下流港の釣り場・ポイント徹底解説

下流港 釣り

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は伊豆半島の釣り場解説をやっていきましょう。

今日紹介するのは、南伊豆町の下流港ですね。

下流港は岩礁帯の間に作られた小さな港で、全体的に水深は浅め。

一日ジックリ腰を据えて釣りをするというより、ランガンに向いたポイントですな。

  • 釣れる魚
  • 釣り場の様子
  • 釣り場の水深・地形

これらについて解説していくので、参考にしてもらえたら嬉しく思います。

※釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は取材当時のものになります。

下流港で釣れる魚

  • キス
  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • メジナ
  • シーバス(ヒラスズキ)
  • メバル
  • カサゴ
  • ソイ
  • アオリイカ

  • キス
  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • シーバス(ヒラスズキ)
  • カサゴ
  • ソイ

  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • シーバス(ヒラスズキ)
  • メッキ
  • カサゴ
  • ソイ
  • アオリイカ

  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • メジナ
  • シーバス(ヒラスズキ)
  • メバル
  • カサゴ
  • ソイ

おすすめターゲット・釣り方

クロダイ・メジナのフカセ釣り

周囲を岩礁帯に囲まれた下流港はフカセ釣りが楽しめます。

全体的に水深が浅く、根があちこちに入っているので地形変化は豊富。

ただし全体的に足場が低い堤防が多く、少し波気立つと釣りができなくなるので要注意。

カサゴ・ソイなどの根魚釣り

下流港のテトラやゴロタ場は根魚釣りの好ポイント。

ポイントは広いので、広範囲をどんどん釣り歩いてテンポよく釣るのがおすすめ。

場所によってはかなり根が荒い場所もあるので、根掛かりしにくい仕掛けを使うように。

下流港の釣りポイント

下流港 釣りポイント
  • 西側堤防
  • 下流港内
  • 東側堤防

上記のポイントに分けて紹介していきます。

西側堤防

下流港の西側の堤防ですが、かなり低くて波を被りやすいので注意が必要。

下流港 西側堤防 釣り場

堤防が濡れている時は、苔で滑りやすいので要注意。

先端は低いテトラ帯になっていますが、取材時はフェンスが設置されており、手前のみ釣りが可能でした(以前は無かった思い出が)。

下流港 西側堤防 内側

内側は波が穏やかで、砂泥底の場所が広がっています。

所々に根が点在していますが、海の色を見ると根がある場所は黒っぽくなっているので、ある程度判断できます。

砂泥底の場所では、キスのちょい投げ釣りなども楽しめます。

下流港 西側堤防 外側

外洋側は岩礁帯が広がっていて、沖根が非常に豊富です。
かなり高低差が激しいので、非常に根掛かりやすくなっています。

根魚釣りなどに最適。

水深・地形

まずは堤防の外側、険しい岩礁帯に向かって魚探掛けを行いました。

下流港 水深

堤防から35mほどの場所まで探ってみましたが、水深は非常に浅く、深い場所で2m前後。

根が高く、起伏が大きいですね。

一方で堤防の内側は水深3m前後のフラットな地形で、砂泥底の中に低い根が点在しています。

下流港内

下流港の港内ですが、西側に小さな流れ込みがあります。

下流港 流れ込み

水量は多くはありませんが、ベイトフィッシュが集まります。

下流港 スロープ

流れ込みの脇はスロープになっています。

小型のルアーを使うライトゲームなどが楽しめますが、苔が生えていて非常に滑りやすいので要注意。

スロープの東側へ進むと、開けた岸壁になっています。

下流港 岸壁

奥まった場所なので潮通しはそれほど良くないですが、ちょい投げ釣りなどを楽しむには良いポイント。

水深・地形

下流港の奥の岸壁から魚探掛けを行いました。

下流港 岸壁 水深

岸壁から35mほどの地点で水深は約3m前後と、水深は深くありません。

地形はかなりフラットで、岸壁沿いまで目立つかけあがりなどの変化はありませんでした。

底質に関しては砂泥底の場所が多く、外側とはかなり異なった底質。

東側堤防

東側の堤防は外側がテトラになっています。

下流港 東側堤防 釣り場

常夜灯もあり、夜釣りも楽しめます。

下流港 東側堤防

テトラはそれほど大きくなく、乗って釣りをすることも可能ですが、安全装備はキッチリ揃える必要あり。

下流港 釣り場

堤防の先端の眺めです。

アジなどをウキ釣りで狙ったり、ちょい投げ釣りにおすすめ。

下流港 東側堤防 釣り場

堤防の東側は岩礁帯が広がっていて、水深は非常に浅いです。

カサゴやソイを狙うのに良い地形ですね。

水深・地形

まずは堤防の先端の常夜灯の下から港内に向かって魚探掛けを行いました。

下流港 水深

岸壁から35mほど離れた地点で水深は3m~3.5mほど。

この日は少し風が吹いていて海面が細かく波気立っていたので、海底がボコボコして見えますが、砂泥底の場所がメインです。

手前は沈みテトラが入っていて水深が少し浅くなり、硬い反応になっています。

次は先端のテトラから沖に向かって魚探掛けを行いました。

下流港 水深

外洋側は港内よりも急深な地形で、テトラから35mほどの地点で水深は5m前後。

場所によって岩礁帯の場所と砂泥底の場所がありますが、岩礁帯の場所がかなり多いですね。

海藻が生えている場所も多いです。

駐車場・トイレ

  • 駐車場:あり
  • トイレ:無し
下流港 駐車場

駐車スペースは港内にありますが、漁師の方の迷惑にならないように。

付近にトイレはありません。

アクセス

県道16号下田石廊松崎線沿い、伊豆漁協南伊豆支所下流出張所(0558-65-0168)が目印。

釣具店・周辺施設

つりえさ南礁

  • 住所:〒415-0152 静岡県賀茂郡南伊豆町湊274−3
  • 電話番号:0558-62-3835
  • 営業時間:3:00~20:00

ファミリーマート南伊豆日野店

  • 住所:〒415-0152 静岡県賀茂郡南伊豆町湊303−1
  • 電話番号:0558-62-7108
  • 営業時間:24時間

セブンイレブン伊豆弓ヶ浜入り口店

  • 住所:〒415-0152 静岡県賀茂郡南伊豆町湊235−1
  • 電話番号:0558-62-0234
  • 営業時間:24時間

おすすめ関連記事

南伊豆の釣り場一覧

南伊豆の釣り場 【徹底解説】南伊豆の釣り場・ポイント一覧

南伊豆エリアの釣り場の様子や釣れる魚・地形などを解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です