1月の静岡ライトゲーム釣行 魚の気配薄いもアジの釣果!

アジ 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、先日は港の中へライトゲーム釣行へ。

年明けにも何度か釣行しているんですが、明るい時間帯はメッキとカマスがポツポツ釣れるくらいで連発モードには遠い状態・・・。

なので今回は朝マズメの暗い時間帯から釣行し、ナイトゲームの様子見です。

既に1月に入っているので、例年ならメバルが釣れるはず。

なのでちょっとランガン気味に港の中を釣り歩いてみて、メバルが釣れたらいいなぁと。

果たして真冬のライトゲーム釣行はどんな結果に?

ベイトの気配無く、極寒のライトゲーム

とりあえず港内の根回りを中心にメバルを探すプランで釣りを開始してみます。

まだ正月休みの方も多いはずなんですが、周囲に釣り人は1人もいません。

多少なりとも魚が釣れていれば混雑するのが静岡なので、これはよほど魚が釣れてないんでしょうね(-_-;)

とりあえずササっと準備をしてランガン開始です。

メバルの気配は全く感じられず・・・

既に1月ということもあり、この時期は産卵直前のメバルが本来なら釣れるはず。

しかし今年は例年にも増して水温が高く、メバルの釣果は聞かれていない。

とりあえず暗闇の沈み根周辺をワームで狙ってみます。

選んだのは無難にベビーサーディン+メバスタ2gの鉄板の組み合わせ。

沈み根周辺を丁寧に狙うのが基本になるので、しっかりカウントダウンで沈めこんで釣っていきます。

本来ならメバルやカマスが期待できるスポットなんですが、ひたすら探り続けてもアタリは皆無・・・・。

30分ほど探っても全く魚の気配はなく、ベイトフィッシュの姿も見えないのでこれはダメかなぁ。

沈み根に着く良型メバル狙いは諦め、常夜灯周りを狙ってみることにします。

常夜灯周りも魚影は薄く・・・

常夜灯周りのポイントに移動しましたが、どこへ行っても釣り人が居ません(笑)

貸し切り状態で釣りができるので、どんどんテンポを早く・広範囲を探って魚の反応を見つけることを優先します。

小型のカマス・タチウオをキャッチ

しばらく反応が無い時間が続きましたが、少し深めのレンジを引いてくると小さなもたれるようなバイトが・・・。

中々フッキングしなかったんですが、かなり合わせのタイミングを遅らせるとヒット。

引きが非常に弱いのでメッキなどではなさそう。

上がってきたのは30cm弱の小型のカマス。

小さいので触らずにノータッチでリリースしましたが、何とかボウズ逃れに成功しましたね。

どうやら常夜灯周りには若干ながら魚影があるらしく、深めのレンジをスローなただ巻きで探ってくると小さなアタリが出る。

カマスに続いてヒットしたのは指2本弱の小太刀・・・・。

これもノータッチでリリースしました。

以前は指2本以下のタチウオって逆にあまり釣れなかったんですが、平均して釣れるタチウオのサイズがどんどん小さくなってきてますよね。

掛けられないバイトが出る

その後カマスとタチウオを追加したんですが、ランガン気味に釣り歩いていくと少し違うバイトが出始める。

カマスやタチウオのようなバイトではなく、若干鋭さがある感じ・・・・・。

魚の活性が低そうなので、ワームを変えて狙ってみます。

深いレンジにアジが回遊

とりあえず2gのジグヘッドだと少し掛かりが悪い感じなので、ちょっと吸い込み重視のものにチェンジ。

タチウオとカマスの存在が厄介なので、ワームはダイワの月下美人ビームスティック極み1.5インチを。

ジグヘッドは1.5gのスナイプヘッドの組み合わせで釣っていきます。

ラインがライトゲーム五目用のPEラインのセッティングなのがちょっと釣りにくいですが、我慢するしかないですね。

風が少しあるので釣りにくいですが、カウントを20前後入れてスローに探ってみます。

するとフォールからの誘い上げ中にコツコツっとバイトがあってヒット。

合わせを入れるとクイックで元気な引きが。

バラさないように寄せてくると、20cmほどのアジ。

アジ 釣果

大きくはないですが、小さくもないのでフライや天ぷらにするならちょうどいいサイズ感。

どうやらカマスやタチウオに混じってアジが居るらしく、飽きない程度にアタリが出ますね。

アジ 釣果

途中ワームを変えたりしてみたんですが、普通のマテリアルのワームに変えるとタチウオにワームがすぐやられてしまって釣りならず・・・・・。

結局今回はビームスティックの極みで釣り続けましたが、魚の活性自体は低かったですね。

ライズは一度も起きないし、常夜灯周りもパッと全く生命感がありません。

その後も深いレンジを丁寧に探ってポツポツとアジ・カマス・タチウオを追加しました。

その後、朝マズメ日の出の時刻が近づいてきたのでジグかライトワインドでメッキを狙おうかと思ったんですが、寒すぎてギブアップ。

2020年は12月に入ってから急に寒くなり、2021年は出だしからかなり気温が低いですね。

風も強い日が多いので、こうなってしまうと夜釣りに行くテンションがなかなか保てそうもないですね(-_-;)

もう少し魚影が濃くて魚が釣れる気配があれば良いんですが、こんな状況だと修行でしかありません。

年も明けたことだし、年末封印していたサーフでヒラメでも狙った方が良いかな~。

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 月下美人AIRAGSメバリングモデル 78ML-S
  • リール:シマノ 20ヴァンフォードC2000SHG
  • ライン:バリバス ソルトウォーターフィネスPEX8 0.3号、シーガー グランドマックスFX1.75号
  • ルアー:ガルプ ベビーサーディン + ティクト メバスタ2g、月下美人 ビームスティック極み + Duo スナイプヘッド1.5g

おすすめ関連記事!

▼清水港のアジング攻略ガイド

清水港 アジング清水港のアジング攻略基礎ガイド。タックル選び~狙い方のコツまとめ【実績から解説】

▼清水港の釣り場を解説

清水港釣り場紹介、狙えるおすすめターゲットを詳しく解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です