港湾でヒラメ・マゴチ釣り サーフだけじゃないフラットフィッシュゲーム!

港湾でフラットフィッシュゲームがアツい

最近、流行っている釣りといえばやはりサーフのヒラメ、マゴチゲームではないでしょうか?しかし、この釣りには最大の欠点があります。

それは、風が強かったり低気圧が接近していると釣りができない。

ということではないでしょうか?せっかくの楽しみな休日なのに釣りができないとなると非常に残念ですし、気分も良くないと思います。

地元静岡では、ヒラメなどを釣ろうと思ったら8割以上の方がサーフへ行きます。ですが、実際はサーフでなくても港の中で十分ヒラメやマゴチは狙うことができます!港の中で釣ることで、風が強くても波が高くても釣りができます。また、面倒なウェーダーを履かずに車横付けで釣りを楽しむことができます!今回は風が強かったので港湾へフラットフィッシュを狙いに行ってきました。

メタルジグを使って広範囲をテンポよく探る

私はサーフのヒラメ釣りでは40gのジグしか使いません。一方、港湾では使うロッドの長さも若干短くなり、サーフ程遠投の必要もないので30gのジグを使います。フロントはダブルの段差アシスト、リアは気分によってトリプルフックにするかダブルのショートアシストにします。

港湾部は水深が深い場所も多いのでやはりメタルジグが使いやすいです。また、外道でハタなどのほかにエソやショウサイフグが釣れることも多く、多彩なゲストが釣れるので非常に楽しめます。

今回は水深が8m程の場所を選択し、釣りを開始します。釣りを始めてすぐに反応がありますがどうやら小型のエソのようでうまく掛かりません。ヒラメやマゴチの場合はガツンと言う手ごたえとともに勝手に掛かるので区別がつきます。エソがいる場所は砂地になるのでポイントとしては間違っていません。

少しづつ投げるコースをずらしながら広範囲を探りますが本命の反応はありません。移動することも考えましたが、もう少し粘ってみることに。しばらくすると潮が動き始めたようで先程までとルアーの引き抵抗が変わりました。チャンスとばかりに集中して釣りをしているとガツンと本命の手ごたえ!

首振りが伝わってくるのでマゴチのようです。非常に元気がよくロッドが強く引き込まれて楽しめました♪最後はネットを使ってキャッチです。

60cm近い、よく肥えたマゴチでした。リアフックが口先に掛かっていただけなのでバラす寸前でした。

やはり、潮が動き始めたらすぐに食ってきたので魚はずっといたようです。しかし、条件が合わないとなかなか口を使わないんですよね。逆に、捕食モードに入ってしまえばルアーの種類などに関係なく口を使ってくるのがヒラメやマゴチだと思うので、あれこれルアーを変えるよりも自分が信じることのできるルアーを見つけてルアーの特徴や癖をしっかり見極めていく方がより多くの魚と出会うことにつながると思います。

まだチャンスタイムは続いているはずなのですぐに釣りを再開し連発を狙いましたが反応は続きませんでした。潮は動いているのに反応がないので、魚がいないと判断して移動します。

今度は先ほどよりも若干浅く、水深が5m程の場所を選択しました。手前は根があちこち点在していて気を抜くとすぐに根掛かりしてしまいます。ですので、沖にフルキャストして50m程の地点までを探り、あとはルアーを回収することにします。

沖にキャストして着底を確認し、一回目のアクションを与えたとき、何となく違和感を感じました。しかし、魚は掛かっていないようです。何事もなかったかのように動かし、誘いをかけると今度はガツンとアタリが!

アタリがあるとびっくりしてしまいがちですが、何事もなかったかのようにアクションを与え続けると、何度も追い食いしてくることがあるのでオススメです。余計な動きをルアーに与えないことで魚に違和感を与えず、次のチャンスに持ち込むことができますよ!

今度は強い首振りがなく、重たい感じの引きです。サイズはそこまで大きそうではありませんが、バラさないようにテンションをかけ続けて巻いてきます。手前あと5m程のところで最後の抵抗がありましたが無事キャッチ。

サイズは小振りでしたが本命です。アシストフックにしっかり掛かっていたので安心でした♪食べるにはかわいそうな大きさなのでリリースして釣りを再開します。

潮があまり動いていないようで、ジグの抵抗が軽くなってきました。そうなると魚の活性も下がるようで反応が全くありません。悪あがきで根掛かりの多い角度に投げ込んでみるとカサゴが1匹釣れましたが他はアタリがなく、撤収することにしました。

今回は港湾でフラットフィッシュを狙いましたがきちんと狙ってマゴチとヒラメをキャッチすることができました!人も少なくのんびりと釣りができ楽して釣れるのでサーフだけでなく、港湾も選択肢にしてみると釣りの幅が広がると思います!

特に、台風が接近していたり低気圧の通過時は魚の活性が非常に上がるのでサーフは釣りができませんが、港湾でヒラメが入れ食いになったこともありました!機会があればチャレンジしてみてくださいね。

なお、まるなか大衆鮮魚ではサーフのヒラメ釣りにおける釣り方のポイントやタックル選びなど、他では教えてくれないマニアックすぎる情報をたっぷり用意してあります。時間のある時に「サーフ ヒラメ釣り」のページをご覧いただくと、ヒラメ釣りへの理解が深まると思います(*^^*)

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です