浜名湖チニング釣行 水温低下に苦戦の展開

クロダイ 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、先日は浜名湖方面へチニング釣行してきました。

今回は仲のいい釣具屋の店員さんも浜名湖でチヌを釣ってみたいということで、現地で合流することに。
午後から予定があるということで、午前中は2人で釣りをやって午後からは一人での釣行です。

果たして今回はどんな釣行に?

活性が低いチヌに苦戦

とりあえず朝マズメにボウズ逃れをするプランだったんですが、同行者が寝坊により遅刻(笑)
ちょっと眠かったので、私も車の中で仮眠して彼が到着するのを待つことに。

朝のゴールデンタイムが過ぎたくらいからの時間に実釣開始です。

ショートバイト少し・追い食いなし

とりあえず最初は朝・夕に比較的実績がある回遊型のチヌを狙うのに適したポイントへ。

風が少し強めに吹いていますが、風自体はチヌの活性をあげるので悪い状況ではないですね。
少し横風気味なのが気になりますが、ササっと準備をして釣りを始めます。

同行者はクレイジーフラッパーを使う感じなので、私はハリーシュリンプ3インチで様子見を。
シンカーは7gをチョイスしました。

風向きが悪くて湖底をワームが転がりやすく、普段以上に根掛かりしやすい感じですね(-_-;)
沖の砂泥底のエリアまでワームを入れたいんですが、風が強いのでギリギリ届くかどうかといった具合。

ランガン気味にどんどん釣り歩いていくと、さっそく私にバイトあり。

しかし一回コツンという感触があっただけで追い食いはせず。
これではとてもじゃないですが、合わせを入れることはできませんでした。

その後も2人で釣っていきますが、2人とも一瞬チヌがワームに降れる感じのバイトばかりで、しっかり食い込むような気配がありません・・・・。

それでもアタリが出るスポットを見つけて丁寧に探り続けると、ようやく渋いながらも追い食いが。
タイミングを見てかなりジックリ食わせてから合わせを入れて無事ヒット。

そこそこの引きで上がってきたのは30cm中盤くらいのキビレ。
これでボウズ逃れに成功しましたが、スマホを車の中に置いてきてしまったのでそのままリリース。

同行者もアタリはあるものの合わせが入れられるようなものは無い感じ。

この様子だと、チヌの活性はかなり低そうですね(-_-;)

移動してシャロー絡みの駆け上がり狙い

最初に入ったポイントの様子からして、今回はかなり状況が悪そうです。
深追いしても時間が無駄になるので、早めに見切りをつけて移動します。


次はシャローに隣接した駆け上がり+根が絡んでくるスポットを狙うことに。
割と日中でも実績がある場所です。

浅い場所から順に探りを入れていくと、ちょっと水深が落ちた場所で私にバイト。
相変わらず渋い系のアタリでしたが、何度かコツコツとアタッてきました。

ちょっと駆け引きをしてから合わせを入れると無事針掛かりしましたが、重たい感じの引き。
ヒラメかマゴチでも掛かったのかと思いましたが、釣れたのはキビレ。
体に海藻が絡んでいたのが違和感の原因でした。

浜名湖 チヌ 釣果

何とか2枚目をキャッチしましたが、今回はかなり渋いぞ・・・・。
アタリ自体も少ないですし、おまけに食いも浅いなぁ。

ちなみにこの時点で2人ともウェーダーに穴が開いていて足がびちょ濡れ(笑)
なんだかなぁ。

その後は私に1度だけ良いバイトがあったんですが、一瞬フックアップしてフックアウト。
同行者にもショートバイトが何度かあったものの、相変わらず一瞬だけつつくようなアタリで合わせは入れられず。

その後再び移動して釣りを続けたんですが、移動先もチヌの活性はかなり低く、掛けられるようなアタリはありません(-_-;)

場所によってかなり冷たい水のエリアがあり、水温低下によって魚の活性が落ちているのかな。
ベイトフィッシュの気配もいつもより少ないし、岸近くにいるチヌの数も少なかった。

そのままタイムアップを迎えてしまい、ここからは1人釣行です。

水温が高いエリア狙い!

午前中は時間があまりなかったこともあり、比較的近場を回りました。
午後からは私1人なので、ちょっと離れたポイントまで視野に入れて狙ってみます。

ハクの群れを発見!

午前の状況から魚の活性が低いことは間違いないので、まずは水温が安定していそうなエリアを優先的に調査します。
車を走らせてやってきたのは、水の動きがあまりない場所。

歩いて様子を見てみると、表層にはハク(ボラの幼魚)が超大量に溜まっています。
ウェーディングしてみると明らかに午前のポイントよりも水がぬるい感じで、これなら釣果も期待できるか?

周囲には水鳥も沢山いて、何となく良さそうな感じがします。

風がさらに強くなってきて釣りが非常に難しい状態で、ロッドアクションを与える釣り方は無理かなぁ。
午前は超ショートバイトばかりだったし、ここでワームを1口サイズの小さいやつにチェンジしてみる。

以前購入していたちびチヌムシをチョイス。

小さいワームの方が風の影響を受けにくいので、これで何とか釣りになればいいけど・・・・。

ポイントの地形は既に把握しているので、変化のある場所を重点的に狙い撃ちします。

風がビュービュー吹いていて厄介ですが、かなり沖の駆け上がりをズルズル引くと、ムニュッという違和感。
少しテンションを掛けてリールをゆっくり巻くと、穂先がゆっくり入っていきました。

マゴチ 釣果

釣れたのはマゴチ。いきなり1投目で釣れました★
風強くてアタリがハッキリしませんでしたが、何となくチヌではないことは予想していました。

魚をリリースして次を狙うと、再びすぐにアタリが。
合わせを入れるとゆったりした首振り。

浜名湖 マゴチ

さっきよりもデカいマゴチが釣れました。
浜名湖にしては良いサイズ★

とりあえずマゴチを2匹追加しましたが、更に風が強くなってきたし、腹も減ったし、ちょっと眠くなってきたので一旦釣りをやめて休憩&仮眠することに。

夕マズメにクロダイ・キビレ!

少し仮眠して夕マズメ前くらいの時間から釣りを再開しました。

濁り+ベイトフィッシュ接岸

再びポイントを大きく移動し、夕マズメのチャンスに賭けます。

まだ風が強く吹いていますが、正面から風を受ける場所を選べたので何とかなりそうです。
岸際にはかなり強い濁りが広がっていますが、ベイト気配もあるので期待できるかな。

ワームはそのままちびチヌムシで探りを入れてみます。

ちょっと根掛かりのリスクがある場所なので注意しつつ、ズル引きと少し速めの巻きを使ったストップアンドゴーを試してみます。
ハクの群れが速いスピードで泳いでいるので、チヌやシーバスに追われているのか?

何となく釣れそうな気配を感じつつ、岸近くでワームを少し速めの速度でスイミングさせた瞬間にガツンとバイト。
合わせを入れると重量感がある引き。

クロダイ 釣果

良く肥えたクロダイをキャッチしました。
釣り開始2投目で釣れたので、幸先が良いですね★

すぐにリリースして釣りを再開しますが、アタリはポツポツ出るものの掛かりはイマイチ。
それでも午前中の激渋なコンディションよりは明らかに魚の反応は多く、しばらくしてまたヒット。

浜名湖 クロダイ

またクロダイをキャッチ。
ボトムステイからの巻きでガツンと来たので、気持ちが良かった。

夕マズメにキビレをキャッチ

その後しばらく探ってアタリが無くなったので、最後のポイント移動です。

次にやってきたのは超シャローエリア。
夕マズメにチヌが浅い場所に差してくれば面白い釣りができるはず。

マズメになって風がかなり弱くなったので、ここでワームをハリーシュリンプに戻しました。

沖に大きめの岩が入っている場所なので、雑に釣りをするとすぐ根掛かるので注意しつつ探っていく・・・。

しばらく釣り歩いていくとガツガツッとバイト。
明らかにアタリ方が良くなり、しつこく追い食いしてきました。

タイミングを見て合わせを入れると無事ヒットし、良い引きで上がってきたのは40くらいのキビレでした。
良く肥えていて綺麗な魚体、回遊型っぽい感じですね。
またしても車にスマホを置いてきてしまったので、そのままリリース。

日が傾いてくるとベイトフィッシュの気配も濃くなってきてアタリも頻発。
それでも良い時のようにバシバシ合わせが決まる食い方ではないので、アタリの数の割にフッキングが難しくテクニカル。

結局フッキングに苦戦しつつもう1匹キビレをキャッチできましたが、時間が経つとチヌは別の場所へ移動してしまったのかアタリが急に激減。
久しぶりにガッツリ釣りをしたので、深追いはせずにこれにて撤収することに。

今回はかなり頑張ってキビレ4・クロダイ2・マゴチ2と、厳しい浜名湖でしたね(-_-;)

これまでチニングをやってきて、一番厄介なのは水温低下な気がしますね。
潮位や濁り・潮・ベイトなどの要素ももちろんありますが、少し冷たい雨が降った後なんかは突然魚の気配が無くなって激渋になる印象ですね。

今度はもうちょっといい条件の時に行きたいですな。

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 月下美人AIRAGSメバリングモデル 78ML-S
  • リール:ダイワ 19バリスティック LT2500SS-CXH
  • ライン:ゴーセン ROOTS PE X8 0.6号、サンライン ブラックストリームプラズマ2.5号
  • ルアー:ボトムアップ ハリーシュリンプ3インチ、ジャッカル ちびチヌムシなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です