梓川・千曲川で渓流ルアー&静岡サーフをリレー釣行!!

梓川 ブラウン

さてさて、先日は貴重な平日休み。

そこで、長野の渓流へトラウトゲームへ!

本当は梓川で良型ブラウンを狙うプランだったんですが、朝一に狙いの場所に到着するとかなり強い濁り・・・・。

仕方がないので予定を変更し、濁りが少ないであろうポイントへ移動。

移動先も多少の濁りはあるものの、何とか釣りになりそうなので支度をして釣り開始!

果たして今回の釣行はどんな結果に・・・・?



白濁りの広がる梓川

ここの所ずっとライブカメラで川の様子を見ていたんですが、かなり長い期間濁りが入っている状況で・・・・。

水量的には問題なさそうですが、白濁りだと人間のテンションが下がりますね。

せっかくの平日休みなので強行しましたが、釣り場について戦意喪失(笑)

そこでポイントを移動し、小型のブラウンでも良いのでとりあえず魚と遊びましょう。

ルアーはDコンタクトとバフェットをメインに、ボトムを転がす時はボトムトゥイッチャーを入れていく感じで。

状況的にちょっと重ためのスプーンが有れば良さそうでしたが、湖用のボックスに入れたままなので手持ちがなし。

とりあえず流心付近や、その周辺の流速に変化が出る場所などを打っていきます。

小型のブラウンは高活性

若干濁りはあるものの、魚の活性は高いらしく反応はポツポツと出る。

しかし、型は小さいらしく、掛かっても軽いしすぐにバレる。

梓川 ブラウン 釣果

何度か反応があり、釣れてきたのはこのサイズ。

20cm台の小型ですが、とりあえずボウズは逃れた。

その後も流れが当たる場所で反応は結構出て、うまくドリフトさせながらミノーを流すとガツンとバイトが出る。

ブラウントラウト

だが、やはり小さい・・・・。

25cm位までのブラウンがかなり多いらしく、このサイズはイージーモードだ。

その後、ちょっと水深が深い場所を丁寧に打ったらちょっとマシな引き。

梓川 ブラウン

イケメンなブラウンをキャッチしましたが、それでも30cmちょい位か。

ポイントを移動しようかとも考えたんですが、どうも濁った場所で釣りをする気が起きないので大きく移動!

100kmほど離れた千曲川水系へと釣り場を移すことに。

結局ブラウンは8~9本ほど釣れましたが、サイズは伸びず・・・・。

ここから弾丸ツアーが始まります(笑)

千曲川は程よい増水で高活性!

朝一のみ梓川で釣りを行い、千曲川へ一気に移動します。

モチベーション的には中型~大型の魚と遊びたかったんですが、状況的に仕方がない。

千曲川の本流が出来そうならそこで釣りをやろうと思っていたんですが、こちらも本流は酷い泥濁り・・・・。

こうなったら支流の沢などでイワナと遊ぶしかないな。

数釣りの気分ではないので、遡行するのは1か所に絞ることに。

千曲川 支流

とりあえず魚が触りやすいポイントへ入りましたが、水量はちょっと多めだけど水は澄んでいる。

予報は曇り・雨だったんですが天気も良くて釣りには最適♪

水の押しがそれなりに強いので、ここはヘビーシンキングミノーを中心に入れていきましょう。

クロスの釣りで良型も!

流れが強い為か、流れに対して真っすぐルアーを入れても反応が悪い感じ。

なので、ダウンクロスの釣りをメインに、うまくルアーを流しつつ探っていく感じで・・・・。

ルアーはDコンタクト、Dコンパクトをメインに使いましたが作戦は的中。

千曲川 ヤマメ

すぐにヤマメが反応してくれて幸先の良い出だし。

その後はチビヤマメが沸いており、10cm前後のミニマムサイスがやたらと釣れる。

ヤマメ イワナ 交雑種 ハイブリッド

そんな中釣れたのがこの1匹。

君、完全におかしいよね??

これがヤマメとイワナのハイブリッド、いわゆる雑種なのか。

体の模様はヤマメっぽいんだけど、背中とヒレがイワナである。

今まで釣りをしてきた中でこれは初めて釣ったので新鮮だな。

その後も小型のヤマメが多かったが、ちょっと上流へと足を進めていくとちびの猛攻も終わった。

そこからは良い場所にしっかりルアーを流せば良型も混じってくるように♪

千曲川 イワナ

やっぱりトラウトは神々しくて良いなぁ。

個人的にはイワナやブラウンのような個体差が大きいのが好きなんだけど、トラウトは他の魚種にはない魅力があるよね。

アベレージサイズは22cm位なんだけど、そこに25cm以上の良型も混じってくるのでかなり楽しい。

千曲川 アマゴ

尺越えは出なかったが、27~28cm位までが20本くらい釣れたかな。

本命の梓川はポイントに入れずの結果でしたが、昼前まで千曲川で釣りをして十分癒されたので早上がり。

朝から夕暮れまでがんばったら、100近くキャッチ出来るんじゃない?(笑)

シグロンPEの細番手を使ってみた

そうそう、今回は以前紹介したシグロンPEX8の細番手を使ってみました。

シグロンPEX8

1号を使った感じは非常に良く、コスパの割に十分使えるPEラインでした。

細号数も気になり、0.3号と0.5号を追加で購入していました。

渓流ルアーはラインへのダメージが非常に大きく、耐久性などを見るのに最適なんですよね!

細号数の詳しいインプレはまた行いますが、「普通に使える8本撚りのPE」という感じ。

こうなってくると、ライトゲームやトラウトも4本撚りのPEは出番が減りますね!

今までは8本撚りの極細PEラインは非常に高級だったので、4本撚りを使っていた方も多いと思う。

シグロンPEがそこに風穴をあけるのか??



まさかのサーフのヒラメ釣りにリレー!!!

千曲川は十分に釣れ、数釣りはもう満足したので一度家にに帰ってからまさかのサーフへヒラメ釣り(笑)

静岡に住んでいる方で、この弾丸ツアーを敢行したツワモノは居るのか?

若干体が重いですが、思ったよりも波が無かったのでテトラ帯をランガンしてみることに。

ワカナゴがすぐに釣れ、その後もソゲっぽいアタリが出るもののフッキングミスを2回ほど。

そして結構歩いた先でようやくヒット!

マゴチ

大きくはないマゴチですが、とりあえずフラットフィッシュが釣れたので良かった♪

まだチャンスはありそうでしたが、流石に疲れたので本日の釣行はここまで。

久しぶりに釣りを満喫した休日でしたが、翌日は体が痛いし重いしでちょっと辛かったな(笑)

まだまだ、若いもんには負けません!!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です