焼津周辺の釣り場紹介、狙えるおすすめターゲットを詳しく解説!

今回は焼津周辺の釣り場・ポイントをまとめて紹介していきたいと思います。

個々のポイントについてはそれぞれ詳しく記入したものがありますので、合わせて紹介していきますのでそちらをご覧ください。

また、おすすめのターゲットと大まかな狙える時期についても後半部分で解説していきます。

もちろん魚は生き物ですから、狙い通りに釣れない事や年によって釣ることの出来るシーズンは前後したりすることがあるのでご了承くださいね

今回紹介するポイントですが東側から順に、

浜当目海岸、瀬戸川河口、焼津港(焼津漁港)、ふぃしゅーな(焼津新港)、小川港、石津浜。

港の中には釣り禁止となっている堤防などもありますが、そういった場所には立ち入り禁止という標識が間違いなく設置されています。

そういった場所に無理に入って釣りをしたりすると、今まで釣りができた場所も釣り禁止になってしまって釣り場がなくなってしまう・・。

今まで静岡周辺の釣り場は

安全のためのSOLAS条約によるものもありますが、実はこんなことも加わっていて釣り場の多くを失ってきています。

ですので駐車マナーやゴミなどには細心の注意を払い、ルールを守ることを前提に釣りを楽しんでくださいね。



焼津周辺の釣り場・狙える魚を詳しく解説!

浜当目海岸、瀬戸川河口周辺の釣り場

浜当目海岸は駐車場、トイレも完備されていて景色も良く初心者~ベテランまで釣りを楽しめる好ポイントになっています。

狙える魚はキス、カサゴ、メバル、クロダイ・キビレ、アオリイカ等。

水深は比較的浅く、冬場から春先にかけては海藻が茂るので釣りが難しくなります。

フグなどのエサ取りが多いので、どうやってエサ取りをかわしつつ攻略するのかがポイントになります。

瀬戸川河口周辺ですが、JRの北側にある親水公園に駐車スペースが設置されているのでその周辺で釣りを楽しむのが手ごろでおすすめです。

なお、瀬戸川河口周辺は10月11日~11月15日の間は禁漁期間となり、釣りをすることができません!

釣行される際は注意してくださいね!

狙える魚ですが、夏~晩秋にかけてのハゼ釣りなどは人気があり、誰でも手軽に釣ることができて美味しく食べることができます。

他にも汽水域ということで多くの魚が集まってくるポイント。

クロダイやキビレ、シーバス、ウナギなどは雨の後の濁りが入った時に狙いやすく、他にもメッキアジやテナガエビなども生息しています。

所々に石が沈んでいたり、流木などが沈んでいることもあるので根掛かりは多少発生します。

詳しい釣り場紹介についてはこちらに記事がありますので、よろしければ参考にしてみてください。

焼津 浜当目・瀬戸川河口周辺の釣り場・ポイントを写真で紹介!

2018.01.04

焼津港周辺の釣り場

沖合に設置されている沖堤防により、風が強かったり低気圧が接近してきていても比較的穏やかな状態であることが多いのが特徴の焼津港~小川港。

小川港の北側に位置する漁港ですが、外向きの焼津外港周辺は特に水深が深くて足元から5mを超す水深が有ります。

流入河川周辺が比較的多くの魚が集まってきやすい好ポイントとなっており、ハゼやセイゴ~スズキ、クロダイやキビレ、ウナギなどの汽水域に生息する魚が狙えるほか、キスやカマス等も回遊が見られます。

このように流入河川周辺は好ポイントであることは間違いないのですが、場所によっては海底にゴミが堆積していたり、牡蠣殻が多く存在していて根掛かりが多発するポイントもあります。

予備の仕掛けは多めに用意して釣りに臨んだ方が良いと思います。

また、港の船溜まり周辺ではアジやセイゴ、カマスなどを狙うことができます。

状況によっては魚影が薄いこともありますので、少し釣りをしてみて魚の反応が無いようであれば1か所で狙るのではなく、テンポよく移動しながら釣りをしていくと良いと思います。

焼津港周辺で特に人気なのは、漁協冷凍庫周辺のポイント。車を横付けできるのでお手軽に釣りが楽しめることもあって、土日は特に多くの釣り人の方が釣りを楽しんでいます。

この外向きの岸壁は潮通しも比較的よく、水深も深い為タチウオやカマス、アオリイカなども狙うことができます。足元付近は石が敷き詰められているので根掛かりが多発します。

キスなどの投げ釣りをする際は仕掛けが近くまで来たら早めに回収し、沖を重点的に狙った方が良いでしょう。

また、フカセ釣りや紀州釣りでクロダイやメジナなども狙えるため、昼夜問わずに人気のある釣り場になっています。

詳しい釣り場解説についてはこちら(*^^*)

焼津港(焼津漁港)周辺の釣り場・ポイントを写真で紹介!

2018.01.05

ふぃしゅーな・小川港周辺の釣り場

続きまして、焼津港の南側に位置する焼津新港に新設された海釣り施設、ふぃしゅーな周辺です。

このあたりは港内のポイントでありながら、比較的潮通しが良いので堤防の角などを中心に小型のカンパチなどの回遊も見られます。

人気なのはタチウオ、アオリイカ、メバル、アジ等ですがクロダイやメジナ、イワシ、キスなども狙うことのできる釣り場になっています。

岸壁沿いや沈められている人工漁礁などを丁寧に探るとカサゴやソイなども狙うことができます。

無料で駐車場を利用でき、トイレももちろん完備。

アクアス焼津に隣接している施設を利用すれば、ちょっとした買い物や食事も楽しめるのでファミリーフィッシングにも最適ですね(*^^*)

 

続きまして、ふぃしゅーなから続いている小川港を紹介。

こちらも木屋川をはじめとした流入河川があるので、その周辺ではハゼ釣りやセイゴ~スズキ、クロダイやキビレ、ウナギなどを狙って釣りをすることができます。

このあたりの船溜まりは晩秋になると河川からハゼが下ってくるので12月以降にちょい投げ釣りなどをやってみると良型のハゼが釣れたり。

また、ヒラメやマゴチなどもハゼ等を追いかけて集まってきます。

河口周辺と並んで人気なのが、小川港市場周辺の岸壁。

こちらは比較的水深が有って潮通しの良い釣り場となっています。

このポイントではアジ等の小型回遊魚の他、タチウオやカマス、青物、アオリイカ、コウイカなどを狙うことができます。

いくつか常夜灯があるので夜釣りに人気の釣りポイントになっています。

また、岸壁沿いを探るとカサゴやメバルなどの根魚の釣果が出ます。

ふぃしゅーな、小川港周辺の釣り場の詳しい解説はこちら

ふぃしゅーな・小川港周辺の釣り場・ポイントを写真で紹介!

2018.01.06

石津浜周辺の釣り場

青物の聖地三保と並んで回遊魚の釣りが非常に盛んにおこなわれるのが石津浜。

特にルアーマンに人気のポイントで、青物の回遊が始まると多くの釣り人で賑わう好ポイント。

狙える魚はサバ、ワカナゴ~ワラサ、カンパチなどの青物の他、タチウオやアオリイカの人気ポイントになっている。

細かな砂のサーフではなく、粒の大きい石のサーフになっているのでラインの根ズレなどには注意したい。

また、手前からどん深の地形になっているが場所によってはキツイ駆け上がりがあったり、沈み根が点在しているので油断すると根掛かりしやすい。

青物の他にも海底付近を探るとホウボウなどが狙える。

また、石津の定置網にはオオニベなども良く入ることがあるので、狙ってみると釣れるのかもしれないが未知数。

大型魚のロマンあふれるポイント。

石津浜の詳しい解説はこちら

石津浜周辺の釣り場・ポイントを写真で紹介!

2018.01.07

次のページでは焼津で狙うことのできる魚の釣り方・時期を紹介!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です