奥浜名湖・松見ヶ浦チニング釣行 反応多数あるも、低活性に苦戦

奥浜名湖 チニング

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回も浜名湖地形調査にやってきました。

日中は地形探索作業をやるので、朝の短時間釣行で奥浜名湖・松見ヶ浦方面へ行ってみました。
既にチニングで釣果が出せている場所はあるんですが、今回はちょっと気になっていた場所で竿を出してみることに。

果たしてどんな釣行になったのか?

▼奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖エリアの釣り場のどこよりも詳しい解説は【奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖釣り場解説まとめ】を参考にどうぞ。

奥浜名湖 釣り 【徹底解説】奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖の釣り場まとめ

キビレの群れ接岸するも、食いが浅い

まずはちょっと水深が深めと思われる奥浜名湖のポイントから様子を見てみることにしました。
風は弱くて釣りやすい雰囲気ですが、湖流は殆どない感じかなぁ。

浜名湖は湖流の有無でチヌの活性がかなり大きく変わるんで、風も無いとなるとちょっと嫌な予感が・・・・。

2投目にショートバイトあるも・・・

とりあえず初場所なので、一投目は沖に投げて地形を見てみます。
比較的泥底の割合が多いですが、多少石が入っていて底質は悪くない。

先発はクレイジーフラッパー2.8にフリリグシンカー7gの定番の組み合わせ。

慣れてくると数投すればチヌが釣れる場所かどうかはだいたいわかるんですが、この感じは釣れる気配が濃厚ですね★

1投目で何となく頭の中で地形がイメージ出来たので、ちょっとコースを変えて2投目・・・・。

すると、沖合のちょっとした変化でコツンとバイト。
今回も狙い通り、すぐにアタリが出ましたね。

穂先に軽く重さが乗ったので、バシッと合わせを入れたものの掛からず・・・・。
噛み後も付いていないので、軽く口先でついばんでいるだけの厄介なパターンですな。

ちょっと散らしてあちこちワームをキャストし、全体的な地形をインプットします。
慣れてくると、そのポイントの中でもチヌが寄る可能性が高いピンスポット、スルーしても良いスポットの区別が出来るようになります。

そんな感じで有望なピンスポットを絞り込み、その周辺を丁寧に探るとめっちゃアタる。
しかしどれも掛けられないようなバイトばかりで、チヌのご機嫌は良くない感じ。

何回もスカを食らいつつ、かなり長いこと駆け引きをしてから合わせを入れてファーストヒット。

奥浜名湖 チニング

居着きっぽいキビレでした。
結構スレてるのかな?


何度もワームにバイトしてくるんですが、少しガツガツやって離すことを繰り返してきました。
少し風が吹いていたり、もう少し流れが効いていればイージーモードになる予感がしますが。

その後もアタリはずっと続くが、食いが浅く苦戦

その後もずっとチヌのアタリは出続け、完全にチヌが差してくるピンスポットも把握できているんですが、フッキングに持ち込めない厄介なパターンが続きました(-_-;)

それでも何とかフッキングに持ち込み、釣果を伸ばします。

松見ヶ浦 チニング 釣果

チニングの面白さの1つとして、食いが良くない時のパターンもいくつかあるんですよね。

例えば、アタリ自体がなかなか出ないものの、アタリさえ出せれば割と簡単にフッキングできることもあれば、今回のようにアタリを出すのはさほど難しくないものの、フッキングに持ち込むのが超困難なパターンもあったり・・・・。
掛かる時は簡単に掛けられるのに、全く掛からない時はどうやって食っているのか不思議に思います。

奥浜名湖 チニング 釣果

とりあえずこのポイントでは1時間弱くらい釣りをしましたが、最終的にキビレを4枚キャッチ。
アタリ自体は15回くらいはあったと思うので、ちょっと不完全燃焼でした(-_-;)

途中でワームをウェーバーシュリンプに変えて少しボリュームを落としてみましたが、やはりバイトの数自体はハイアピールなクレイジーフラッパーの方がやや多いです。

松見ヶ浦方面へ移動

まだ少し時間があったので、奥浜名湖から松見ヶ浦方面へ少し移動してみました。
次のポイントもあえて初場所を選びました。

シャローでキビレをキャッチ!

松見ヶ浦のポイントも水の動きはあまりない感じで、どんよりした雰囲気。
水は濁っていますが、ちょっとフレッシュさが無いような濁りですね。

とりあえずワームを扇状に投げて地形をチェックしましたが、そこまで有望そうな感じはしませんが、そこそこ釣れそうな気配はありますね。
チヌが集まる要素はある程度あるものの、「非常に良い感じ」とまでは言えないレベル。

湖底の変化に対してワームをぶつける感じで、丁寧に探りを入れると釣り開始10分ほどでアタリ。
このアタリは穂先がグイッ~と入り込む合わせやすいバイトだったので、1発でフッキングできました。

松見ヶ浦 チニング

サクッとキビレをキャッチできました。
結構良い引きを見せてくれましたね★

その後20分ほど釣りを続けたんですが、ショートバイトが1回あったもののフッキングまで持ち込めず、時間が来たので釣りは終了。

今回は奥浜名湖と松見ヶ浦方面へチニングへ行ってみましたが、なかなか合わせが入れられないようなバイトばかりでテクニカルでした。
とりあえず初場所の短時間釣行で5枚取れたので、まずまずと言った所でしょうかね。

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 月下美人AIRAGSメバリングモデル 78ML-S
  • リール:ダイワ 19バリスティック LT2500SS-CXH
  • ライン:ダイワ 月下美人デュラセンサー 0.5号、サンライン ブラックストリームプラズマ2.5号
  • ルアー:ケイテック クレイジーフラッパー2.8インチ、ジャッカル ウェーバーシュリンプ+フリーリグシンカー7g

おすすめ関連記事

▼松見ヶ浦エリアの釣り場解説は【松見ヶ浦の釣り場・ポイント徹底解説】を参考にどうぞ。

松見ヶ浦 釣り場 【徹底解説】浜名湖 松見ヶ浦の釣り場・ポイントまとめ

▼奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖エリアの釣り場解説は【奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖釣り場解説まとめ】を参考にどうぞ。

奥浜名湖 釣り 【徹底解説】奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖の釣り場まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です