静岡ヒラメ釣行 強風吹き荒れるも複数釣果

アスリート12SSP ヒラメ

こんにちは、まるなかです。

さてさて、今回は前回の久々のサーフヒラメ釣行に続き、2回目の復帰戦へ。

 

ここの所日中は風が強い日が多く、中々サーフに行けるコンディションにならない感じで・・・・。

今回も少し風が強そうな予報でしたが、若干マシな感じだったのでデイゲームの釣りへ。

 

果たして今回の釣行はどんな結果に?



横風強めの静岡サーフ

釣り場は前回とは少し違う場所を選び、適当に様子を見てみる事に。

 

予報通り風は少し強めに吹いているものの、何とか釣りができそうな感じです。

横方向に風が吹いており、波はさほどない状況。あとは風さえ何とかなれば、魚は十分釣れそうな雰囲気ではある。

手前の潮をシンペンで探る

とりあえず先発はファイアヘッド20g+パワーシャッド5インチの組み合わせで。

正面に遠投し、潮の通り具合をチェック。

 

底潮の通りは非常に釣れそうな感じで、風向きと逆に流れているパターン( ̄ー ̄)

この感じは見た目以上に釣りやすい状況ですね。

 

しかし、沖の方は底潮が殆ど通っておらず、手前側30m~40m位までが釣れそうな状態。

こうなると水深が浅い手前側が探りにくいので、すぐにルアーをシンペンにチェンジ。

 

選んだのはジャクソンのアスリート12SSP。

このシンペンは後方重心設定で飛距離も非常に伸び、それでいて浮き上がりは良好。

 

横方向の風に当てるようにキャストし、潮を出来るだけ正面から受けるコースで探りを入れていく。

狙うのは潮が通っている浅い場所を横方向に探っていくので、人が多い場所ではこの釣り方はできない。

今回も周辺には誰も釣り人が居ないので、あまり魚が釣れている状況ではないのだろう。

 

底潮をうまくルアーに当てつつ、スローなテンションを掛けたリフトフォールで誘う。

 

すると、幸先よく数投目にガツンとバイト。

フォール中の気持ちいいアタリだったが、アワセを入れるとちょっとだけドラグが出た。

 

悪くないサイズのヒラメっぽいが、風が強いのでコントロールが少し難しい。

テトラに擦れないようにやり取りを行い、ネットを使ってランディング。

アスリート12SSP ヒラメ

50チョイ程のヒラメをキャッチ。

結構肉厚で良く引いたが、狙い通りに釣れたので今日は良い感じか?

 

とりあえずヒラメはすぐにリリースし、次を狙っていく。

魚影が薄い為か、しばし沈黙

その後も良い感じに底潮は通っているんですが、ヒラメのアタリは無し。

テトラ帯をランガンでテンポよく打っていくが、これといった良さそうな地形変化は無いか・・・。

 

しばらく歩き回りながら浅い場所をシンペンで流したものの、完全ノーバイト。

潮目が緩み、状況に変化が

その後も歩き回って地形探査をしつつ釣りを続けていくと、沖にあった潮目がちょっと変わり始めた。

 

風は相変わらず強いものの、ベイトの気配もあるので釣れそうな気がする。

サワラのモジリ発生

しばらく気になるスポットを探っていると、突然水面が騒がしくなった。

風が強くて見にくいが、見た感じサワラか何かがベイトを追っているっぽい。

 

少し沖側で魚が出ているので、ルアーをアスリート12SSPから飛びキングにチェンジする。

しかし、魚の気配がある場所の表層~中層を巻きの釣りで探ったものの、ベイトのサイズが小さい為か完全無視。

 

しばらく狙ってみたが釣れそうもないし、気配も消えたのでヒラメ釣りを再開する。

ボトムのただ巻きでヒラメを追加

その後は飛びキングのままボトム攻め。

フロントフックを付けていないので、ボトムまで沈めたらスローな巻きでテロテロと丁寧に引く。

 

少しずつ歩きながら探り続けていると、忘れた頃にガツガツっとバイト。

ワンテンポ遅らせ気味に合わせを入れると、そこまで重量感は無いもののヒラメっぽい引き。

相変わらず風が強くてやり取りがしにくいが、キャッチできそうな場所まで魚を誘導してランディング。

飛びキング ヒラメ 釣果

サイズダウンしたものの、2枚目のヒラメをキャッチ。

ヒラメ自体は居るにはいるが、群れているような感じではないな。

 

とりあえずこの魚である程度満足したので、ちょっと時間はありますが撤収することに。

釣況的には微妙か

ここ2釣行でサーフの状況を見た感じとしては、ヒラメ・マゴチ共に魚影はあまり濃くない感じですね。

魚の接岸状況が良い時は、今回のように底潮の通りが良ければもっと簡単にアタリが出るはずなので。

 

そうはいっても魚自体は確実にいるので、しっかりポイントを絞り込んでルアーを入れる角度やレンジなどを計算して釣っていけば、ある程度の釣果は出せそうです。

 

あとは潮の通り具合が良い状況の時にどれだけ当たるかといった感じですが、こればかりは運の要素が強いので・・・。

そんな感じで、今回のヒラメ釣行は良くも無ければ悪くもない、ボチボチな釣行でした。

 

使用タックル

  • ロッド:ジークラフト セブンセンスTR モンスターサーフ MSS-1052-TR
  • リール:シマノ 18ステラ 4000XG
  • ライン:よつあみ エックスブレイド ジグマンウルトラX8 1号+サンライン ブラックストリーム6号
  • ルアー:ジャクソン アスリート12SSP、ジャンプライズ 飛びキング

おすすめ関連記事

▼静岡サーフのヒラメ釣りガイド

ヒラメ 開拓 条件

静岡サーフのヒラメ・マゴチ釣り 攻略のための基礎講座!

2019年6月10日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です