牧之原チニング釣行 潮動かない展開に苦戦

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回はちょっと西方面へチニング釣行へ行ってきました。

浜名湖もそろそろ気になりますが、少しだけ釣りをやれば満足してしまうので、今日は近場で。

予報では少し風が吹いて釣れそうな気配がしましたが、果たしてどんな釣行に?

ショートバイト多発の展開

釣り場に着いて状況を確認しますが、澄潮+ベタ凪のコンディション。

やや強めに向かい風が吹く予報で期待していたんですが、ボトムまで透けて見えるかどうかといった状態。

こうなってしまうとチヌが居てもなかなか食わせるのが難しくなるので、スローダウンしてじっくり釣ろうか。

先発は定番のハリーシュリンプ3インチ、水深が浅い場所なのでシンカーは5g。

ハンドル一回転を3秒~4秒ほど掛けたスローなズル引きにステイを混ぜ、チヌに警戒心を与えないように意識して釣っていきます。

潮もほとんど流れておらず、のぺっとした水面・・・・。

手前はカキガラエリア、沖は沈み石とカキガラが点在しているような場所で、根掛からないように丁寧に釣っていきます。

釣り開始数投目でカツカツっとアタリがあり、予想とは裏腹にさっそくヒット。

軽い引きで上がってきたのは、20cmほどのキビレ。
水温が上がったためか、春本番~秋に釣れるサイズが活動を開始していますね。

ノータッチでリリースして次を狙います。

すぐにアタリが出たのでイージーモードかと思ったんですが、その後は予想通り激渋・・・・。

ロッドアクションを与えすぎるとアタリすら出なくなり、スローに誘っても一瞬バイトが出るだけで追い食いしない展開。

1時間ほど釣りをしてアタリ自体は5~6回ほどありましたが、1度一瞬フッキングできたもののバラしだだけ。

ちょっと渋すぎるので、少しポイントを移動することにします。

風が当るエリアを狙ってキビレ

ポイント移動でやってきたのは、割と風が当りやすいシャローエリア。

カキガラと石が広範囲に散っていて油断すると根掛かるんですが、実績はそこそこあります。

ワームはそのままハリーシュリンプで釣りを始めましたが、数投目でフグの餌食に・・・。

ワームを新しいものに変えて探りましたが、連続で3本ワームを失いました。
どうやら小型のフグが居るようで、ハリーシュリンプ・ボトルシュリンプ・ドライブシュリンプは持ちませんでした。

ちょっと釣りにならなそうなので少し場所を変えつつ、ワームも匂い無しのものに変えました。

選んだのはイッセイのジャコバグ3.2インチ。
このワームは味・匂いがついていないので、フグの影響は受けにくいはず。

若干風が吹いていて水面がザワザワしているので、最初のポイントよりは有望に思える。

ズル引き・シェイク・ステイを組み合わせて探っていきますが反応なし。

30分ほど釣り歩きながら探りを入れたものの1度もチヌのアタリは無く、「ダメか?」と思った時に至近距離でひったくり系のバイト。

合わせを入れると結構良い引きで、ドラグもちょっと出ました。

上がってきたのはキビレですが、ネットを持ってくるのを忘れました(-_-;)

それほど足場が高い場所ではないので、手を伸ばしてキャッチ。

キビレ 釣果

ナイスなコンディションのキビレ。
良い場所にガッツリ掛かってましたね。

とりあえず納得できるサイズが1本釣れたので良かったです。

その後20分くらい釣りを続けたんですが、フグを含めてアタリは無し・・・・。
これ以上粘っても微妙な気配が濃厚なので、これにて撤収。

単発で活性が高めな個体が居ただけだったのかな?

使用タックル

  • ロッド:ジャクソン オーシャンゲートLGMIX 74L-K ST
  • リール:ダイワ21フリームス LT2500S-XH
  • ライン:バリバス マックスパワーPE X8 0.6号、サンライン ブラックストリームプラズマ2.5号
  • ルアー:ボトムアップ ハリーシュリンプ3インチ、イッセイ ジャコバグ3.2インチなど

おすすめ関連記事!

チニング初心者講座

チニング 釣果 チニング初心者講座 仕掛け・タックル選びと基礎基本

静岡中部の釣り場・ポイント一覧

【徹底解説】静岡中部の釣り場・ポイント一覧

静岡中部の釣り場の様子や釣れる魚・地形などをどこよりも詳しく解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です