11月22日更新分 尺メッキ出現!良型の引きを堪能

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は朝マズメが終わったくらいの時間からヒラマサ狙いで地磯へ。

しかし、ベイトの気配も全くないし、ヒラマサのみならずショゴやサワラ・ブリなど回遊魚全般が釣れる感じではなかったので、すぐに見切りをつけて終了・・・・。

その後はお手軽なライトゲームでメッキやチヌを狙うことにしました。

青物狙いは完全撃沈でしたが、ライトゲームで盛り返すことができたのか?

良型アジを発見!

磯で完全敗走して少し気持ちが落ちていましたが、ライトゲームでは最近全く狙っていなかったエリアの様子を見てみることに。

初夏にかけて尺クラスのアジが釣れたポイントで、そろそろアジが入ってくるかもしれませんからね。

釣り場に着くと、地元の高齢者たちが何人も釣りをやっています。

普段はほとんど人がいない場所なので、これは何か釣れている可能性が高いですね。

様子を見てみると、木っ端メジナなどに混ざって20cm後半ほどのアジがウジャウジャ★

しかし、コマセを大量に撒かれているのでワームを投げても完全スルー・・・。

これを狙っても時間の無駄になるので、少し離れたところでボトムワインドをやってみると20mほどのメッキがヒット。

すぐにリリースして釣りを再開しましたが、群れていなかったのかアタリが続かず、25cmほどのチャリコが釣れたのみ。

とりあえずここにアジが居ることは分かったので、後は餌が撒かれる時間をさけて釣りをすればかなり高い確率で釣れるはず。

今回は深追いはせず、またの機会に狙うことを決めて大きくポイント移動。

尺クラスのメッキが回遊!

アジが釣れた場所から15kmほど大きく移動し、メッキやチヌを狙ってみます。

満潮周りでかなり水位が高く、水面にはボラの幼魚や小さなキビナゴっぽい魚影が見えます。

何となく生命感があるので、ここはトップゲームで広範囲を探ってみます。

先日購入してみたメバフロッグ動を使ってみます。

まずは見える範囲で動かしてルアーの特性をチェックしますが、ポッパーとして使うよりもペンシルベイトとしての動きが良い感じ。

軽めのスプラッシュを出しながらスケーティングさせて使います。

スロープ周りや沖の沈み岩周りをテンポよく探っていくと、突然「バコッ」と良いバイト。

巻き合わせを入れると結構強い引き込みがあり、ドラグが出ます。

これは本命のメッキで確定ですね!

楽しい引きを堪能して無事キャッチ。

メバフロッグ メッキ

20cm台後半の良型メッキをキャッチしました。

幸先良く釣れたのでこれで入れ食いモードになる予感がしたんですが、群れが小規模だったのか、移動がかなり早い為かその後は無反応になりました。

同じ場所で投げ続けても釣れる気がしなかったので、かけあがりの斜面などの地形変化の周辺を歩き回って釣っていきます。

時々10cm前後の小型のボラが散るような動きがあり、魚のボイルは無いものの何かに追われている様子が見えます。

ボラの群れの中にメバフロッグを通しても全く反応が無かったんですが、少し離れた場所のかけあがりの斜面の上を引くと「ボシュッ」とバイトあり!

合わせを入れるとこれまた強い引きで、ドラグがジリジリ出ました。

ゆっくり寄せてくると、見えてきたのは今シーズン一番大きそうなメッキです★

タイミングを見て抜きあげて無事捕獲。

メッキ

これは良いサイズ、ロッドのグリップよりも少し長いジャスト30cmほどの尺メッキですな。
トップゲームで釣れたので、気持ちよさは半端ない。

シーズン初期から20cm台中~後半は釣れていましたが、尺メッキはまだ釣れてませんでした。

このメッキを釣り上げた時に大型のメッキが他にも見えたのですぐに釣りを再開すると、活性が上がったのか同じくらいの大きさのメッキを2匹追加。

ドラグがギュンギュン出させるので、楽しすぎますね!

今シーズン一番のメッキがトップゲームで釣れて最高な時間でしたが、メッキはスレてしまったのか水面を割らなくなりました。

こうなったらワームにチェンジし、ボトム付近をダートで探ります。

鉄板のデュアルビーム+デルタマジックヘビー5gを使います。

数投キャストしても反応が無くて群れが居なくなったのかと思いましたが、少し急深なスポットを打つと「ゴッ」という鋭いバイト。

メッキ

ブリブリに肥えた20cm台後半のメッキを追加。
尺メッキにはサイズは劣りますが、コンディション抜群でかなりのパワーでしたね!

ボトムパターンでもう1匹良型を追加し、メッキは去ってしまったのか反応が完全に消えました。

その後はこの付近を釣り歩き・・・

オオモンハタ

いつものオオモンハタや

カサゴ

カサゴを釣ってお昼になったので、今回はこれにて終了しました。

11月の晩秋になり、一段とメッキのサイズが大きくなってきて最高に楽しかったですね。

数はそれほど出ませんでしたが良型の群れも確認できたので、12月くらいになったら尺の可能性がもう少し高まるのかな?

冬になって水温が下がってくるとどうしてもメッキは引きが弱くなってくるので、まだこの時期のそこそこ水温が高い時に釣れる尺メッキは良いですね!
ライトゲームロッドがバットから曲がってドラグが勢いよく出ます。

アジの回遊が始まっているポイントも確認できたし、青物はダメダメでしたが結果としては良かったですな。

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 月下美人EX 68L-T・Q
  • リール:シマノ 22ステラC2000SHG
  • ライン:DUEL アーマードF+Pro 0.4号、サンライン ブラックストリームプラズマ 1.75号
  • ルアー:ダイワ 月下美人デュアルビーム、レインズ メバフロッグ動

おすすめ関連記事

メッキ釣り初心者講座

メッキ釣り 入門 【ここからはじめる】メッキのルアー釣り入門! タックル選び~必要な基礎知識まとめ

メッキ釣りに必要な基礎知識をまるっと解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です