5月の静岡チニング釣行 深場狙いで良型キャッチ

キビレ 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
5月に入って水温も上がってきていますが、雨が降ったりするとちょっと水が冷たくなったりしてチヌの居場所・パターンが少し変わったり。

今回は真昼間の釣行です。

時期的に昼はフグやら小さいチヌの反応が増えやすく、場合によってはワームがいくらあっても厄介なパターンがに当たってしまったり・・・・。
そういいつつも最近は朝早起きして釣りに行く習慣が完全に無くなっていて、だらけてますね(笑)

果たして今回のデイゲームチニングはどんな釣行になったのか?

シャローエリアは小チヌのバイト活発

とりあえず今回は港の中のポイントをランガンするプランです。
濁りも全然なくて風もほとんどないというチニングにはあまり適さないコンディション(-_-;)

先発はナチュラルなハリーシュリンプ3インチをチョイスしました。

シンカーはフリリグシンカーの7g。

若干難しくなりそうな時は、あえてワームのアピール力を抑えたものを使うことが多いですね。

とりあえずランガンして魚が居る場所を探して効率よく釣っていきます。

浅い場所は軽いバイトが頻発

とりあえず釣り場の水深や底質などをチェックしつつ、どんなスポットでアタリが出るかを探すのが基本の流れです。
今日のポイントでは底質にあまり変化が無いので、メインに狙うのは少し沖にある駆け上がりの周辺ですが、その時によって釣れるポジションはかなり変わります。

まずは沖目にワームをキャストし、あまり状況が良くないのでスローなズル引きメインでサーチ。

1キャストずつ歩いて移動し、どんどんランガンしていくと30分くらい経過したところでバイトあり。
フグの感触ではないんですが、ガツガツというストロークが短くてアタリの出方も軽い。

ちょっと食い込ませて合わせても掛からず、ワームはちぎられていません。
おそらく20cm前後くらいまでの小さいチヌがちょっかいを出している感じですね。

一応アタリが出た場所は有望なスポットの可能性もあるので丁寧に探りますが、何度当ってきても小さいチヌ・・・。

ワームを回収する時に後ろからチヌがついてきたんですが、見た感じ20cm台前半~中盤くらいでしたね。
このサイズだと、3インチクラスのワームに食わせるのはちょっと難しい。

ワームを小さくして対応するのも手ですが、小型のチヌは無視します。
しばらく周辺のポイントを探っても小チヌのアタリが頻発したので、見切りをつけて移動します。

少し深い駆け上がりの斜面狙いに変更

さっきの場所が小チヌのアタリばかりだったので、ちょっと水深を変えて様子を見てみることに。

今日のコンディション的にチヌの活性はあまり高くなさそうなので、水深が先ほどよりも深い場所へ移動します。
そうはいっても、水深が深くて変化のない場所にいるチヌはルアーで狙いにくいので、あくまでも浅い場所が隣接している場所を選びます。

狙いの場所も水はかなり澄んでいますね(-_-;)

ワームはそのままハリーシュリンプを、超スローなただ巻きとステイを多めに入れて探ります。

潮は若干動いている感じで、釣れそうな気配を感じつつ移動しながら打って行きます。
このポイントはクロダイの割合が比較的多い場所なので、運が良ければ大きいクロダイが釣れるはず・・・・。

ワームのアクションはほとんど与えず、丁寧なズル引きでリールを巻いていると、コツンというバイト。

そのまま一瞬ラインが緩むようなアタリで、リールを巻いてラインを張るとゆっくりラインが動きます。
巻き合わせ気味にフッキングを入れると無事ヒットし、良い重量感★

重たい感じの引きですが時々突込みがあり、これは良型クロダイの気配。

ゆっくりやり取りして引きを味わいつつ寄せてくると、50くらいのクロダイでした。
カンヌキの場所にフックが掛かっているものの、ちょっと掛かり方が浅くて嫌な感じ・・・・。

何度かドラグを出しつつタイミングを見てタモを伸ばそうとしたら、ジョイントの部分が固着していてタモが伸ばせん。
金属のジョイントパーツが固まってしまい、ちょっとモタモタしたんですが、その時に少し強く引き込まれてバラしました。

最近キビレが多かったのでちょっと嬉しかったんですが、まぁ仕方ないか。
タモを使い続けていると、ジョイントパーツが負荷で変形したりしてスムーズに動かなくなるんですよね。

小移動してキビレ連発

その後付近のポイントを打ってもアタリが続かなかったので、ちょっと移動しました。
ここも水深は少し深めで、沖に駆け上がりが入っているスポットです。

駆け上がりの斜面にワームを絡めつつ、ズル引きで誘うと数投目にバイトあり。

感触的にそこまで小さなチヌっぽくはなかったですが、活性が低いのか追い食いせず。

合わせを入れてなかったので、付近を重点的に探ると再びバイトが出ました。
今度は穂先に重さが乗ったので、合わせを入れると無事ヒット。

キビレ 釣果

今度はしっかりタモで掬ってキャッチ成功です。
狙い通りの位置で食ってきたので、良い釣れ方でした。

どうやらここの斜面にキビレが溜まっているようで、ランガンするのをやめて重点的に狙うとまたすぐにバイト。
さっきよりも重量感があり、強い突込みでドラグも出て良い引き。

キビレ 釣果

サイズアップ成功です★
良型クロダイはバラしてしまいましたが、キビレを2枚釣って満足したのでこれにて撤収することに。

小さいチヌが増えてきているのが非常に厄介で、あの子達をどうやって避けて釣っていくかがこれからのシーズンのキーになりそうですね。

ハリーシュリンプ、相変わらずいい仕事してくれますね。

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 月下美人AIRAGSメバリングモデル 78ML-S
  • リール:ダイワ 19バリスティック LT2500SS-CXH
  • ライン:ゴーセン ROOTS PE X8 0.6号、サンライン ブラックストリームプラズマ2.5号
  • ルアー:ボトムアップ ハリーシュリンプ3インチ+フリーリグシンカー7g

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です