三保のアオリイカエギング釣行 サーフエギングで釣果出てます

三保サーフ エギング

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は三保サーフへアオリイカエギングへ。

 

10月に入って港内から徐々に外洋に面したポイントにアオリイカが移動してくるシーズン。

石津浜よりも若干遅れて秋のサーフエギングが本格化するのが三保の例年のパターンなんですが、果たして今回はどんな釣行に?

 

▼【おすすめ関連記事】三保サーフのアオリイカエギングを解説!

三保 エギング ポイント

三保のアオリイカエギングを解説。攻略のための基礎知識まとめ

2020年10月9日

三保サーフの秋のアオリイカエギング開幕してます!

とりあえず釣り場はガラガラなので、これなら好きな場所にエントリーできそうです。

タチウオ狙いっぽい餌釣りの方が若干いますが、石津浜と比べたら釣り人が圧倒的に少ないので快適です★

まずは地形変化をチェックしつつ、ランガンして広範囲を探ってみることに。

程よく潮が流れる展開

状況は若干波気立っており、月も出ていないので闇夜のナイトエギングです。

 

先発はDUELのEZ-Qマグキャストサーチダブルグローの3.5号。

カラーはマーブルピンクをチョイス。

 

マグキャストの飛距離+ラトル+グローによってかなりハイアピール、手っ取り早い展開に使いやすいエギですね。

潮の澄み具合や光量によって光を当てて光らせるか、光らせないかを調整したりすることでアピールの強さを調節すると良いです。

 

今回は釣り人も少なく、暗闇のコンディションなのでしっかり蓄光させて探っていきます。

 

潮は左から右に向かっていい具合に流れており釣れそうな気配はあります。

今回はランガンして広範囲を釣り歩いていく作戦なので、中層とボトムを探ったら10mくらい移動してキャストを繰り返します。

駆け上がりの手前でアオリイカがヒット!

三保サーフは駆け上がりの斜面がキツく、手前を攻める時は連続したジャークでエギを一気に浮上させ、カーブフォールで滞空時間をうまく稼ぐ釣り方が有効。

 

駆け上がり付近を中心に探りますが、この時期のアオリイカは波打ち際で乗ってくることもかなり多いので、可能であれば波打ち際も探ります。

 

潮位が低かったり、風が強くてエギのコントロールが難しい時は駆け上がりの向こう側だけ攻めることも多いですね。

30分ほどは全くアタリが無かったんですが、駆け上がりの手前の浅い場所を探ったときにファーストバイト。

波打ち際から15mくらいの距離だったので、まさに回収寸前。

 

合わせを入れると若干の引きはありますが、上がってきたのは200g弱くらいの小型。

これはキープしても可愛そうなので、ノータッチでリリース。

とりあえずボウズ逃れには成功したので、気は楽になりましたね!



潮が止まりかけた時に2杯目をキャッチ

まだイカが釣れそうな気配はあるものの、しばらくランガンしたんですが反応は無し。

あまり歩きすぎると帰りが大変なので、来た道を戻ることに。

 

帰りの道はエギをラトル無しのものに変え、アピール力を落として様子を見ます。

選んだのはマグキャスト3.5号のリアルイソスジエビ。

クリア系の地味なカラーなのでナイトエギングでは使いにくいと感じる方がいるかもしれませんが、実際に使ってみると全く問題なくアオリイカは乗ってきます。

むしろプレッシャーが高い釣り場などではこういう地味なカラーの方が安定して反応を引き出しやすいことも多く、私のかなりお気に入りカラーの1つですね。

 

若干横風が吹いてきたのが気になりますが、沖にしっかり遠投して探りを入れます。

風が吹いてきたのでジャークはラインスラッグを少なく、小刻みな速いアクションでエギを縦方向にクイックに持ち上げる感じで。

 

だいたい5回~8回くらい連続でジャークしてエギをしっかり持ち上げ、テンションフォールで落とし込みます。

 

最初のイカは波打ち際の浅い場所で乗ってきたので、狙いは中層をメインにします。

 

駆け上がりの斜面付近は特にイカが集まりやすいので集中して探りますが、しばらくランガンすると狙い通りの距離でアタリ。

アタリを取るためにリールをほんの少し巻き、穂先にテンションを掛けたら微妙な重さが乗ってくるタイプのアタリ方でした。

 

バシッと合わせを入れると先ほどよりも少し重量感があり、この微妙なアタリを合わせていくのがナイトエギングの楽しさですね~。

「ジャークしたらイカが乗っていた」では楽しさは半減してしまい、積極的に掛けていくのが醍醐味です。

三保サーフ エギング

サイズアップしてキープサイズの秋イカをキャッチです。

 

サーフのアオリイカエギングはランガンするのと回遊待ちの2パターンがあります。

どちらが良いのかは好みや釣り場の状況にもよるんですが、シーズン初期のアオリイカは遊泳力が低く、回遊範囲が狭い傾向があるように思えますね。

 

なのでどちらかといえばランガンし、こちらからアオリイカにどんどんアプローチしていく方が効率よく釣れる気がします。

サイズが大きくなってきたらアオリイカの回遊範囲が広くなるので、固定砲台スタイルでも良いと思います。

 

とりあえず三保サーフのナイトエギングはぼちぼち楽しめたので、これにて撤収しました。

 

使用タックル

ロッド:ダイワ エメラルダスストイストAGS 88LM-S

リール:ダイワ 18イグジスト LT3000S-CXH

ライン:サンライン ソルティメイトPE-EGI ULT HS8 0.6号 + シーガーグランドマックス2.5号

エギ・ルアー:デュエル マグキャストサーチダブルグロー3.5号、マグキャスト(ノーマル)3.5号

おすすめ関連記事

▼三保サーフのアオリイカエギングを解説!

三保 エギング ポイント

三保のアオリイカエギングを解説。攻略のための基礎知識まとめ

2020年10月9日

▼ナイトエギング攻略講座

エギング リーダー 長さ

夜のサーフエギングで釣果を出すための基礎知識!

2019年4月11日

▼サーフエギングに強い!マグキャストインプレ

マグキャスト

DUEL EZ-Qマグキャストを実釣インプレッション!【使い方・オススメカラー】

2019年4月5日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です