静岡ライトショアジギング釣行 フラット・カンパチ好調継続!

カンパチ ライトショアジギング

さてさて、先日はサーフへライトショアジギングへ。

若干風も弱めで波も穏やかなので、カンパチをメインに狙いつつフラットも視野に入れて狙ってきました。

ここの所好調の良型カンパチですが、果たして今回の釣果やいかに??



底潮チョロチョロ、早速バイトが出る

今回は釣り人が少ない水深が浅いエリアをチョイスです。

フルキャストして大体5~7m位の深さの場所ですが、手前の駆け上がりにカンパチが付きやすいポイント。

なので沖合いはカンパチも狙いますがヒラメやマゴチも視野に入れてスロー気味に誘ってくる。

そして手前の駆け上がり周辺は根掛かりを防ぐ為にもちょっとジグ操作をスピードアップし、追尾してきたカンパチを食わせていくイメージですね!

先発のジグは、カンパチ狙いで非常に使い勝手が良いDUOのドラッグメタルキャスト30gで。

切れのいいスライドフォールとレスポンスの良さで、カンパチ狙い時の変速アクションに対して使い勝手が良いんですよ、コレが。

もちろん好みのジグがあるならそれを使えば全然OKなので、この辺りは自分好みの使い勝手を優先して選びます。

まずは沖合いにフルキャストし、底潮の通り具合やボトムの質などをチェックです。

風向きとは反対側に潮が微妙に流れてはいるものの、良い時よりも若干潮がトロいか??

手前の駆け上がりでバイト!

若干潮の流れは遅めですが、潮が止まっているよりは断然マシなので釣果の期待はできそうだ。

沖合をスローで探ってくると、ボトム周辺でブルブルっというアタリが出たが掛からない。

おそらく小型のハタかエソだろうな。

後はカンパチが駆け上がりに沿って回遊してきてくれれば良いんだけどなぁ~。

なんて思いつつ、手前の駆け上がりの斜面に沿ってジグを巻き上げてくると強烈バイト!!

しかしフックアップせず、すぐにテンションフォールでレンジを取り直し、また巻き上げると追い食い♪

バシッとアワセを入れると良い重量感!ガツガツと突っ込む引きなのでカンパチ確定だろう。

ドラグをチリチリ出しつつ、結構良い引きなのでリーダーがボトムに擦れないように注意しつつやり取り。何度か突っ込みを躱し、そろそろキャッチしようか。

タイミングを計って浜にズリ上げようとしたら、まさかのポロッとフックアウト・・・・・。

せっかく完璧な形で食ってきたのになぁ。

釣り開始早々の反応だったので幸先は良かったんだけど、やらかしましたね。

悪夢再び

その後、30分くらい全く反応が無い時間が続いたが徐々に潮が速くなってきた( ̄ー ̄)

特に波打ち際の潮の通りがよく、駆け上がり周辺で早い潮と遅い潮がぶつかっているので条件は完全に揃っている。

こういう時は沖のフラットな場所狙いは時間の無駄なので、ショートキャストで駆け上がりの周辺を重点的に攻めていく。

すると、予想は的中して駆け上がりの向こうで引っ手繰るバイト!!

合わせを入れるとこれも良い引きで、ロッドがお辞儀したままドラグが出る。

1kg以上はありそうな引きを楽しみつつ、ファーストランを耐えていたら・・・

プンッ

再びバラシという展開。ここまで2回のバイトを両方バラすとは、良くない流れだなぁ。

潮抜けが良いジグにチェンジして探る

その後も潮の流れは加速していき、ジグの流され方がちょっと気になるレベルになってきた。

こういう時はジグの重さをかえるのも手なんだけど、私の場合はジグの重さを変えることで釣りの感覚が変わるのが嫌なんですね。

なのでタングステン製で潮抜けが良い、ドラッグメタルキャストTGスリムにチェンジします。

タングステンボディ+スリム形状によって引き抵抗が軽く、潮が速い時でも使い易いんですよね。

しばらく手前の地形変化を狙ったんだけど反応が全くないので、ちょっと沖合いのボトムも再び狙っていく。

すると、テンションフォールさせたジグにカツンとバイト!

合わせを入れると引きが弱いが、時々鋭い突っ込みがある。

ハタにしては突っ込みが鋭いけど軽い。

何かなぁと思いつつ寄せてくると、小型のマゴチ。

ずり上げた所で自然にフックアウトしたので、そのままリリースしました。

 

サイズは小さいが、とりあえずボウズ逃れに成功したので良しとしよう。なんでも魚が釣れれば精神的に楽になるので、釣りにも余裕が出ますね。



夕マズメのラストチャンス狙い

その後、徐々に日が暮れてきて段々暗くなってきた。混雑するような場所ではないので釣り人は全くいないサーフ、夕暮れはどこか寂しいものがある。

相変わらず潮は速く流れており、予想が有っていれば最後にチャンスが絶対に来るはず。

そろそろ帰りたくなってきたが、ラストのワンチャンスに掛けたいので丁寧に釣りを続ける。

狙うのは手前の変化だけで十分なので、ジグを50m位軽く投げてボトムまで沈める。そこから何度かボトムを叩き、駆け上がりの向こう側に入ったらハイピッチの巻き上げ。

やばい、カンパチが今日は釣れないのか?

そんな不安もよぎったが、回収寸前の近距離でガツンとバイト。

しっかり合わせを入れ、やり取りを始めると例の鋭い突っ込み。間違いなくカンパチのはずなので、何度か追いアワセを入れてからバラさないようにやり取り。

潮が速くてやり取りがしにくいが、最後は流れにうまく乗せてキャッチ。

カンパチ 釣果

個人的に青物の中で一番好きなのがカンパチなんですが、シイラやサバなどと比べるとピンスポットから魚を引っ張り出せるのがやはり楽しい。

引きの強さもヒラマサと並んで非常に強く、サイズの割にガンガン突っ込むのが良いですね~。

狙いのスポット、流れ、時間・・・・。

最初の2回のバラシが痛かったですが、ラストは完全に狙いすましてキャッチ出来たので楽しさも倍増でしたね!!

カンパチ ライトショアジギング

今回もまずまずなサイズのカンパチが釣れたので、気分良く撤収です。

使用タックル

  • ロッド:ジークラフト セブンセンスTR モンスターサーフ MSS-1052-TR
  • リール:シマノ 19ストラディック 4000XG
  • ライン:DUEL ハードコアX8プロ 1号+シーガー グランドマックス6号
  • ルアー:DUO ドラッグメタルキャスト 30g、ドラッグメタルキャストTGスリム30g

▼静岡周辺の青物狙いの釣り場

【人気釣りポイント】青物の聖地、三保の釣り場を詳細解説!

2017年10月11日
安倍川 河口 釣り

安倍川河口・大浜海岸周辺の釣り場を紹介!【静岡の釣りポイント】

2019年7月30日

ヒラメ、青物、シーバスなどの好ポイント 静岡サーフを紹介!

2017年7月8日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です