静岡サーフヒラメ釣行 梅雨時期のサーフで4種目制覇!!

梅雨時期 ヒラメ 釣果

さてさて、今回はサーフへヒラメ釣行。

ちょっと風が強く、うねりもある展開でしたが中々楽しい釣りが展開できましたね!

梅雨時期は前線からのウネリの影響も出やすいですが、ヒラメのチャンスはまだまだあるので。

早速今回の釣行を振り返っていきます。




梅雨前線からのウネリ+風。6月のサーフヒラメ

ちょっと天候的には良くない感じでしたが、ここの所ずっと魚が釣れているのでついつい釣行してしまいました。

風向きなどを見つつ、ポイントを選んで釣りを開始します。

うねりが有って足場が低いと釣り難い為、サーフに降りられるテトラ帯をチョイスです。

釣りを始めようとしたら、「向こうの方打たせてもらってもいいですか?」という釣り人の方が。

ライトショアジギングで青物狙いっぽいが、結構離れた場所でやるのに声を掛けてくれるとは良い方だ(*^^*)

時々至近距離で何も言わずに入ってくる方もいるが、1言声を掛ければ全然違うよね。

うねりはあるものの、まだ風はそこまで吹いていないので「21gのフラットジャンキージグヘッドSS+パワーシャッド5インチの鮃グロウ」で様子見・・・・。

沖にキャストして着底を取るが、潮の通りはかなり良い感じ♪

これなら釣れそうだなぁと思いつつ、丁寧にテロテロワームを引いてくると手前でバイト!

1投目だったので不意を突かれたが、2回ほどしっかり合わせを入れてやり取り開始。

引き的にまずまずな型のヒラメっぽいが、途中のウネリでまさかのバラシ・・・・・。

コレで釣れていたら幸先良すぎだったんだけどなぁ。

若干フックが甘くなっていたのをスルーして使い続けたのが悪かったかな。

フックを新品に交換し、再び期待を込めて釣りを再開する。

表層はウネリで多少濁ってはいるものの、ヒラメが狙える程度の濁りなので気にしない。

若干低めの巻きメインのリフトフォールとただ巻きを主体に探っていく。

悪条件の時は糸フケが出やすいので、常にラインテンションを掛けた釣りを意識すると良いね!

すると、15分くらいしてまたバイト!!

今度はバラさないように、しっかり追い合わせも入れて巻き巻き・・・・。

さっきよりは小さそうだが、ガッチリフックが掛かっていたので抜き上げてキャッチ。

ヒラメ 釣果

40cmそこそこのアベレージサイズだったが、ジグヘッドは丸のみだ。

フックを外しているとさっきの方が来られて、「何か釣れましたか?」と聞かれる。

私はサーフで釣れた魚は持って帰らないので、「持ってきます??」と聞くと欲しいとの事。

なので、血抜きと締めを行いヒラメはプレゼント。

家族が魚好きらしく、クーラーボックスも持たれていたのでお土産が出来て喜んでいた。

まだまだ潮の通り方は釣れそうなんだけど、徐々に風が強くなってきて釣り難い展開になって来たぞ・・・・。

横風強風。タングステンメタルジグで連発モード!

ちょっとワームで探るのには辛い状況になってしまった・・・・。

ジグパラショートに変えて釣ろうかと考えたんだけど、

「そういえばワカナゴ、カンパチ用に買ったタングステンがあるな」ということを思い出す。

以前、ヒラメやマゴチの気配が無い時に小型の青物と遊ぶようにジグパラTGを1個買っておいたのだ。

こういう時こそタングステンジグの良さが引き出せるはずなので、早速ジグに付け替えて釣りを再開。

まずは使用感やアクションをチェックし、ジグの特性が引き出せる使い方を見つけて行きます。

飛距離も伸びるし、意外と遅いリトリーブでもアクションしてくれるので底物にも十分対応できるね( ̄ー ̄)

しばらく釣りをしていると、表層付近で何かが当たる。

フッキングしなかったが間違いなく魚の感触だったので、すぐに投げなおして早めのただ巻き・・・・。

再びゴツッというバイトがあり、合わせを入れたが引かない。

またバラしたのかと思ったが、釣れてきたのは20cm程のワカナゴ。

コイツは弱りやすいので、ノータッチでリリース。

どうやらワカナゴの群れが回って来たらしく、3匹程ワカナゴが釣れた。

さっきの青物狙いの方もワカナゴっぽい魚が釣れていた。



夕方の時合いで「例のヤツ」が

そのまましばらく魚の反応が無い時間帯になったが、潮の通りは相変わらず良い状態をキープしている。

そろそろ夕マズメのチャンスタイムになりそうだなぁと思っていたら、底ギリギリをただ巻き中にゴツンと良いバイト!

合わせを入れると結構突っ込むが、流れていた木の枝にラインが絡んでしまった(-_-;)

おまけに流れていた水草にも絡んで最悪だ・・・・。

マゴチのような感じもするが、結構強く引くので何が掛かったのか?

絡んでいるゴミが邪魔だし、雑にやり取りするとラインが切れるかもしれないので浜に降りてやり取りする。

近寄ってくると、今年何度も味わったあの引きを思い出す・・・・。

さっきヒラメを貰ってもらった方が見に来たが、「持って帰ったら喜ばれるやつですよ~」と言ってキャッチ体制に。

上がってきたのは予想通り、最近好かれている「ヤツ」だった。

マダイ 釣果

一体今年は何匹マダイが釣れてくれるんだよ(笑)

結構肉厚系で「アタリ」っぽい個体だ。

全く持ち帰る気はないので

「持って帰ります?」と聞くと喜んでくれた(笑)

マダイは釣ったことが無いらしく、非常に喜んでくれたので良かった。

サイズ的には50後半くらいなので、そこまで大きくないけど。

ジグパラTG フック 潰れる

リアフックが口の中に入っていたが、1発で潰されたね。

まだ時間的にはこれからがチャンスなので、フックを新品に交換してまた釣りを再開。

まだ明るさは十分あり、本命タイムまでには時間があるなぁ。

なんて思っていたらまたすぐにバイト!!

今度もグングン突っ込むが、先程よりも横に走る感じは無い。

またしても浮いているゴミにラインが絡んでしまったが、そこまで大きなゴミではないのでテトラの上でキャッチ!

マゴチ 釣果

丸々と肥えた良型マゴチをキャッチです。

マゴチはちょうど旬、これはうまそうだな♪

せっかくなので再びさっきの方へ魚を持っていくと、「本当に良いんですか?」といって貰ってくれた。

これで「ヒラメ、マダイ、マゴチ」と3種類クーラーボックスに入って豪華なお土産が完成した笑

「素直に喜んでいいのかわからないですけど、今までで1番大漁です!」

と言ってくれたので、きっと魚好きの家族も喜ぶことだろう笑

ちなみにこれで彼のクーラーボックスの蓋が閉まらない状態になったので、引き上げるとの事。

まだゴールデンタイムはこれからだけど、もう十分釣れたので早上がりすることに。

うねりと風があり、ゴミもちょっと多く浮いている状況でしたが、底潮が良い時はやはり面白い釣りができますね。

それにしても、今年はマダイが良く釣れるなぁ。

使用タックル

ロッド:ダイコー アルテサーノエヴォルティア107/09TZ

リール:シマノ18ステラ4000XG+ゴメクサス パワーハンドル

ライン:サンライン シグロンPEX8 1.0号+シマノ オシアリーダーEXフロロ6号

ルアー:ダイワ フラットジャンキージグヘッドSS21g+エコギア パワーシャッド5インチ、メジャークラフト ジグパラTG32g

おすすめコンテンツ

ブログ村

2 件のコメント

  • 滅茶苦茶釣りますね、相変わらず(笑)
    プロに締めて貰った高級魚を持ち帰れた挨拶釣り人はラッキーですねぇ。良い魚でも野締めだと台無しですもんね。
    私もフィールドに立つ際には、すぐ両隣は勿論、ある程度離れていてもキャスト範囲が被る可能性が有る場合は、テトラ帯等でも極力挨拶に行って「お隣入りますヨロシク」とやるようにしてます。
    そのお陰だと思いますが、喧嘩などになった事もなく楽しくやれてますので、挨拶は超大事ですよね。

    • こんにちは、まるなかです。

      あくまで基本に忠実に、余計な事はしないで釣っているだけですよ!

      クーラーに魚がいっぱいになって喜んでくれたので良かったです(*^^*)
      最近は魚をキープすることはほぼないので、隣に入った方はラッキーかも(笑)

      人によっては全く声を掛けず、ラインを横に入れてくる方もいたり・・・・。
      以前会った方は勝手にオマツリした私のラインを切り、流石にイラっとしたので文句を言いに行ったらしらばくれる始末。
      最後はおどおどして困っていましたが、そういう対応をされると争いが嫌いな私でも怒りますね(笑)

      釣りはマナーよく・楽しくやるのが一番ですが、面倒なのは嫌なので、人が多いポイントでは後から入って釣りをしないようにしていますね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です