが丸見え★

4kgほどのマダイや3kg近いクチグロ(イシダイ)が、至近距離をのんびり泳いでいました。

地元では出会えない、すごい光景でしたね。

真ん中に居るのがチヌですね。

イラ

イラはベラの親分的な魚で、かなり大きくなります。
カラフルな色で、あちこちに居ました。

ヒットするとかなり強く引きますが、歯でワームが取られるので狙いません(笑)

流れが強くて軽いシンカーでは釣りが難しいですし、見ているだけで十分面白い場所なので竿は出さず、魚を見て楽しみました。

地元の方も、散歩がてら海を見て楽しんでいる様子でした★

これは良い癒しスポットを見つけました。

ラストは近所のポイントで締め

とりあえず新しいポイントはポテンシャルも十分あり、チニングポイントの候補として良さそうでした。

ボチボチ帰りながら、近所のポイントを見てみると、見えチヌ発見★

そして・・・

チヌ 釣果
チヌ

良型チヌを2枚釣って今回の釣行は終了。

一か所、昼間からアジがベイトを追ってバシャバシャと激しくライズしていたので、今度狙ってみようと思います★

使用タックル

  • ロッド:ジャクソン オーシャンゲートLGMIX 74L-K ST
  • リール:シマノ 22ステラC3000XG
  • ライン:バリバス マックスパワーPE X8 0.6号、サンライン ブラックストリームプラズマ3号
  • ルアー:ケイテック クレイジーフラッパー2.8、メガバス ボトルシュリンプ3、ボトムアップ ハリーシュリンプ3など

おすすめ関連記事!

フリーリグのチニング解説

フリーリグ チニング フリーリグを使ったチニングの基本・おすすめな使い分け解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です