静岡ライトショアジギング釣行 濁りの中で良型がヒット!

静岡 ライトショアジギング

さてさて、今回はサーフへ釣行です。

波が無かったらヒラメやマゴチを狙い、状況が悪そうならメタルジグで底物や青物を狙ってみるプランで。

とりあえず海の状況を見てみると、思ったよりも濁りが出ていてフラット狙いにはちょっと厳しいかな?

何とか釣れそうな感じはするが、毎回ヒラメやマゴチを釣り続けても飽きてくるので、今回はちょっとポイントを移動。

狙いはボトムを叩いてハタが釣れたらいいなぁという感じですが、果たしてどんな結果になったのか?

底潮の通り良好。狙い通り良型のバイト!

今回はちょっと水深が深いポイントをチョイスです。

運が良ければ、いいサイズのハタなどが釣れるんじゃないかと思っている場所。

まずは以前購入したものの、全く使用していなかったドラッグメタルキャストを使ってみる。

重さは30gですね。

ジグパラと同じく、ドラッグメタルシリーズも結構評判が良いらしいので使用感が気になるところ。

まずは足元でジグを操作したり、フォールさせたりしながら使い方をイメージしてから釣りを始める。

フルキャストするとこのジグもかなりぶっ飛び、30gでも100mラインを越えていきますな( ̄ー ̄)

フォールの感触などを見ていきますが、潮はいい具合に流れていて釣れそうな気配。

ボトム周辺を叩きつつ、青物等がいるかもしれないので時々長めにスイミングさせてみたり・・・・・。

潮の流れを計算しつつ、潮にうまくジグを乗せてテンションフォール。

そしてボトムからワンピッチジャークを3~5回ほど・・・・・。

そしてジグを滑走させ、スライドさせつつフォール。

すると、ボトム着底寸前でゴツッと良いバイト!!

ヒラメやマゴチの可能性もありましたが、合わせを入れるといきなりドラグがギュンギュン出る( ̄ー ̄)

ハタか何かかと思ったが、元気よく下に突っ込みつつ横方向にも走っていく感触。

マダイのような感じもしましたが、マダイよりも引きがクイックでスピード感がある感じだ。

ブレイクで根ズレしないように注意しつつ、何度か強めに引き込まれつつ寄せてくる。

波打ち際まで寄せてくると、銀色に光る魚体。

ヒットしたのは良型カンパチ、サイズは2kg位ありそうだ♪

久しぶりに良いサイズのカンパチが釣れたのでこれはちょっと嬉しい。

波打ち際で結構引き込まれましたが、タイミングを見て浜にズリ上げる。

しかし、寄せてくる波の力を使おうと思った矢先、ジグが自分目がけて飛んできた・・・・・。

バラしましたね、これは(-_-;)

幸先のいいヒットだったし、結構良いサイズだったのに。

人生そううまくはいかないってことですな。

とりあえず魚が居ることは分かったので、気を取り直して釣りを再開する。



定番のワカナゴが大量発生

しばらくアタリが無い時間が続いたので、テトラ帯に移動する。

すると、釣りを開始し10分くらいすると表層がザワザワ・・・・。

かなりスピードが速く「ザワザワ」が移動していくが、どうやら青物がいるっぽいな。

見た感じソウダガツオっぽい群れだが、ジグを通しても無反応。

どうやら表層のシラスか何かを食っているらしく、こうなるとカゴ釣りや投げサビキとかじゃないと分が悪い。

ソウダガツオは別に狙っていないし、下の方に何かいるかもしれないのでボトムを丁寧に探ってみる。

しばらくアタリが無かったが、忘れた頃にコツコツッという微妙なバイト有り。

合わせを入れると微妙に引くが、ヒラメやマゴチ、ハタなどのような重さはない。

すぐに想像はついたが、上がってきたのは案の定・・・・

ワカナゴ 釣果

今年は一体何匹いるのかわからない小型のワカナゴ。

ここ10年くらいでは一番数が多いと思われるが、サイズの小ささも今年が一番である。

せめて35cm位あったら良いんだけどなぁ。

どうやら今回もワカナゴの群れに当たってしまったらしく、しばらくはボトム周辺を狙っても・表層を探ってもワカナゴばっかり釣れる。

前後のフックにダブルヒットすることも数回あり、これはこれで癒しにはなるもののちょっと物足りない。

30分くらいワカナゴがずっと釣れ続いたんだけど、その後はぱったりと群れが居なくなった。

夕マズメにガツンと良いアタリ!

ちょうど夕マズメにボチボチ入るかというところで、ワカナゴの群れは居なくなった。

沖の方にソウダガツオの群れはまだいるが、ジグに反応して来ないので問題ない。

濁りは結構広がっているものの、まだ潮の通り方も良さげなので夕マズメに何かいいやつが1本くらい釣れる可能性はある。

ここでジグをドラッグメタルキャストスリム30gにチェンジ。

これも以前買ったまま家に眠っていたものだが、ここにきて投入してみる。

動かした感じは滑走距離が長くなっており、ゆったり系のジャークに良さそうだね♪

コイツも潮に乗せてフォールさせ、沖の駆け上がり周辺のボトム付近を丁寧に探る。

基本のワンピッチジャークでジグを滑走させ、ボトムまで微妙にテンションを掛けてフォール・・・・。

ちょうど駆け上がり付近にジグが入ったかなぁと思ったら速攻でガツンとバイト!!

バシッとアワセを入れると結構強めの引き。

しかし、青物にしては横に引かないしヒラメにしてはちょっと動きが違うような・・・・。

途中でおとなしくなったの一気に距離を詰めるが、手前まで来たらまた強く暴れる。

とりあえずサイズはそこそこありそうなのでテトラから降り、浜にズリ上げる体勢を取る。

何だろうと思いつつ寄せてくると、銀色に輝く魚体。

最初のカンパチよりは引きが弱いし、何かちょっと違う。

丁寧に波打ち際まで寄せてくると、正体は濁った時によく釣れるアイツだった。

ニベ 釣果

オオニベとは言えないサイズだが、まずまずな中ニベ。1キロ後半くらいか。

掛かった直後は結構引いたので、何が掛かったのかと思いましたね。

 

以前の静岡の浜はニベではなく、ホウボウが結構釣れたんだけど。

ここ数年でホウボウは殆ど釣れなくなり、代わりにニベがかなり増えましたなぁ。

やっぱり海水温などの環境の変化が影響しているのかな?

魚の引きは十分味わえたし、満足したので早めに撤収!

使用タックル

ロッド:ダイコー アルテサーノエヴォルティア107/09TZ

リール:シマノ18ステラ4000XG+ゴメクサス パワーハンドル

ライン:サンライン PEジガーULT8本組 1号 + シマノ オシアジガーリーダー マスターフロロ6号

ルアー:デュオ ドラッグメタルキャスト 30g、ドラッグメタルキャストスリム 30g

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です