【日中・夜?】ナマズ釣りの時間帯と攻略のコツ!

さてさて、今回はナマズ釣りの時間帯について。日中と夜間での狙い方のちょっとしたコツを紹介していくぞ。

ナマズのルアー釣りは意外と人気があるのか、思った以上に沢山の方が見に来てくれて嬉しい限りでございます。

ナマズは基本的には夜行性の魚になるけど、昼の明るい時間帯にも十分狙って釣ることはできる。

ただし時間帯によって魚の着く場所が少し変わることが多く、しっかり狙い分けをしていくのが釣果アップのポイント!

この機会に時間毎の攻略のコツを覚え、実釣に役立ててほしい。

ナマズ釣りの時間帯別攻略のキモ!

まずは釣果を上げるのに重要になる、日中と夜間の攻略に必要な要点をまとめておく。

  • ナマズのデイゲーム:日中のナマズは休憩中。基本はシェードに潜む個体を狙う
  • ナマズのナイトゲーム:夜は餌を食うために行動している。ベイトフィッシュを捕食しやすい場所を狙う

簡単に言ってしまえばデイゲームとナイトゲームの違いはこんな感じになる。

日中はストラクチャーに隠れているナマズがどこにいるのかを見極めるのが重要で、ナイトゲームは餌を効率よく捕食できる場所を見つけるのがコツになる。

ルアーの種類は日中でも夜間でも大きく変える必要は無く、デイゲームであったもトップウォータープラグで十分ナマズは狙える。低活性でボトムに張り付いているような時は、スピナーベイトなんかが効くことはあるけどね。



ナマズ釣り攻略!時間帯別の狙い方

次に、もう少し具体的に時間帯別の狙い方を紹介していくぞ。

ナマズのデイゲーム攻略のポイント

日中の光量の有る時間帯にナマズを狙うとなると、重要なのがシェード(影)!

デイゲームのナマズ釣りはシェード攻略がカギと言っても良く、どんなシェードに魚が潜みやすいのかを把握するのがまず大切。

河川などでナマズを狙うなら、代表的な狙いたいシェードはこんな感じかな。

デイゲームのナマズ釣りで狙いたいスポット
  • 岸沿い:下がえぐれた護岸や草が茂った場所は日中にナマズが潜む可能性大
  • 落ち込み:日中は泡の下のピンスポットにナマズが隠れやすい
  • 橋やトンネル状の水路:日中でも光量が少なく、ナマズが溜まりやすい
  • :流れが緩く、周囲より深くなっている場所はナマズの休憩スポット

複数の要素が重なるポイントを探せ!

ナマズ釣りに限らず、魚は自分にとって都合のいい要素が複数絡んでくる場所ほど居心地がいい住処になる。

このような下がえぐれた護岸が続くポイントであったとしても、ちょっとした流れ込みが絡んできているようなピンスポットは釣れる可能性はかなり高くなる。

釣れそうな場所が延々と続くような釣り場もあると思うが、そういう時は他の要素が絡んでくる場所に絞り込み、ランガンスタイルで狙って行くと効率の良い釣りができる。

例えば、こんな場所も超1級ポイントだよね。落ち込みと合流、トンネル状の暗がりと3拍子揃った日中の時間帯のナマズが潜みやすい好ポイント。

魚の目の前にしっかりルアーを通す

ナマズはもともと目が悪く、ミスバイトが多かったりする魚。

特に日中はボケーっとしていることも多く、本当に目の前にルアーを通さないとルアーの存在を認識しないことも多い。15cm、20cm魚の前からルアーがズレただけでも全く反応しないことも良くある位だからね。

だからデイゲームでナマズを釣る際は魚が潜んでいそうなポイントまでしっかりルアーを届ける事。そして何度か狙う場所をを微妙に変えて投げ返し、丁寧に探る事!

これがかなり重要になる。

だからストラクチャースレスレにキャストするのはもちろん、ナマズが潜んでいそうな1級スポットは少ししつこい位に探った方が良いね!

ナイトゲームのナマズ攻略のポイント

次に、ナイトゲームでナマズを釣る場合だね。

ナイトゲームのナマズ釣りは日中よりも広範囲にナマズが散りやすい。日中のナマズは活性が低いことが多いが、潜んでいる場所がある程度絞りやすい特徴がある。

ナイトゲームは活性が高くなりやすい代わりに、ナマズを効率よく見つけて行かないと釣果に繋げにくい事があるから注意しよう。

ナマズは夜間であっても、日中の寝床から大きく離れて餌を追い掛けることはあまりない。

だから狙いたいポイントはデイゲームのポイントと被ることも多い。ただし細かな狙い分けが重要になってくる場面も多いから、そのあたりを紹介していこう。

時間帯毎の狙い分け

例えば、このポイントは2本の川が合流しているポイントになる。

日中の時間帯にナマズを狙うとなると、絶対に狙っておきたいのが岸沿い。日中は岸沿いに形成されている影の部分にナマズが隠れていることが多い。

一方で夜間の場合はどうなるか?

ナイトゲームでナマズを狙うなら岸沿いも狙い目だけど、見逃したくないのが流心。

合流手前のそれぞれの川の流れの中心付近と、合流点の流れがぶつかっている部分も狙っておきたい。だから夜間の場合は日中よりもナマズが潜みやすいポイントが広くなりやすい。

先程紹介したような落ち込みのあるポイントを釣っていく時でも、日中の場合は泡の下などのピンスポットが狙いの中心。しかしナイトゲームの場合はその周辺もテンポよく探っていくように。そうすれば取りこぼしを少なくすることが出来る。

流れが早い場所にもナマズは入って来る

今紹介したことと話が被る部分もあるが、夜間の餌を食いに来ているナマズは人間が思った以上に流れの早い場所にも差して来る。

渓流のように強い流れが当たる場所でも意外とナマズは釣れるし、排水溝周辺の急流なんかにも潜む。

夜は流れの緩い場所ばかりを狙うのではなく、流れの当たっている場所もしっかり狙うようにしよう。

流れのある場所に入ってきている個体を狙うのは、ルアーが流されやすかったりして狙いにくいこともある。しかし逆を言えば活性の高い釣りやすい個体が多いので、しっかりナマズにルアーをアピールできればバイトを得るのは難しくないことが多い。

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です